西郷 延員(さいごう のぶかず)は、江戸時代前期の大名安房国東条藩2代藩主。

 
西郷延員
時代 江戸時代前期
生誕 慶長19年(1614年
死没 元禄10年4月25日1697年6月13日
幕府 江戸幕府
主君 徳川家光家綱綱吉
安房東条藩
氏族 西郷氏
父母 父:西郷正員
兄弟 延員末員用員
正室:松平重則
継室:神尾元勝
重員行員氏員北条氏平正室、
高力通長正室、西郷寿員正室、
土岐頼殷正室
養子:茂員寿員
テンプレートを表示

略歴編集

慶長19年(1614年)、初代藩主・西郷正員の長男として下総国生実にて誕生。

寛永15年(1638年11月14日、父の死去により家督を相続する。大坂加番を務めた[1]

長男・重員延宝6年(1678年7月24日に、次男・行員寛文9年(1669年6月20日に、三男・氏員天和元年(1681年4月2日にそれぞれ死去したため、同母弟の西郷用員の三男万吉(西郷茂員)を養嗣子とするが、元禄元年(1688年2月11日には茂員を廃嫡とし、代わって大村純長の五男万之丞(西郷寿員)を養嗣子とした。

延員は元禄3年(1690年)に隠居。元禄10年(1697年)、死去。享年84。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 西郷延員”. デジタル版 日本人名大辞典+Plus(コトバンク所収). 講談社. 2016年2月26日閲覧。