メインメニューを開く

見澤 俊明(みさわ としあき、1930年 - 2008年12月29日)は、日本法学者。専門は労働法で、東ドイツを中心とする社会主義圏の労働法を研究していた。

経歴編集

北海道夕張郡栗山町出身。北海道大学法経学部卒業後、北海道札幌星園高等学校教諭となる。1956年に北海道大学大学院法学研究科修士課程修了。

その後、北海道札幌星園高等学校教諭、北海道札幌石山高等学校教諭を歴任し、1968年に札幌短期大学講師に就任。翌年、同短期大学助教授、1971年に教授となる。

1973年、京都大学法学部国内留学し、片岡曻の元で研究した。1977年の札幌商科大学教授職を経て、1980年にドイツベルリン大学に留学。

1983年に札幌学院大学法学部教授に就任し、1988年、同法学部長となる。その後、1990年に北海道人事委員会委員、1991年に札幌学院大学学長を歴任。

1996年、札幌学院大学大学院法学研究科教授となった後、1999年に札幌学院大学を定年退職。同大学名誉教授となる。北海道人事委員会委員も退任。

2008年、脳梗塞のため死去。

著書編集

  • 『ドイツ民主共和国労働法の研究』(法律文化社、1978年)
  • 札幌商科大学民事法研究会編『基本判例 現代社会と法』(中央書房、1978年)

など

先代:
荘子邦雄
札幌学院大学法学部長
第2代:1988年 - 1990年
次代:
山畠正男
先代:
荘子邦雄
札幌学院大学学長
第6代:1991年 - 1995年
次代:
杉本正