覚せい剤やめますか?それとも人間やめますか?

覚せい剤やめますか? それとも人間やめますか?(かくせいざいやめますか? それともにんげんやめますか?)」は、元CMプロデューサーの田原節子により考案されたキャッチコピー[1]、啓蒙広告[2]1980年代に、日本民間放送連盟(民放連)によるCMのコピーとして頻繁に流された。

表現が人権問題だという指摘があり[3]、2017年には回復につなげるため『「人間やめますか」のように、依存症患者の人格を否定するような表現は用いないこと』といった内容を含む薬物報道ガイドラインが作成されている[4]

薬物防止の効果に関する批判編集

社会学者の宮台真司と作家の藤井誠二が対談形式で2001年に指摘しているが、薬物依存からの回復を頑張っている人も人間なので「人間やめますか」という表現は人権問題である[3]。欧米諸国では学校教育でも薬物の特性や影響を教えているが、日本ではあらゆる薬物が一括で人間をやめる薬物として扱われ、廃人になりますということでは知識としても誤りで、どんな薬物にどんなリスクがあるのかと話し合える場がないと、回復の場からもはじき出されてしまう[3]

ジャパンタイムズ紙のPhilip Brasorは2017年、日本では薬物使用で逮捕された芸能人は単に罪を犯したというだけでなく、「ヒトではない何か」として扱われていると指摘し、その原因は「人間やめますか」のコピーの影響によるものとした[5]。日本国外ではロバート・ダウニー・Jrのように薬物依存症になり刑務所に入ったこともある人物が世界でも有名な俳優となっているが、日本では薬物を使用した俳優の映画出演シーンはカットされ、国民は芸能人の薬物使用を忘れようとはせず烙印を押し続けている[5]

薬物問題に詳しい国立精神・神経医療研究センターの松本俊彦によれば、日本では「人間やめますか?」のコピーと、薬物依存症者をゾンビのように描く薬物防止キャンペーンによって「人間をやめた人たち、ゾンビのような人たち」だと認識されてしまっているという[6]。これに対して厳罰が効果を上げなかった諸外国では、犯罪者として社会から排除するのではなく薬物問題を健康問題として捉えるように変わってきており、国連もそうした言及を行うようになってきた[6]。(2018年11月には国連システム事務局調整委員会は、国連システムとしての薬物問題への対処法を確認し声明を出したが、人権に基づくこと、偏見や差別を減らし科学的証拠に基づく防止策や治療・回復を促すこと、薬物使用者の社会参加を促すことといった考えが含まれている[7]。)別の取材で、松本によれば「人間やめますか?」は、日本で薬物依存症になることは人間じゃないと認識される問題を生み出しており、社会から強く排斥され、治療のきっかけすら掴めないということがよく起こっているという[2]

薬物依存からの回復施設、女性DARC(ダルク)ハウスを設立した上岡陽江によれば、「人間やめますか」では、自分は人間としてはダメだと回復から遠ざける影響の方が大きいとして、薬物自体ではなくて回復に対する無理解や寛容性のない社会が人生を壊すのだと指摘している[8]荻上チキらは自身のラジオ番組を通じて、「薬物報道ガイドライン」を作成し2017年1月に厚生労働省で記者会見を開催、放送批評懇談会のラジオ部門大賞を受賞した[9]。この薬物報道ガイドラインは、松本俊彦のような専門家ら、ダルク、ASK(アルコール薬物問題全国市民協会)といった薬物問題に取り組む団体が発起人となっており、薬物依存症を回復可能な病気として扱うよう促しており、『「人間やめますか」のように、依存症患者の人格を否定するような表現は用いないこと』といった内容を含んでいる[4]。日本語の「更生」には薬物からの「回復」ではなく、刑務所での懲役を含蓄しているが、刑務所は依存症からの回復を治療する施設ではない[5]。そのため出所後も薬物使用の高い再犯率が維持されている。

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 田原総一朗田原節子『私たちの愛』講談社、2003年、著者紹介。ISBN 4-06-211555-7。「CMプロデューサーとして社内で仕事を続ける。「人間やめますか」のコピーは有名。」
  2. ^ a b 松本俊彦、川端裕人 (2017年4月11日). “第2回 “覚せい剤やめますか?それとも人間やめますか?”の弊害”. ナショナルジオグラフィック. 2019年6月10日閲覧。
  3. ^ a b c 宮台真司藤井誠二『「脱社会化」と少年犯罪』創出版、2001年、74-85頁。ISBN 4-924718-42-4
  4. ^ a b 薬物報道ガイドライン”. アスク (特定非営利活動法人). 2019年6月10日閲覧。
  5. ^ a b c Philip Brasor (2017年7月1日). “Once a drug user in Japan, always an outcast”. Japan Times. 2019年6月10日閲覧。
  6. ^ a b 松本俊彦 (2018年11月12日). “「シャブ山シャブ子」を信じてはいけない”. PRESIDENT. 2019年6月10日閲覧。
  7. ^ 国連システム事務局長調整委員会 (2019年2月27日). “Second Regular Session Report (November 2018, New York)”. United Nation System. 2019年6月10日閲覧。 国連システム事務局長調整委員会 (2019年3月15日). “国連システム事務局長調整委員会(CEB)が「薬物政策に関する国連システムの 共通の立場」で満場一致で支持した声明文の和訳”. 日本臨床カンナビノイド学会. 2019年6月10日閲覧。
  8. ^ 荻上チキ、上岡陽江 (2019年4月1日). “「人間やめますか」は患者へのマイナスの影響大 / 「薬物依存症」はバッシングでは治りません”. 婦人公論.jp. 2019年6月10日閲覧。
  9. ^ 第54回ギャラクシー賞・ラジオ部門「荻上チキ・Session-22」が大賞に”. TBSラジオ. 2019年6月10日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集