メインメニューを開く

観測機(かんそくき、surveillance aircraft)とは、戦場において敵軍の位置を確認し、また自軍の火砲弾着観測などを行うことによって交戦に際しての情報収集を行う軍用機のこと。古くは繋留気球飛行船に端を発し、航空機の発達とともに形態も変化した。

概要編集

陸軍では地上部隊に直接協同(直協)した行動が求められ、そのため小型であることとSTOL性が重視され、連絡機偵察機と同じ機体が使用されることが多かった(Army cooperation aircraft を参照)。海軍においては自陣の他に指揮所・観測所を設けることが難しく、艦砲射程が大きいなどの理由から特に弾着観測が重要とされ、第二次世界大戦当時までの大型戦闘艦には偵察と観測任務を兼ねる水上機が必ず搭載されていた。

第二次世界大戦後、観測任務の担い手は急速に発達したヘリコプターに移ってゆくが、ベトナム戦争当時まではゲリラの所在を発見・追跡し、地上部隊や航空部隊に攻撃点を指示する前線統制官(FAC)機として活動していた。その任務もやがてヘリコプターないしより大規模な陸戦指揮統制をおこなう早期警戒管制機E-8など)や偵察衛星などに引き継がれていった。現在ではUAVが観測任務に使用されるようになり、純粋な有人観測機は数を減らしつつある。

発展途上国中進国では専用の機体を持たずに、連絡機や練習機、汎用ヘリコプター、徴用した民間航空機を使用する場合も多い。レバノン内戦では同空軍が初等練習機であるブルドッグを、フォークランド紛争ではアルゼンチン空軍アルゼンチン航空から徴用したボーイング707を観測機として使用している。

このほか、短距離の洋上哨戒や国境の監視、密輸入・密入国の追跡、道路渋滞など交通状況の把握[1]などにも観測機が使われる事がある。警察や税関、国境警備隊などが少数装備しており、こちらもヘリコプター(ベル206BK117など)や軽飛行機が用いられる事が多い。

主な観測機編集

第二次世界大戦終戦まで編集

  大日本帝国
  アメリカ合衆国
  • ノースアメリカン O-47
  • パイパー L-4/O-59 グラスホッパー (陸軍
  • スチンソン L-5/O-62 センチネル (陸軍)
  • ヴォート OS2U キングフィッシャー (海軍
  • カーチス SOC シーガル (海軍)
  • カーチス SC シーホーク (海軍)


第二次世界大戦後編集

  アメリカ合衆国
  イギリス
  オーストラリア

注釈編集

関連項目編集