メインメニューを開く

覚恵(かくえ、仁平元年〈1151年〉 - 元暦元年10月17日1184年11月21日〉)は、平安時代末期の皇族真言

略歴編集

崇徳天皇の第五皇子で、母は三河権守源師経村上源氏)の娘。重仁親王の異母弟。宮法印と呼ばれた。

応保2年(1162年)仏門に入り叔父覚性法親王のもとに入室。法名は初め元性と称し、その後覚恵と改めた。

仁安4年(1169年)2月に仁和寺観音院において灌頂を受けた後、同寺華蔵院に住し、法印に叙された。

和歌に秀で、『月詣和歌集』(2首)・『万代和歌集』(2首)・『山家集』(1首)等、各種和歌集に入集している。