メインメニューを開く

親仏(しんふつ、英語: Francophileフランス語: francophile)とはフランスまたはフランス文化が好感していることである。

目次

概要編集

親仏はフランスびいきともいい、フランスまたはフランス文化が好きなことである。 [1] そういう人を親仏家フランスびいきといい、特別にフランスまたはフランス文化を好きな人はフランス(文化)崇拝者フランス気違いという。 個人が親仏家のこともあるし、国家が親仏国家であることもある。

親仏的な個人編集

フランスは海外にもよく知られた独特の文化を持っており、個人が親仏となるは理由をいくつか挙げると、[2]

ただし、フランスは歴史的に北部が南部を抑圧してきたし(アルビジョア十字軍フェリブリージュを参照)、フランス革命はある時点で行き過ぎたし(テルミドールのクーデターを参照)、フランス文化のすべてが好感されることはなく、フランス嫌い英語: Francophobia)もいる。

国際的な組織編集

フランス政府フランス語とフランス文化を紹介する施設「アリアンスフランセーズ」のフランス国内・国外への展開を補助している。 [3] また、フランス語を使う国を中心にフランコフォニー国際機関を組織して、毎年大会を開催している。 [4]

親仏諸国編集

国が親仏的な場合もある。以前フランスの植民地だった国々は、独立後もフランスと密接な関係を保っている国も多く、フランス語の使用、高等教育をフランスに頼るなどの理由で、親仏的な国が多い。 [5]

アルジェリア編集

アルジェリアはフランスの植民地だったので、その時点では親仏であったかも知れない。しかしアルジェリア戦争を経て独立し、その後急速にアラビア語化が進み、現在は親仏的とはいえない。

日本編集

世界的に見ても、日本は親仏の人たちが多いとも言われる。これはフランス人に知日の人たち、親日の人たちが多い裏返しかも知れない。 [6]

ベトナム編集

ベトナムは1945年にフランスの植民地から独立し、主にアメリカとのベトナム戦争を経て、2000年にはアメリカとの通商関係も修復に向かいアメリカ文化の影響を大きく打てているが、食生活、宗教(カトリック)などにフランスの植民地時代の影響が色濃く残っていて、一般に親仏的人も多い。

参照項目編集

脚注編集

外部リンク編集