西谷浩一

西谷 浩一(にしたに こういち、1969年9月12日[1] - )は大阪桐蔭高等学校社会科教諭、同校野球部監督。

西谷 浩一
大阪桐蔭高等学校 硬式野球部 監督
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県宝塚市
生年月日 (1969-09-12) 1969年9月12日(48歳)
選手情報
ポジション 捕手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴

目次

経歴編集

小学2年から少年野球をはじめ、小学4年の頃よりポジションは捕手

報徳学園(兵庫県)野球部OB[1]。高校3年夏、下級生の不祥事により野球部は県大会出場を辞退。1年浪人し一般入試で関西大学経済学部に入学[1]硬式野球部では2年秋から控え捕手としてベンチ入り。チームを側面から支え、3年春のリーグ優勝と全日本大学野球選手権大会準優勝に貢献[1]。4年時は主にブルペン捕手ながらも主将を任され、100人以上の部員をまとめあげた[1]

大学卒業後、母校・報徳学園で臨時コーチを一時務め、後に大阪桐蔭高等学校に移り、コーチを経て、1998年秋に監督就任[2]。一度コーチに退いた後、2004年から再び監督として指揮をとる。

2008年夏の選手権では浅村栄斗を中心とした強力打線で自身初、同校としては2度目の全国制覇を成し遂げる。

2012年春のセンバツでは例年通りの強力打線に、藤浪晋太郎森友哉のバッテリーを擁して同校、自身としても初のセンバツ制覇を果たす。同年夏の選手権は対戦相手に一度もリードを許さない圧倒的な野球を展開し史上7校目の春夏連覇を達成[3]。自身としては春夏合わせて3度目の全国制覇を成し遂げた[4]。さらに秋に行われた岐阜国体でも優勝し[5]松坂大輔を擁した横浜高校以来となる史上3校目の「三冠」を達成した[6]

選抜大会連覇と甲子園3大会連覇を狙った2013年春のセンバツでは、大会中に主将でチームの柱である森友哉の故障など主力が万全でない状態の中での戦いを強いられ 、3回戦の県立岐阜商業戦に4-5で敗れ、大会連覇と3大会連覇を逃す[7]。甲子園4季連続出場となった夏の選手権では、3回戦の明徳義塾戦に1-5で敗れ大会連覇はならなかった。

選手権後、日本代表監督として第26回18U野球ワールドカップに出場[8]。1次ラウンドを5戦全勝で突破し、2次ラウンドは4勝1敗で決勝戦進出。決勝ではアメリカに2-3で惜敗したものの日本勢としては2004年大会以来となる準優勝を果たした。

2014年夏の大阪大会では、桑田真澄清原和博KKコンビを擁したPL学園以来となる大阪大会3連覇を達成[9]。同年夏の選手権でも投打にまとまりのある総合力で、春夏通算4度目の全国制覇を成し遂げた[10]

2017年春のセンバツで春夏通算5度目の全国制覇を達成[11]。なお、決勝は同じ大阪の履正社高校との対戦で同一都道府県同士の決勝は第44回大会での日大桜丘対日大三以来で、大阪勢同士は初であった。

監督として編集

西岡剛(高校通算42本塁打)、中村剛也(同83本塁打)、中田翔(同87本塁打)、平田良介(同70本塁打)、浅村栄斗(同22本塁打)など、多くの超高校級スラッガーをプロへ輩出している[12]。打者を見出す際は「1球目から振っていける選手かどうか」に最も重点を置いている[13]。また、投手も岩田稔、150キロ左腕の辻内崇伸、春夏連覇を成し遂げた藤浪晋太郎らがプロ入りした。

夏の選手権大会3度の優勝はPL学園の中村順司元監督と並び歴代最多。春夏通算5度の優勝は横浜高校の渡辺元智元監督に並ぶ歴代2位である。

甲子園での成績編集

  • 春:出場7回・18勝5敗・優勝2回(2012年、2017年)
  • 夏:出場6回・24勝3敗・優勝3回(2008年、2012年、2014年)
  • 通算:出場13回・42勝8敗・優勝5回

主な教え子編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e 大阪桐蔭・西谷浩一監督(42)、主砲の骨折乗り越え「一体感」で初制覇”. MSN産経ニュース. 2012年4月4日閲覧。
  2. ^ “ひと:西谷浩一さん センバツで初優勝した大阪桐蔭監督”. 毎日新聞社. (2012年4月5日). http://mainichi.jp/opinion/news/20120405k0000m070130000c.html 
  3. ^ “大阪桐蔭が春夏連覇/甲子園決勝戦詳細”. 日刊スポーツ新聞社. (2012年8月23日). http://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/f-bb-tp3-20120823-1004869.html 
  4. ^ “春夏連覇 大阪桐蔭・西谷監督 慣習打破し続け「目指す野球の形が完成」”. スポーツニッポン新聞社. (2012年8月30日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/08/30/kiji/K20120830003993580.html 
  5. ^ 日程順延のため仙台育英高校と同時優勝となった
  6. ^ “大阪桐蔭3冠「史上3校目」/高校野球”. 日刊スポーツ新聞社. (2012年10月3日). http://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/f-bb-tp3-20121003-1027131.html 
  7. ^ “「夏にリベンジ」 大阪桐蔭の森友哉主将、プレーできずに甲子園を後に”. MSN産経ニュース. (2013年3月30日). http://sankei.jp.msn.com/west/west_sports/news/130330/wsp13033023280028-n1.htm 
  8. ^ “野球:18U世界選手権 日本代表監督に西谷監督”. 毎日新聞社. (2013年3月21日). http://mainichi.jp/sports/news/20130322k0000m050066000c.html 
  9. ^ 大阪桐蔭 猛打でPL撃破!29年ぶりの大阪大会3連覇達成 スポーツニッポン新聞社 2014年7月30日
  10. ^ 大阪桐蔭・優勝までの足跡 日刊スポーツ新聞社 2014年8月25日
  11. ^ “大阪桐蔭5年ぶり2度目V 4本塁打で大阪対決制す”. 日刊スポーツ新聞社. (2017年4月1日). http://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/1800917.html 
  12. ^ 夏V大阪桐蔭OBに目立つ、長距離打者としての飛躍 Baseball King 2014年8月26日
  13. ^ <中田翔、中村剛也らの原点> 大阪桐蔭 「スラッガー養成校の謎を追え」(2/2) Number 2013年7月17日

関連項目編集