メインメニューを開く

角川マガジンズ

角川マーケティングから転送)
カドカワ > KADOKAWA > 角川マガジンズ

角川マガジンズ(かどかわマガジンズ、 KADOKAWA MAGAZINES)は、日本出版社KADOKAWAブランドの一つ。テレビ情報誌「ザテレビジョン」、エリア情報誌「ウォーカー」、生活情報誌「レタスクラブ」などのブランドを核に、雑誌・ムック、Webサイト、スマホアプリで情報コンテンツを展開している。

角川マガジンズ
前身 株式会社角川マガジンズ
種類 KADOKAWAブランド
設立日 2013年10月1日
本社郵便番号 102-8077
本社所在地 東京都千代田区五番町3-1 五番町グランドビル
外部リンク https://kadokawa-mg.kadokawa.co.jp/
テンプレートを表示

本項では、ブランドカンパニー化以前の株式会社角川マガジンズについても解説する。

目次

沿革編集

  • 2007年1月4日 - 株式会社角川グループホールディングス(現・KADOKAWA)から子会社株式会社角川・エス・エス・コミュニケーションズの管理事業を新設分割し、株式会社角川・エス・エス・コミュニケーションズ及び株式会社角川マガジンズ(初代)の持株会社として株式会社角川マガジングループを設立[1]
  • 2008年4月1日 - 株式会社角川グループホールディングスからクロスメディア事業ドメインに属する関係会社の管理事業を分社型簡易吸収分割により承継し、株式会社角川マーケティング(初代)に商号変更[2]
  • 2009年3月1日 - 子会社株式会社角川ザテレビジョンと株式会社角川クロスメディアが吸収合併し、株式会社角川マーケティング(2代目)に商号変更。それに伴い、クロスメディア事業の中間持株会社、株式会社角川マーケティング(初代)は、商号を株式会社角川メディアマネジメントに変更[3]
  • 2010年4月1日 - 株式会社角川マーケティング(2代目)を吸収合併し、事業持株会社への移行に伴い、商号を株式会社角川マーケティング(3代目)に変更[4]
  • 2011年1月1日 - 株式会社角川・エス・エス・コミュニケーションズを吸収合併[5]
  • 2011年2月28日 - 株式会社角川マーケティング(3代目)の吸収分割により、子会社株式会社角川マガジンズ(初代)を株式会社エンターブレインに譲渡。
  • 2011年7月1日 - 商号を株式会社角川マガジンズに変更。
  • 2013年10月1日 - KADOKAWAに吸収合併され、ブランドカンパニーとなった[6]
  • 2015年4月1日 - KADOKAWAがブランドカンパニー制を廃止し、ジャンルごとの事業局に再編。角川マガジンズのブランド自体は存続。

株式会社角川マガジンズ編集

2007年1月、株式会社角川グループホールディングスの株式会社角川・エス・エス・コミュニケーションズ管理事業を新設分割し、株式会社角川・エス・エス・コミュニケーションズと株式会社角川マガジンズ(初代)の持株会社として株式会社角川マガジングループを設立。

2008年に株式会社角川マーケティングに社名を変更すると共に、角川書店及び角川グループホールディングスから角川ザテレビジョン角川クロスメディア角川デジックス角川モバイル、ムービーゲート、角川メディアハウスなどのクロスメディア系事業会社の経営管理の統括業務を譲受し、角川グループの中間持株会社として、クロスメディア事業全般を統括することになる。

2009年3月1日、株式会社角川メディアマネジメントに商号変更。同時に、子会社の角川ザテレビジョンと角川クロスメディアを合併させ、角川マーケティング(2代目)とした[3]

2010年4月1日付で事業子会社の株式会社角川マーケティングと合併し、再度株式会社角川マーケティングに商号変更する。この合併により、テレビ情報誌『ザテレビジョン』エリア情報誌『ウォーカー』の編集・発行、情報サイト『ウォーカープラス』『Movie Walker』『webザテレビジョン』の運営、角川マーケティング及び角川書店(3代目)の広告事業を行う事業持株会社となる。

2011年1月1日付で角川・エス・エス・コミュニケーションズを吸収合併し、生活情報誌(『レタスクラブ』)が加わり、2011年7月1日に株式会社角川マガジンズに社名変更。同年2月28日にエンターブレインへ譲渡し、3月1日に吸収合併された元子会社角川マガジンズ(旧社)と同名となる。

