メインメニューを開く

親切なクムジャさん』(しんせつなクムジャさん、原題:친절한 금자씨)は、2005年公開の韓国映画。『復讐者に憐れみを』、『オールド・ボーイ』に続く、パク・チャヌク監督による復讐三部作の最終作。第62回ヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門ノミネート作品。

親切なクムジャさん
친절한 금자씨
監督 パク・チャヌク
脚本 パク・チャヌク
チョン・ソギョン
製作 イ・テホン
チョ・ヨンウク
イ・チュニョン
出演者 イ・ヨンエ
チェ・ミンシク
クォン・イェヨン
キム・シフ
音楽 チョ・ヨンウク
撮影 チョン・ジョンフン
編集 キム・サンボム
キム・ジェボム
配給 大韓民国の旗 CJエンタテインメント
日本の旗 ショウゲート
公開 大韓民国の旗 2005年7月29日
日本の旗 2005年11月12日
上映時間 114分
製作国 大韓民国の旗 韓国
言語 韓国語
前作 オールド・ボーイ
テンプレートを表示
親切なクムジャさん
各種表記
ハングル 친절한 금자씨
発音 チンジョラン・クムジャシ
英題 Sympathy for Lady Vengeance[1]

目次

ストーリー編集

幼児誘拐・殺人の罪で13年間服役していた主人公クムジャイ・ヨンエ)。その罪は濡れ衣だった。自分の子どもの命を盾に取られ、彼女は真犯人の罪をかぶったのだ。いつもにこやかに服役仲間や支援者たちに接して「親切なクムジャさん」と呼ばれる模範囚の彼女だったが、娘との暮らしを自分から奪った真犯人への復讐を決意していた。
出所した彼女はパティシエの職に就く。そして密かに服役中に知り合った仲間、また彼女の無実を直感していた当時の捜査関係者と手を組み、真犯人を追い詰めついに捕らえる。しかし、真犯人の犠牲になった子どもが一人だけではないことが判明。そして、犯人によって殺された子供たちの遺族による復讐が始まる。

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹替
イ・クムジャ イ・ヨンエ [1] 岡寛恵
ペク・ハンサン先生 チェ・ミンシク 磯部勉
ジェニー クォン・イェヨン 菊地ゆうみ
クンシク キム・シフ 石田彰
チャン氏 オ・ダルス 堀内賢雄
伝導師 キム・ビョンオク 中田和宏
パク・イジョン イ・スンシン 渡辺美佐
チェ班長 ナム・イル 佐々木敏
魔女 コ・スヒ くじら
コ・ソンスク キム・ジング 竹口安芸子
ウ・ソヨン キム・ブソン きのしたゆうこ
オ・スヒ ラ・ミラン
キム・ヤンヒ ソ・ヨンジュ
ソヨンの夫 コ・チャンソク 船木真人
ウォンモの父 キム・イクテ
ウォンモの母 イ・ヨンミ
トンファの父 チェ・ジョンウ 桐本琢也
トンファの母 パク・ミョンシン
チェギョンの父 キム・チュンギ 中田和宏
チェギョンの母 イ・ヨンニョ
ウンジュの祖母 ウォン・ミウォン 竹口安芸子
セヒョンの姉 チャン・ジョンエ 山田里奈
セヒョンの父 オ・グァンノク
(友情出演)
石井隆夫
拉致犯1 ソン・ガンホ
(友情出演)
桐本琢也
拉致犯2 シン・ハギュン
(友情出演)
ニュースキャスター カン・ヘジョン
(友情出演)
山田里奈
売春組織の元締め ハン・ジェドク
(友情出演)
桐本琢也
ナレーション キム・セウォン[2] 高島雅羅
  • その他声の出演:水町レイコすずき紀子根本圭子
  • 日本語版制作スタッフ:演出:小山悟、翻訳:根本理恵、台本:高山美香、録音・調整:新井保雄、プロデューサー:内田正仁(東芝エンタテインメント)制作担当:別府憲治/宮地奈緒(HALF H・P STUDIO)、日本語版制作:HALF H・P STUDIO
    • 日本語版の吹替キャスト・スタッフ共に『オールド・ボーイ』の日本語版に携わった人物が多い。特に、磯部、中田、堀内、山田、石井は『オールド・ボーイ』と同一の俳優の吹替をしている。

スタッフほか編集

作品の評価編集

興行成績編集

誘拐・復讐をテーマとし、犯罪・暴力・性描写があることから韓国ではR-18指定(18歳未満の観覧禁止)を受けたにもかかわらず、7月29日の公開から約3か月間に全国で約350万人、ソウルのロードショー館(ソウル基準)で137万人の観客動員を記録した。これは、R-18指定映画としては『友へ チング』に次ぐ歴代2位の興行成績となる。

受賞歴編集

派生作品編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 친절한 금자씨 (親切なクムジャさん) Daum 영화(映画)(韓国語) 2011年8月25日閲覧。
  2. ^ 친절한 금자씨 (親切なクムジャさん) NAVER 영화(映画)(韓国語) 2011年8月28日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集