日本の旗 日本の政治家
西郷 従道
Tsugumichi Saigo 2.jpg
生年月日 1843年6月1日
出生地 薩摩国鹿児島城下加治屋町
没年月日 (1902-07-18) 1902年7月18日(満59歳没)
死没地 日本の旗 日本 東京府目黒
称号 元帥海軍大将
従一位
大勲位菊花大綬章
功二級金鵄勲章
侯爵
配偶者 西郷清子
親族 西郷隆盛(兄)
大山巌(従兄)
西郷従徳(二男)





テンプレートを表示

西郷 従道(さいごう じゅうどう / つぐみち[注釈 1]天保14年5月4日1843年6月1日) - 明治35年(1902年7月18日)は、日本武士薩摩藩)、陸軍および海軍軍人政治家階級元帥海軍大将栄典従一位大勲位功二級侯爵。名前の読みとして「つぐみち」が広く流布しているが、西郷家によると「じゅうどう」が正訓である[1][2]。兄の西郷隆盛を「大西郷」と称するのに対し、従道を「小西郷」と呼ぶ[1]

文部卿(第3代)、陸軍卿(第3代)、農商務卿(第2代)、元老海軍大臣2378910代)、内務大臣(第4518代)、貴族院議員を歴任した。

目次

経歴編集

青年期編集

薩摩国鹿児島城下加治屋町山之口馬場(下加治屋町方限)に生まれる(幼名竜助)。剣術薬丸兼義薬丸自顕流を、兵学伊地知正治合伝流を学んだ。有村俊斎の推薦で薩摩藩主・島津斉彬に出仕し、茶坊主となって竜庵とする。

文久元年(1861年9月30日還俗し、本名を隆興、通称を信吾(慎吾)と改名。斉彬を信奉する精忠組に加入し、尊王攘夷運動に身を投じる。

文久2年(1862年)、勤王倒幕のために集結した精忠組内の有馬新七らの一党に参加するも、寺田屋事件で藩から弾圧を受け、従道は年少のため帰藩謹慎処分となる。文久3年(1863年)、薩英戦争が起こると謹慎も解け、西瓜売りを装った決死隊に志願。戊辰戦争では、鳥羽・伏見の戦いで貫通銃創の重傷を負うも、各地を転戦した。

維新後編集

 
旧西郷従道住宅(国の重要文化財。東京都目黒区上目黒にあったものを明治村へ移設)

明治維新後、太政官に名前を登録する際、「隆興」をリュウコウと口頭で登録しようとしたところ、訛っていたため役人に「ジュウドウ」と聞き取られ、「従道」と記録されてしまった。しかし本人も特に気にせず、結局「従道」のままで通した[3]。兄の隆盛も本名は「隆永」で、「隆盛」とは彼らの父親である西郷吉兵衛であるが、兄の同志であった吉井友実が勘違いして父の名前を登録してしまったものである。隆盛、従道というのはであり、日常使用するのは通称(隆盛は吉之助、従道は信吾)であった。

明治2年(1869年)、山縣有朋と共に渡欧し軍制を調査。明治3年(1870年)7月晦日、横浜に帰着。同年8月22日に兵部権大丞に任じられ、正六位に叙せられる。明治4年(1871年)7月、陸軍少将となる。

明治6年(1873年)には兄の隆盛が征韓論をめぐり下野する(明治六年政変)。薩摩藩出身者の多くが従うが、従道は政府に留まった。明治7年(1874年)に陸軍中将となり、同年の台湾出兵では蕃地事務都督として軍勢を指揮する。隆盛が明治10年(1877年)に西南戦争を起こした際、従道は隆盛に加担せず、陸軍卿代行に就任し政府の留守を守った。以後は政府内で薩摩閥の重鎮として君臨した。西南戦争が終わった直後には近衛都督になり、大久保利通暗殺(紀尾井坂の変)直後の明治11年(1878年)には参議となり、同年末には陸軍卿になった。明治15年(1882年)1月11日、黒田清隆開拓使長官を辞すると、参議・農商務卿兼務のまま開拓使長官に任じられる。同年2月8日に開拓使が廃止されるまで、短期間ながら開拓使長官を務めた。明治17年(1884年)の華族令制定に伴い、維新時の偉功によって伯爵を授けられる。甲申政変後の天津条約 (1885年4月)を結ぶ際には、伊藤博文らとともに、清国へ渡った。

海軍大臣時代は山本権兵衛海軍省官房主事に抜擢して大いに腕を振るわせ、日本海軍日清日露の戦勝に導いた。西郷は従兄の大山巌と同じく、細かい事務は部下に任せて殆ど口を出さず、失敗の責任は自らが取るという考えを持っており度量が大きかった。軍政能力に長けた山本が、その手腕をいかんなく発揮できたのは、西郷自身の懐の大きい性格のお陰だとも言われている。井上馨から海軍拡張案のことで尋ねられた際、「実はわしもわからん。部下の山本ちゅうのがわかっとるから、そいつを呼んで説明させよう」と言い、井上は山本の説明を受け納得したというエピソードがある。

西郷隆盛や大山巌と同じく鷹揚で懐の深い人物であったとされるが、内務大臣在職中に起こった大津事件に際しては犯人の津田三蔵死刑を強硬に主張し、大審院長の児島惟謙を恫喝するなど大変な圧力をかけた。これは津田を死刑にしなかった場合必ずロシア帝国による日本本土攻撃を招き、その結果日本の敗北・滅亡となる事を危惧した西郷の強い憂国ゆえの勇み足であったといわれている。