2013年10月1日にKADOKAWAに吸収合併され、ブランドカンパニーとなった。

角川マーケティング(2代目)編集

2006年4月1日、株式会社角川書店(2代目)の人的新設分割により、テレビ情報事業(『ザテレビジョン』)の編集・発行会社として株式会社角川ザテレビジョンが設立される。同年6月に、角川ザテレビジョンが子会社角川インタラクティブ・メディアを吸収合併し、テレビ番組表の制作・配信業務が追加される。2008年4月1日、株式会社角川マーケティングが親会社となる。

2009年3月1日に、角川ザテレビジョンが角川クロスメディアを吸収合併し、株式会社角川マーケティング(2代目)に商号変更。エリア情報誌『ウォーカー』の編集・発行、地域情報サイト『ウォーカープラス』の運営、広告事業などが追加される。2010年4月1日、持株親会社株式会社角川メディアマネジメントに吸収合併され解散。

角川インタラクティブ・メディア編集

1999年12月に、角川書店のコンテンツのデジタルデータベース化(テレビ番組表データの制作・配信)を手がける子会社として株式会社角川インタラクティブ・メディアを設立。当初は角川書店のほか住友商事、東芝、トランスコスモス、主婦の友社も出資。同社は、2004年7月から「ザテレビジョン」等のテレビ情報誌3誌に関する編集業務を、角川書店雑誌事業部から受託する。2006年4月に角川ザテレビジョンが親会社となり、同年6月に角川ザテレビジョンに吸収合併され解散。

角川クロスメディア編集

角川クロスメディアは、主に『Tokyo Walker』などの地域情報誌などの編集・発行や旧角川書店グループの広告事業、『ウォーカープラス』などのインターネットによるオリジナルコンテンツの展開、通販事業、カスタムマガジン事業を行っていた。事業コンセプトは「興味喚起・行動喚起・行動支援

2006年4月1日、株式会社角川書店(2代目)の人的新設分割により、ウォーカー事業部、広告事業部、ダイレクトマーケティング事業部等の継承会社として株式会社角川クロスメディア(かどかわクロスメディア、KADOKAWA X MEDIA CO.,LTD.、略称KXM)が設立。同年6月には株式会社ウォーカープラスと株式会社角川書店北海道を吸収合併している。2008年4月1日、株式会社角川マーケティングが親会社となる。2009年3月、角川ザテレビジョンに吸収合併され解散。

ウォーカープラス編集

2000年2月21日に、角川書店、米Ticketmaster Online-CitySearch,Inc.、JCB住友商事トランス・コスモス主婦の友社の出資により、地域ポータルサイトを運営する新会社として株式会社ウォーカープラス・ドット・コムを設立[7]。2004年2月、社名を株式会社ウォーカープラスに変更[8]。2005年9月子会社株式会社ムービータイムを設立。2006年4月に角川クロスメディアが親会社となり、同年6月に角川クロスメディアに吸収合併され解散。

株式会社ウォーカープラスは、地域情報サイト『ウォーカープラス』から始まり、映画情報サイト『MovieWalker』、グルメ情報サイト『グルメWalker』、結婚情報サイト『WeddingWalker』、出前情報サイト『宅配Walker』、旅情報サイト『TravelWalker』、占いサイト『占いWalker』、ヘアサロン情報サイト『SalonWalker』、部屋探しサイト『RoomWalker』の領域に拡大。『ウォーカーオンラインストア』(後の角川オンラインショップ)を開設し通販事業にも参入した。

角川書店北海道編集

2000年3月2日に、都市情報誌『北海道ウォーカー』を編集・発行する角川書店の完全子会社として北海道札幌市中央区に設立。2006年4月に角川クロスメディアが親会社となり、同年6月に角川クロスメディアに吸収合併され解散した。『北海道ウォーカー』の他に、時を遊ぶ大人のマガジン『グランジェ』(北海道新聞社と共同)、ガイドブック『BIGRUN北海道』を刊行。

角川・エス・エス・コミュニケーションズ編集

セゾングループの出版社として設立。2001年8月角川グループ傘下入り。2007年1月4日に、株式会社角川グループホールディングスの会社分割により株式会社角川SSコミュニケーションズの管理事業を株式会社角川マガジングループに移管。2011年1月1日株式会社角川マガジンズに吸収合併され解散。

