角川(かどかわ)は、富山県魚津市を流れる二級河川。角川水系の本流である。旧名は、桂川、鹿途川[2]角川書店(現:KADOKAWA)創設者・角川源義の名字はこの川の名前より名付けられたものである。地元住民の多くは「かどがわ」と言う。[要出典]

角川
角川 2007年10月21日撮影
魚津市新角川 上口橋(かみくちはし)より上流
水系 二級水系 角川
種別 二級河川
延長 15.5[1] km
平均の流量 -- m³/s
流域面積 42.8[1] km²
水源 木曾平
水源の標高 -- m
河口・合流先 富山湾
流域 富山県魚津市
テンプレートを表示

地理編集

富山県魚津市松倉付近の魚津山地(木曽平、片貝川および早月川分水嶺)に源を発する[1]。山間部の集落を北流し、魚津市街地を流れ、魚津市上口と魚津市新角川の境界から日本海に注ぐ。河口の真横には魚津補助港がある。

歴史編集

角川の名前の由来は、能登から鹿がこの地へ渡って来たので鹿途川とつけたものとされる[2]。 古くは、片貝川鴨川早月川などと並び、魚津城の防衛の役割も果たしていた。また、流水には上流の松倉金山や河原波金山の金気が含まれていたので、古くから黄金水と称していた。夏でも長く腐らないため、河口付近では往来する船が飲用水として利用していた[2]

河川施設編集

出典編集

  1. ^ a b c 『魚津の水循環 "水の恵み"を守り 育み 活かすために』(2012年3月、魚津市民生部環境安全課発行)9ページ。
  2. ^ a b c 角川日本地名大辞典 16 富山県(昭和54年10月8日、角川書店発行)241ページ