メインメニューを開く
蓮見新田地区付近(2014年4月)

見沼代用水西縁(みぬまだいようすいにしべり)は、埼玉県上尾市さいたま市川口市を流れる灌漑農業用水および都市用水路である。

概要編集

見沼代用水西縁は埼玉県上尾市瓦葺伏越付近にある西縁と東縁の分水点から、さいたま市を経て川口市の川口市大字小谷場元西福寺前分水口(芝分水口)までを流れる用水路である。途中、さいたま市大宮区大原で荒川連絡水道専用水路を、さいたま市大宮区北袋町で高沼用水路を、川口市柳崎で六ヶ村用水を、川口市芝西で戸田用水[1]分水する。また、さいたま市北区本郷町で芝川が、川口市芝で藤右衛門川伏越で立体交差する。流路は芝川が大宮台地を侵食した解析谷の縁に沿って頻繁に蛇行して流れている。また、八丁堤付近までは芝川が左岸側に平行して流れる。さいたま市見沼区東大宮付近の大宮台地を横断する区間は、開削が深く危険なため暗渠に改められ、その上部に親水公園が整備された。

分水口から下流は辻用水(本流)、新曽用水[1][2]を参照。詳細については、見沼代用水の項目を参照。

分流

見沼代用水西縁が流れる地区編集

見沼代用水西縁に架かる橋編集

※上流より

 
さいたま市緑区三室付近(大古里橋―北宿橋間)
   
西縁末端部(戸井の橋付近)
元西福寺前分水口
- これより下流は辻用水の辻用水に架かる橋の項参照 -

脚注編集

  1. ^ a b 菖蒲川・笹目川清流ルネッサンスⅡ 荒川水系菖蒲川・笹目川水環境改善緊急行動計画 参考資料 (PDF) 5p - 埼玉県ホームページ
  2. ^ 東京の紀州散策(18)井沢弥惣兵衛が開いた見沼代用水3 - 和歌山県広報課(和歌山県広報リレーブログ)、2013年10月6日、2015年12月5日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集