メインメニューを開く

覆堂(ふくどう、おおいどう、さやどう)は、貴重な文化財史跡等を風雨から保護するため、それらを覆うように建設された簡易な建築物鞘堂(さやどう)、覆屋(おおいや)とも言う。また、室町時代中期建立の中尊寺金色堂旧覆堂のように、もともと覆堂として造られながら、年月を経てそれ自体に文化財的価値が生まれた例もある。明確的な定義は存在せず、原爆ドームの保存・整備方針にあるように[1]、現代においても比較的新しい近代建築等の史跡を保護するために、それらを覆う建築物も覆堂の一種とされる。

覆堂の例編集

脚注編集

関連項目編集