角居 勝彦(すみい かつひこ、1964年3月28日 - [2])は日本中央競馬会 (JRA) 栗東トレーニングセンターに所属していた元調教師である[2]。一般財団法人 ホースコミュニティ代表理事[3]

角居勝彦
Katsuhiko-Sumii20110116.jpg
2011年の第58回日経新春杯の表彰式にて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 石川県金沢市[1]
生年月日 (1964-03-28) 1964年3月28日(57歳)
所属団体 JRA
初免許年 2000年(2001年開業)
引退日 2021年2月28日
通算勝利 中央5510戦762勝
地方95戦26勝
海外29戦5勝
重賞勝利 中央82勝
地方14勝
海外5勝
G1級勝利 中央26勝
地方7勝
海外5勝
経歴
所属 栗東・中尾謙太郎(1986.10 - 1996.12)
栗東・松田国英(1997.1 - 開業)
栗東T.C.(開業 - )
主な管理馬 シーザリオ
カネヒキリ
ウオッカ
ヴィクトワールピサ
エピファネイア
テンプレートを表示

人物編集

石川県金沢市出身[1]。実家は競馬とは無縁の家庭であった[1]

石川県立金沢桜丘高等学校卒業後、大学受験の失敗などもありグランド牧場北海道)に就職する。グランド牧場で3年ほど働いた後に「競馬場の馬たちの実際に触れてみたい」とする気持ちが強くなる[4]。その後、JRA競馬学校を経て栗東トレーニングセンターの中尾謙太郎厩舎及び松田国英厩舎で調教助手を務め[4]2000年に調教師免許を取得した[2]。厩舎開業は2001年である[4]

重賞競走初勝利は、2002年東京スポーツ杯2歳ステークスのブルーイレヴン[5]。その後、デルタブルースカネヒキリウオッカヴィクトワールピサなどのGI馬を管理すると共に、2005年から2014年にかけて「最多賞金獲得調教師賞」もしくは「最多勝利調教師賞」を幾度も獲得している(「表彰歴」の節を参照)。

2018年7月6日道路交通法違反(酒気帯び運転)の現行犯で滋賀県草津警察署により逮捕され[6]、JRAは角居を同日付で裁定委員会の議定があるまで暫定的に調教停止処分とした。11月7日、JRAは第2回裁定委員会を行い、日本中央競馬会競馬施行規程第147条にある「競馬の公正確保について業務上の注意義務を負う者としてふさわしくない非行のあった者」に該当するとして、逮捕された2018年7月6日から2019年1月6日までの半年間の調教停止処分とした[7][8]。なお、角居の全管理馬78頭はこの期間中は中竹和也厩舎に臨時貸付の形で同厩舎へ転厩した[9]。また、調教停止が解かれたと同時に、当初は同厩舎に所属予定であった元騎手の林満明を調教助手として迎え入れている。

家庭内の事情により家業(角居自身も既に信者となっている天理教の仕事)を実母より継ぐことを目的として、2021年2月をもって調教師を勇退し、厩舎を解散[10][11]

勇退直前に受けたインタビューでは「一番強かった馬は、ウオッカ」「一番速かった馬は、ハットトリック」「一番頭を抱えた馬は、ブルーイレヴン」「一番好きな馬は、シーザリオ」と答えている[12]

調教師成績編集

日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初出走 2001年3月11日 1回阪神6日6R 4歳上500万下 セトノマックイーン[13] 10頭 3 5着
初勝利 2001年3月24日 2回阪神1日9R 山陽特別 スカイアンドリュウ[13] 15頭 6 1着
重賞初出走 2001年4月1日 3回中山4日11R ダービー卿チャレンジトロフィー センターフレッシュ 14頭 10 11着
重賞初勝利 2002年11月16日 4回中山5日11R 東京スポーツ杯2歳ステークス ブルーイレヴン 8頭 1 1着
GI初出走 2001年12月2日 5回阪神2日11R 阪神ジュベナイルフィリーズ シェーンクライト 18頭 13 10着
GI初勝利 2004年10月24日 4回京都6日11R 菊花賞 デルタブルース 18頭 8 1着

