メインメニューを開く
西郷従徳

西郷 従徳(さいごう じゅうとく、1878年明治11年)10月21日 - 1946年昭和21年)2月6日)は、日本の陸軍軍人政治家華族貴族院議員 陸軍大佐 正二位 勲二等 功四級 侯爵[1]

人物編集

西郷従道の次男として生まれる。西郷隆盛にあたる。1899年11月、陸軍士官学校(11期)を卒業し、翌年6月、陸軍少尉任官。最終階級は陸軍大佐。父の薨去により、1902年8月9日、西郷家を継ぎ侯爵を襲爵[2]

官歴等編集

栄典編集

親族編集

妻は岩倉具定の二女・豊子。六男四女がおり、長男は西郷従吾、以下、古河従純古河財閥四代目当主)、西郷従竜(陸軍少佐)、西郷従宏(陸軍少佐)、黒木従達東宮侍従長)等。

著作編集

  • 『昭和聖勅謹話』 青山会館1927年(昭和2年)
  • 『母上の三年祭を迎へて』 西郷従徳、1931年(昭和6年)
  • 『明治天皇と北海道』 明治天皇聖蹟保存会、1936年(昭和11年)
  • 『西郷吉二郎大人』 西郷従徳、1939年(昭和14年)
  • 『明治天皇の御聖徳に就て』(長野市聖徳記念会叢書第5輯 ) 西郷従徳、1939年(昭和14年)

脚注編集

  1. ^ 『官報』第5734号「彙報 - 帝国議会 - 議員薨去及弔辞」1946年2月26日。
  2. ^ 『官報』第5731号、明治35年8月11日。
  3. ^ 『帝国議会会議録』貴族院議員の異動
  4. ^ a b 『官報』第6874号「叙任及辞令」1906年5月31日。
  5. ^ 『官報』第421号「叙任及辞令」1913年12月22日。
  6. ^ 『官報』第5749号「叙任及辞令」1902年9月1日。
  7. ^ 『官報』第6962号「叙任及辞令」1906年9月11日。
  8. ^ 『帝国議会会議録』貴族院議員の異動
  9. ^ 『帝国議会会議録』貴族院議員の異動
  10. ^ 『帝国議会会議録』貴族院議員異動
  11. ^ 『官報』第4535号「叙任及辞令」1942年2月23日。
  12. ^ 『官報』第5731号「辞令」1902年8月11日。
  13. ^ 『官報』第7272号「辞令」1907年9月23日。
  14. ^ 『帝国議会会議録』貴族院議員の異動
  15. ^ 『官報』第205号・付録「辞令」1913年4月9日。
  16. ^ 『官報』第1222号・付録「叙任及辞令」1916年8月25日。
  17. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  18. ^ 『官報』第1846号「叙任及辞令」1918年9月27日。
  19. ^ 『官報』第1499号・付録「辞令二」1931年12月28日。
  20. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1938年2月11日。

参考文献編集

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』1990年。


日本の爵位
先代:
西郷従道
侯爵
薩摩西郷(従道)家第2代
1902年 - 1946年
次代:
栄典喪失