明治25年(1892年)には元老として枢密顧問官に任じられる。同年、品川弥二郎とともに国民協会を設立。明治27年(1894年)に海軍大将となり、明治28年(1895年)には侯爵に陞爵。明治31年(1898年)に海軍軍人として初めて元帥の称号を受ける。内閣総理大臣候補に再三推されたが、兄・隆盛が逆賊の汚名を受けたことを理由に断り続けた(大山巌も同様)。明治35年(1902年)、胃癌のため目黒の自邸で死去[4]。享年60。

栄典編集


外国勲章佩用允許
受章年 国籍 略綬 勲章名 備考
1880年(明治13年)6月15日[5]   フランス共和国   レジオンドヌール勲章グランドフィシェ
1882年(明治15年)2月2日[5]   ロシア帝国   1等聖アンナ勲章英語版
1887年(明治20年)7月5日   ロシア帝国   白鷲勲章英語版[12]
1887年(明治20年)7月11日   ドイツ帝国   赤鷲第一等勲章英語版[13]
1887年(明治20年)8月30日   イタリア王国   イタリア王冠勲章英語版グラン・クローチェ[14]
1887年(明治20年)8月30日   ベルギー   レオポルド勲章英語版グランドコルドン[15]
1887年(明治20年)10月30日   ポルトガル王国   キリスト勲章大十字章[16]

エピソード編集

  • ある会議で、某閣僚がわかりきったことを延々と述べて議論が行き詰まった際のこと。その閣僚が座ろうとした時に、隣席の西郷が椅子を引いたために尻餅をつき皆が大笑いしてしまい、これ以上議論をする空気ではなくなってしまったので、椅子を引かれた当人も苦笑いの内に引き下がり、会議は無事まとまったという。
  • 相手の話をよく聞いて「成程、成程」と相槌を打ったことから「成程大臣」と渾名された。
  • 面影が兄・隆盛に似ているとされ、エドアルド・キヨッソーネが隆盛の肖像画を作成する際、彼の顔写真が参考にされた。(首から上は従道を、体の部分は大山巌を参考にしたといわれている)
  • 横浜に設けられた日本レース・倶楽部で日本人としてはじめて参加が認められた日本人最初の馬主で、明治8年(1875年)には愛馬ミカンに騎乗して日本人馬主による初勝利をあげた。そのときの風刺漫画が残っている。

家族・子孫編集

系譜編集

従道━┳従理
   ┣政子
   ┣従徳━━━┳従吾━━━従節━┳従洋
   ┣豊彦   ┣古河従純    ┗従英
   ┣上村従義 ┣従竜
   ┣従親   ┣従宏
   ┣豊二   ┣古河従靖
   ┣小松従志 ┗黒木従達
   ┣栄子
   ┣桜子
   ┗不二子

西郷従道が登場する作品編集

映画
テレビドラマ

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ (1) 衆議院・参議院編『議会制度百年史 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年、18頁。貴族院の事務局に提出された履歴書並びに貴族院要覧に基づく。(2)『日本海軍史 第9巻 将官履歴(上)』財団法人海軍歴史保存会、1995年、27頁。終戦まで海軍省が保管整理し、戦後厚生省に移管されていた旧海軍軍人の奉職履歴書正本から、同省の協力を得て所要の事項を転記したもの。

参照編集

  1. ^ a b 佐々木隆(2002)p.96
  2. ^ 『平成新修 旧華族家系大成 上巻』(1996)p.624
  3. ^ 西郷従宏(1997)。本書は参考文献として他箇所にも随時使用している。
  4. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』(吉川弘文館、2010年)132頁
  5. ^ a b c d e f g h i j k l 西郷従道』 アジア歴史資料センター Ref.A06051166000 
  6. ^ 『官報』第307号「叙任及辞令」1884年7月8日。
  7. ^ 『官報』第1928号「叙任及辞令」1889年11月30日。
  8. ^ 『官報』第3631号「授爵・叙任及辞令」1895年8月6日。
  9. ^ 『官報』第3746号「叙任及辞令」1895年12月21日。
  10. ^ 『官報』第5673号「授爵・叙任及辞令」1902年6月4日。
  11. ^ 『官報』第5712号「叙任及辞令」1902年7月19日。
  12. ^ 『官報』第1205号「叙任及辞令」1887年7月6日。
  13. ^ 『官報』第1211号「叙任及辞令」1887年7月13日。
  14. ^ 『官報』第1265号「叙任及辞令」1887年9月14日。
  15. ^ 『官報』第1211号「叙任及辞令」1887年7月13日。
  16. ^ 『官報』第1282号「叙任及辞令」1887年10月5日。
  17. ^ a b ニコライ・カサートキン (著), 中村 健之介 (編集, 翻訳) 『ニコライの日記(上)―ロシア人宣教師が生きた明治日本』444頁・445頁、編訳者中村による注 岩波文庫 ISBN 9784003349311

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集


公職
先代:
山縣有朋
板垣退助
  内務大臣
第4・5代:1890年 - 1891年
第18代:1898年 - 1900年
次代:
品川弥二郎
末松謙澄
先代:
創設
仁礼景範
  海軍大臣
初 - 第3代:1885年 - 1890年
第7 - 10代:1893年 - 1898年
次代:
樺山資紀
山本権兵衛
先代:
河野敏鎌
  農商務卿
第2代:1881年 - 1884年
次代:
谷干城(農商務大臣)
先代:
山縣有朋
  陸軍卿
第3代:1878年 - 1880年
次代:
大山巌
先代:
木戸孝允
  文部卿
第3代:1878年
次代:
寺島宗則
先代:
黒田清隆
  開拓長官
第4代:1874年
次代:
廃止