メインメニューを開く

観光公害(かんこう こうがい)とは、観光がもたらす弊害を公害譬えた表現である。

具体的には、現地住民が文化的に受け入れがたい行為の横行、プライバシーの侵害、観光客受け入れのための開発に伴う環境破壊景観破壊[* 1]文化財遺跡の想定を超えた傷み[* 2]などといったもののほか、車両の乗り入れによる震動騒音排気ガス渋滞ゴミポイ捨て、その他様々なトラブルが考えられる。

日本語の「観光公害」を英語に翻訳すると "tourism pollution"[1]直訳で『観光汚染」)になるが、英語圏で一般的な言葉にはなっておらず、日本語でいう「観光公害」については「観光の影響英語版」の範疇で語られている。

目次

各国の事例編集

日本編集

 
観光公害防止を呼び掛ける京都市ピクトグラム/2016年撮影。

日本においては、2010年代ユネスコ世界遺産登録直後に見られる過度の訪問者数の増加が顕著化した。例えば白川郷・五箇山の合掌造り集落では前述のほぼ全ての事象が報告されている。富士山では登山者増加による環境負荷を危惧し、その抑制を講じることが登録条件の一つとされ、2016年(平成28年)2月までにイコモスへ対応策提出が求められていた[2]。最終的にユネスコ世界遺産への推薦を取り下げた鎌倉も、イコモスによる現地視察調査のレポートで、慢性的な交通混雑が及ぼす文化財への影響を指摘され、「不登録」を勧告された[3]

韓国人や2010年代後期に急増した中国人観光客のマナーの悪さ(文化財・環境保護地区における立入禁止区域への侵入や喫煙ポイ捨て等)が問題になっている[4][5]。とりわけ、文化財への落書きや不適切な場所での排便などといった行為は、現地住民や報道でそれを知る日本人にとって許容しがたい蛮行であり、強い反感を生み出す原因になってしまっている[6][* 3]。ただし、反日を動機にそれらを行う者もいて、この場合はテロリズムの犯行であって観光とは関係ない。このほか、需要が伸びつつある民泊での住民とのトラブルも懸念されている[7]

北海道美瑛町の「哲学の木」は、美しい畑の景観の中に立つ見栄えのするセイヨウハコヤナギ(イタリアポプラ)の古木で[8][9][10]、美瑛町の観光地としての知名度を向上させる存在となったが[10]、その実態はいつ倒れてもおかしくない老木で[8][9]、耕作期に倒れた場合の経済的損害は土地所有者にとって無視できないものであった[8][9]。しかしそれでも遠くから来た観光客がこの木を楽しんでくれているということで処分せずにいたところ[8]、勧告を無視したマナーの悪い観光客による畑への侵入と踏み荒らしが目に余るようになり[8][9][10]、いくら注意しても後を絶たない事態にまで陥ったことで[8][9]2016年(平成28年)2月24日、土地所有者は悩んだ末にやむなく木を倒すに至った[8][9][10]。報道では伐採したことになっているが[9]、伐るまでもなく簡単に倒壊した[8][10]という。この件に関して観光公害に当たるのは、観光客が耕作地を踏み荒らし続けたことと、土地所有者の好意が踏みにじられたことに尽きる。そのほかには、当初の報道の誤りが正されないことによる齟齬が大きい。

スペイン編集

スペインの一大観光都市であるバルセロナには、2010年代後期の時点で年間約3200万人の観光客が訪れる一方[11]、それを受け入れる約7000軒の違法民泊があるといわれており[11]、ホテルの経営に影響が出ているほか[11]、安価な違法民泊によってバルセロナの観光収入も少なくなってしまうことが問題になっている[11]。加えて、違法民泊への参入者によって地価や家賃などが上昇する事態となっている[11]

イタリア編集

北イタリアヴェネツィアでは、2010年代後期の時点で年間約2200万人の観光客が訪れ[12]、地価や家賃の高騰、ホテルの増加による住宅エリアの縮小化などが発生している[12]。また、ヴェネツィアでは巨大クルーズ客船が寄港して観光客が2~3時間程度観光をするスタイルが多く、地元では混雑などの負担が生じる割に観光客の滞在時間は短く宿泊地にもなっていないため、稼げないとして住民の不満が出ており、巨大クルーズ客船の乗り入れの制限が議論されている[12]

サウジアラビア編集

サウジアラビアイスラム教聖地を有することから、異教徒が大挙押しかけることで公序良俗が乱れることを嫌い、観光客の入国を制限している。

中南米編集

ペルーにあるインカ帝国の遺跡都市マチュ・ピチュでは、入域を2017年に午前と午後の二部制にしたが、観光客の増加に歯止めがかからず、2019年1月から時間帯をさらに細分化し、上限を4時間とした。

太平洋南東のイースター島は、2018年8月、滞在上限日数を30日間と従来の3分の1に短縮した。また、ガラパゴス諸島大西洋の孤島フェルナンド・デ・ノローニャでも入域制限を求める議論が起きている[13]

派生語編集

前述のようにユネスコ世界遺産登録地における観光公害を、登録を認定する "UNESCO(ユネスコ)" と「~を殺すこと (killing)」「~を殺す者 (killer)」を意味する英語接尾辞(※フランス語でもスペルは同じ) "-cite" を合成した "UNESCO-cide"、"Unesco-cide"、"Unescocide" という造語まで登場した[14]。この造語は「ユネスコによって殺される」という意味[14]だというのであるが、ここに示したように "-cite" には「~によって殺される」「~による殺し」という語意は無く、従来の語意の通りであれば「ユネスコを殺すこと」「ユネスコ殺し」の意になってしまうため、合成語として乱暴な造りではある。

