メインメニューを開く

視聴質(しちょうしつ)とは、テレビ番組の質、視聴者の質、視聴の質などを測る尺度として実現が期待されているものの指針である[1]

1987年春に日本民放テレビ業界で視聴質論争が持ち上がり、日本広告主協会も敏感に反応した[2]。背景には広告主側の、従来の機械式視聴率調査に対する根強い疑念や不信感があった[2]。この論争はその後、機械式個人視聴率調査の導入問題へとシフトしていく[2]

1997年4月にはテレビ朝日マーケティング室(当時)と慶應義塾大学環境情報学部熊坂研究室による共同プロジェクトとして視聴質調査「リサーチQ」を立ち上げた[3]

2003年日本テレビ視聴率買収事件以降、それまでの視聴率への疑問の高まりと共に注目を集めた。しかし何をもって質と定義するのかとの点で合意が難しく、古くから検討されているものの、業界標準の指標としては実現していない。放送局別ではそれぞれ独自の調査を数多く行っている。

ビデオリサーチによる定義は以下の4点である。

  • 誰が見ているか(視聴者構成)
  • どのように見ているか(ながら視聴など)
  • 番組の内容はどうだったか(番組評価内容)
  • CMの表現内容はどうだったか(CMの質)

編集

  1. ^ 用語集 ビデオリサーチ
  2. ^ a b c 『放送批評の50年』762-763頁。
  3. ^ 『放送批評の50年』765頁。

参考文献編集

  • 岩本太郎 「視聴率の歴史と『これから』」 『GALAC』2004年3月号。

外部リンク編集