メインメニューを開く

西部 忠(にしべ まこと、1962年2月20日[1] - )は、日本の経済学者、北海道大学大学院経済学研究科教授。専門はマルクスハイエクケインズを含む進化経済学。

来歴編集

愛知県出身。愛知県立千種高等学校卒、1986年東京大学経済学部卒、同年、大内兵衛賞受賞(テーマは「労働生産性と技術革新:流通機構との関連」)。1989年カナダ・ヨーク大学大学院経済学研究科修士課程修了、1993年、「社会主義経済計算論争の市場像-経済の調整と組織化」により、東京大学から博士(経済学)を授与される(主査は伊藤誠東京大学教授:現在は同大学名誉教授)。

1996年『批評空間』に寄稿してより、地域通貨LETSの研究が柄谷行人の注目を浴び、NAMの運動に関わる。

著書編集

  • 『市場像の系譜学 「経済計算論争」をめぐるヴィジョン』東洋経済新報社 1996
  • 『地域通貨を知ろう』岩波ブックレット 2002
  • 『地域通貨と地域自治』公人の友社 2003
  • 『資本主義はどこへ向かうのか 内部化する市場と自由投資主義』NHK出版・NHKブックス 2011
  • 『地域通貨を活用したコミュニティ・ドックによる地域社会の活性化』全国勤労者福祉・共済振興協会 2012 公募研究シリーズ

編著編集

  • 『進化経済学のフロンティア』 日本評論社 2004
  • 『進化経済学 基礎』吉田雅明と編集代表 日本経済評論社 2010
  • 『地域通貨 = COMMUNITY CURRENCY』編著 ミネルヴァ書房 2013

翻訳編集

  • ジェフリー・M.ホジソン『進化と経済学 経済学に生命を取り戻す』監訳 森岡真史 ほか訳 東洋経済新報社 2003
  • スティーヴ・フリートウッド『ハイエクのポリティカル・エコノミー 秩序の社会経済学』佐々木憲介、原伸子共訳 法政大学出版局 2006
  • 『ハイエク全集 2-2 貨幣論集』西山千明監修 池田幸弘共訳 春秋社 2012

脚注編集

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.334

外部リンク編集