通算成績編集

1着 2着 3着 4着以下 出走回数 勝率 連対率 3着以内率
中央 平地 743 595 476 3599 5413 .137 .247 .335
障害 19 9 14 55 97 .138 .248 .433
地方 26 17 19 33 95 .274 .453 .653
海外 5 1 4 19 29 .172 .207 .345
793 622 513 3706 5634 .141 .251 .342
  • 2021年2月28日厩舎解散時点

表彰歴編集

代表管理馬編集

GI競走優勝馬編集

重賞競走優勝馬編集

主な厩舎スタッフ編集

  • 清山宏明(2007年 - 2021年 調教助手。2002年に騎手を引退し、領家政蔵厩舎~服部利之厩舎を経て角居厩舎に移籍)
  • 林満明(2019年 - 2021年 調教助手。当初は中竹厩舎所属の予定であったが、角居の調教停止期間満了による調教再開の兼ね合いもあり、調教助手従事開始直前に林の所属先が変更された[33])。
  • 吉岡辰弥(2008年3月 - 2018年6月 調教助手。2019年に調教師免許試験に合格。2019年3月新規開業。)
  • 辻野泰之(2006年10月 - 2020年 調教助手。2020年に調教師免許試験に合格。角居厩舎の解散と入れ違いで2021年3月新規開業。角居厩舎から管理馬を引き継ぐ。)

福祉活動編集

角居は引退した競走馬の処遇を考えるなかで[34]、障害者を対象とした乗馬の普及支援団体「Reins」の設立と活動に協力[35][36]。また一般財団法人・ホースコミュニティを設立し[3]、代表理事を務め、2011年より開催されている[37]関連イベント「サンクスホースデイズ」の実行副委員長を務める[34]。こちらの幹事の方は調教師引退後も継続する方針である[38]

調教師勇退後の2021年5月からは、石川県珠洲市で余生を送る引退馬ドリームシグナルと地元の児童らとともに海水浴場として人気の高い鉢ケ崎海岸の清掃活動を行っている[39]