オーバーツーリズム編集

過度な観光客の集中は「オーバーユース (cf. wikt)」ともいうが、これによって観光地への負荷が懸念される事態の生じることがあり、これを指して「オーバーツーリズム: overtourism)」ともいう[15]

例えば21世紀初期、ユネスコ世界遺産に関して当局(ユネスコやイコモス)は登録条件として観光客抑制案の提示を対象物件の管理者に対して求めるようになった。日本の登録物件の中から一つ例を挙げるなら、富士山の登山者数抑制とその実効性・監視体制が求められている。 また、2018年度(平成30年度)の京都市では、インバウンド消費の成果が上がりすぎて街が訪日外国人観光客で溢れかえる状況になり[16]宿泊施設の予約を満足に取れなくなったり京都に期待する“まったり”した雰囲気が失われてしまっていたりして従来の日本人顧客が敬遠して来なくなってしまう[16]、狭い道で混雑しているなか平気で食べ歩きをする[16]、日本の厳しいゴミ対策に馴染みのない観光客によるゴミのポイ捨てや不分別が目に余る[16]公共施設内の敷地や商店と民家私有地の区別がつかない観光客が民家や私有地に不法侵入して勝手な振る舞いをする等々、様々な問題が噴出している実態が明らかとなった[16]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 従来のものの破壊を伴わない開発はあり得ないが、その時代、その社会、その地域の、許容限度というものが自ずとあり、それを超えれば拒否反応が当然に起こる。その原因が観光の場合、その弊害は観光公害といえる。
  2. ^ 博物館学的観点からは、文化財を公開することは必ず経年劣化を伴うため、非公開が最良の保存法である。とは言えその選択肢が社会に支持されないのは自明で、だからこそある程度の傷みを覚悟の上で公開されるものは公開される。しかしながら、社会通念上許容されるであろう想定限度を超える傷みは問題視される。その原因が観光の場合、その弊害は観光公害といえる。
  3. ^ 富士山は以前より山頂トイレからの屎尿垂れ流しによる不衛生さと斜面に堆積したトイレットペーパーによる景観阻害が世界遺産登録への障害の一因とされていた。現在は環境配慮型トイレに変更されている。

出典編集

  1. ^ 'Tourism pollution': Japanese crackdown costs Airbnb $10m The Guardian 15 Jun 2018
  2. ^ 野口健 「世界遺産・富士山」に課せられた厳しい宿題 PHP Online 周知 PHP研究所
  3. ^ 世界遺産「落選ショック」をまちづくりの力に タウンニュース鎌倉版2013年5月17日号。
  4. ^ アジアのリゾート、プールに韓国人がやってくると 新井克弥 BLOGOS2015年9月10日
  5. ^ 中国人観光客のマナーがヒドすぎる! トイレを流さない、どこでも唾吐く、飲食店で横暴… Business Journal(サイゾー)2015年6月7日。
  6. ^ 富士山は登山者の「うんこ」がたくさん 外国人観光客の増加が原因なのかJ-CAST、2014年9月18日。
  7. ^ 中国人、京都を占拠! マンションに大型バスで乗りつけ問題多発、ごみ散乱、ロビーにたむろ ビジネスジャーナル、2015年12月7日。
  8. ^ a b c d e f g h 中西敏貴 (2016年2月24日). “さようなら哲学の木”. Pieces of time(公式ウェブサイト). 中西敏貴. 2019年5月5日閲覧。
  9. ^ a b c d e f g “北海道・美瑛の「哲学の木」 所有者、苦悩の伐採 観光客が農地侵入”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2016年2月25日). オリジナルの2016年2月28日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160228100021/http://dd.hokkaido-np.co.jp:80/news/society/society/1-0239035.html 2016年2月26日閲覧。 
  10. ^ a b c d e 哲学の木”. コトバンク. 2019年5月5日閲覧。
  11. ^ a b c d e 欧州「怒りの反観光デモ」は京都でも起きるか バルセロナ・ベネチア住民が訴えたこと 2 東洋経済オンライン、2017年12月18日閲覧。
  12. ^ a b c 欧州「怒りの反観光デモ」は京都でも起きるか バルセロナ・ベネチア住民が訴えたこと 3 東洋経済オンライン、2017年12月18日閲覧。
  13. ^ 「南米で観光公害 名所に人殺到/マチュピチュ 入場制限厳しく/産業振興 ひずみ生む」『日経MJ』2019年2月15日(アジア・グローバル面)。
  14. ^ a b 中央公論』2018年6月号(中央公論新社
  15. ^ オーバーツーリズム”. 公式ウェブサイト. ジャパン・ワールド・リンク. 2019年5月5日閲覧。
  16. ^ a b c d e “京都に異変!? 日本人観光客“激減”の背景に「訪日外国人客」”. zakzak - 夕刊フジ (産業経済新聞社). (2019年3月14日). https://www.zakzak.co.jp/soc/news/190314/soc1903140005-n1.html 2019年5月5日閲覧。 

参考文献編集

ロン・オグレディ(著)、中嶋正昭 (翻訳)『アジアの観光公害』教文館、1983年、137ページ。ASIN B000J7BY0O

関連項目編集

外部リンク編集