メインメニューを開く

覇王

ウィキメディアの曖昧さ回避ページ

覇王(はおう)とはによらず武力・策略で諸侯を従えて天下を治める人のことをいう。

元々は孟子によって提唱された覇道と王道から生まれた言葉。 儒家によって理想とされたのように徳を持って世を治めることを王道と呼び、それを遂行する者を王者と呼んだ。 また、春秋時代の諸侯のように知力や武力を持って世を治めることを覇道と呼び、それを遂行する者を覇者と呼んだ。

孟子は王道こそを理想とし、覇道を賎しいものとした。これを尊王賎覇と言う。

戦国の形勢が進み、強大な武力を誇るの統一が間近に迫ってくると、最早王道政治は夢であり、両者の間の区別が消滅して覇王の語が登場した。秦滅亡後に項羽は西楚の覇王を名乗った。

尊王賎覇の考えが日本では、王=天皇・覇=武家政権源氏平氏北条氏足利氏細川氏三好氏織田氏豊臣氏徳川氏)と解釈された。

関連項目編集