脚注・出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c “【駆ける魂】引退馬のキャリア支援 中央競馬調教師・角居勝彦(下)”. 日経電子版. 日本経済新聞社. (2017年9月10日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO20818020W7A900C1US0000/ 2018年1月6日閲覧。 
  2. ^ a b c 競馬データベース - 調教師 - 角居 勝彦(スミイ カツヒコ)”. 競馬ラボ. 2018年7月6日閲覧。
  3. ^ a b 法人概要”. 一般財団法人 ホースコミュニティ. 2018年1月6日閲覧。
  4. ^ a b c 私の競馬はちょっと新しい 第28回 中央競馬調教師 角居勝彦さん”. JRA-VAN. p. 1-6 (2017年9月10日). 2018年1月6日閲覧。
  5. ^ 第4回 中山競馬成績集計表 (PDF)”. 日本中央競馬会. pp. 3283-3284. 2015年11月16日閲覧。
  6. ^ “JRAの角居勝彦調教師、酒気帯び運転容疑で現行犯逮捕”. 朝日新聞デジタル. (2018年7月6日). https://www.asahi.com/articles/ASL7636TLL76PTJB001.html 2019年8月25日閲覧。 
  7. ^ “JRAニュース 「調教師 角居 勝彦の道路交通法違反」に関する処分について” (プレスリリース), 日本中央競馬会, (2018年11月7日), http://jra.jp/news/201811/110702.html 2019年8月25日閲覧。 
  8. ^ “酒気帯び運転の角居勝彦師 来年1月6日まで半年間の調教停止”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2018年11月7日). https://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2018/11/07/kiji/20181107s00004048164000c.html 2018年11月7日閲覧。 
  9. ^ 角居 勝彦調教師(栗東)の調教停止に伴う管理馬の転厩について - 日本中央競馬会 2018年7月6日
  10. ^ “競馬界に衝撃! 角居厩舎解散!! ウオッカ、ヴィクトワールピサ輩出の名門”. デイリースポーツ. 神戸新聞社. (2018年1月6日). https://www.daily.co.jp/horse/2018/01/06/0010872945.shtml 2018年1月6日閲覧。 
  11. ^ G1・24勝の角居調教師、天理教の仕事継ぐため2021年2月で勇退 - スポーツ報知 2018年1月6日
  12. ^ 今だから言える“角居勝彦調教師の一番○○の話” 講談師・旭堂南鷹がド直球インタビュー! – 東京スポーツ新聞社” (日本語). 東スポWeb – 東京スポーツ新聞社. 2021年2月26日閲覧。
  13. ^ a b 角居勝彦 - プロフィール”. netkeiba.com. 2015年11月7日閲覧。
  14. ^ a b c d “調教師部門、角居師も初リーディング獲得”. サンケイスポーツ. (2011年12月26日) 
  15. ^ a b “角居勝彦師、3年連続で最多勝利調教師賞”. サンケイスポーツ. (2013年12月31日) 
  16. ^ “競馬 JRA賞授賞式 ハープスターがドバイでライアン・ムーア騎手とコンビ”. スポーツ報知: p. 11. (2015年1月27日) 
  17. ^ デルタブルース”. netkeiba.com. 2016年4月21日閲覧。
  18. ^ シーザリオ”. netkeiba.com. 2016年4月21日閲覧。
  19. ^ カネヒキリ”. netkeiba.com. 2016年4月21日閲覧。
  20. ^ ハットトリック”. netkeiba.com. 2016年4月21日閲覧。
  21. ^ フレンドシップ”. netkeiba.com. 2016年4月21日閲覧。
  22. ^ ウオッカ”. netkeiba.com. 2016年4月21日閲覧。
  23. ^ トールポピー”. netkeiba.com. 2016年4月21日閲覧。
  24. ^ ヴィクトワールピサ”. netkeiba.com. 2016年4月21日閲覧。
  25. ^ ルーラーシップ”. netkeiba.com. 2016年4月21日閲覧。
  26. ^ アヴェンチュラ”. netkeiba.com. 2016年4月21日閲覧。
  27. ^ エピファネイア”. netkeiba.com. 2016年4月21日閲覧。
  28. ^ サンビスタ”. netkeiba.com. 2016年4月21日閲覧。
  29. ^ ラキシス”. netkeiba.com. 2016年4月21日閲覧。
  30. ^ リオンディーズ”. netkeiba.com. 2016年4月21日閲覧。
  31. ^ キセキ”. netkeiba.com. 2017年10月23日閲覧。
  32. ^ 中竹和也厩舎所属時に、ホープフルステークスを制している。
  33. ^ 競馬の天才! Vol.5(2019年3月号)「今月の悪魔の壁穴」
  34. ^ a b 角居師、障害者乗馬普及イベントに協力” (日本語). デイリースポーツ. p. 1 (2012年11月16日). 2015年11月7日閲覧。
  35. ^ 村上和巳 (2010年6月). “村上和巳の編集員通信「“Reins(手綱)が活動開始”」” (日本語). 競馬ブックコーナー. インターグロー. 2015年11月7日閲覧。
  36. ^ 心ゆたかに 広報委員長が訊く (2) 「『障害者乗馬』を多くの方に知ってもらいたい」 (PDF)”. 京都馬主協会 (2010年). 2015年11月7日閲覧。
  37. ^ 癒しテーマ「サンクスホースデイズ」開催” (日本語). 日刊スポーツ (2011年10月11日). 2015年11月7日閲覧。
  38. ^ “競馬界初!角居師にシチズン賞“ホースコミュニティ”事業評価(2/2ページ)”. サンケイスポーツ. (2018年1月31日). http://race.sanspo.com/keiba/news/20180131/etc18013105000001-n2.html 2018年1月31日閲覧。 
  39. ^ 引退競走馬、清掃隊長に 元調教師・角居さん珠洲で活動 鉢ケ崎海岸、児童と美化|地域|石川のニュース|北國新聞” (日本語). 北國新聞. 2021年5月26日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集