メインメニューを開く

覚法法親王(かくほうほっしんのう、寛治5年12月29日1092年2月9日) - 仁平3年12月6日1153年12月22日))は、平安時代後期の皇族白河天皇の第四皇子。母は源顕房の娘師子[1]真言宗仁和寺第四世門跡。高野御室・勝蓮華寺獅子王宮とも称される。

異母兄である覚行法親王のもとで出家・受戒し、法名ははじめ真行と称し、のちに行真と改め、さらに覚法と改めた。長治2年(1105年)覚行の没後に仁和寺寺務に就任。寛助範俊から灌頂を受け、天永3年(1112年親王宣下を受けている。保延5年(1139年)には自らの観音院を御願寺として東寺に準じる灌頂会を開催することを勅許された。保延7年(1141年)には鳥羽上皇受戒の際には受戒の師をつとめた。皇子誕生や天皇の病気平癒のために孔雀経法を修している。真言密教の事相に詳しく仁和寺御流を創唱している。

背が高く声が美しかったとされ、能筆でもあったという[2]

系図編集

 
(71)後三条天皇
 
(72)白河天皇
 
(73)堀河天皇
 
(74)鳥羽天皇
 
(75)崇徳天皇
 
重仁親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
覚行法親王
 
 
最雲法親王
 
 
(77)後白河天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実仁親王
 
 
覚法法親王
 
 
(76)近衛天皇
 
 
 
 
 
 
 
媞子内親王
(郁芳門院)
 
 
 
輔仁親王
 
(源)有仁
 
 
 
 
篤子内親王
 


脚注編集

  1. ^ 関白藤原忠通の異父同母兄にあたる。
  2. ^ 今鏡』327段