株式会社角川マガジンズ(初代)編集

角川マガジンズ(初代)は、雑誌『花時間』『CDでーた』『DVDでーた』、ムック・書籍等の編集・発行会社(2007年の設立から2009年までの発売元は角川SSコミュニケーションズ、2009年から2011年の発売元は、角川グループパブリッシング)。 2007年1月4日に、株式会社角川書店(2代目)雑誌事業部(CDでーた、DVDでーた、花時間)の新設分割により、株式会社角川マガジングループの100%子会社株式会社角川マガジンズ(初代)として設立。2011年2月28日株式会社角川マーケティングから吸収分割により株式会社エンターブレインへ親会社が異動した上で [9]、翌日の3月1日に株式会社エンターブレインに吸収合併され解散した[10]。なお2009年9月から解散までの角川マガジンズ(初代)社長は、角川マガジンズ(2代目)社長の太田修である[11]

営業所編集

主な出版物編集

主に老舗テレビ雑誌「ザテレビジョン」や、旧角川クロスメディアから引き継いだ「○○ウォーカー」(○○ Walker(○○は地区名))などの都市情報系雑誌を手がけている。

テレビ情報誌編集

エリア情報誌編集

2015年12月現在、日本国内6地区と海外2地区、計8地区版が刊行されている。日本国内は関西版のみが隔週火曜日発売で、4地区版(東京、横浜、東海、福岡版)は毎月20日発売となっている。なお、台北版は台湾国際角川書店が発売している。

隔週刊
月刊
  • 東京ウォーカーTokyo Walker) - 販売当初は隔週刊だったが、2015年6月発行分より月刊に変更された。
ムック
  • 東海ウォーカーTokai Walker) - 販売当初は隔週刊だったが、2013年4月発行分より月刊に変更された。2017年10月号をもって休刊し、ムックに移行。
  • 横浜ウォーカーYOKOHAMA Walker) - 販売当初は隔週刊だったが、2013年4月発行分より月刊に変更された。2018年1月号をもって休刊し、ムックに移行。
  • 九州ウォーカーKyushu Walker)- 2009年6月9日発売号をもって休刊し、月刊誌の「福岡ウォーカー」に刷新(ただし「九州ウォーカー」としてのWeb版は継続)。ムックとして復活。
  • 北海道ウォーカー - 2009年6月20日発売号より月刊化。2012年1月20日発売号をもって月刊での発行終了し季刊化。2015年春号をもって休刊し、ムックに移行。
  • ファミリーウォーカー(Family Walker) - 家族で楽しめるイベント、おすすめスポットを紹介。関東・関西・東海・九州・北海道の5地区で刊行(関東以外は先頭に地区名が入る)。旧KXM時代は不定期刊行(夏休みなどに発売)していたが、2009年6月に月刊として正式創刊された。しかし2010年7月号で東海・九州・北海道の各版は休刊となり、関東・関西版も2010年12月発売号をもって月刊での発行を終了。2011年3月より関西ファミリーウォーカーが季刊化。関西ファミリーウォーカーも2018年4月号をもって休刊し、ムックに移行。
  • 千葉ウォーカーChiba Walker)- 1999年創刊。2009年3月31日発売号を最後に休刊。2009年から2013年までは東京ウォーカーの増刊誌。2014年からムックに移行。
  • 街角ウォーカー - 毎号1地域にしぼって特集。正式タイトルは「○○○ Walker」(○○○は地域名が入る。例えば大田区の場合は「大田区Walker」となる)
休刊
  • 福岡ウォーカー - 2009年6月20日創刊。2017年6月号で休刊し、ムック「九州ウォーカー」に刷新

生活情報誌編集

月刊

その他の雑誌編集

ムック
移管
  • 毎日が発見
休刊

新書編集

各種書籍編集

  • 毎日が発見ブックス
  • ギネス世界記録(2011年版より2014年版まで) - 角川アスキー総合研究所に移管。

カスタムマガジン編集

関連会社編集

連結子会社編集

持分法適用会社編集

脚注編集

  1. ^ 会社分割に関するお知らせ (PDF)”. KADOKAWA. 2018年7月7日閲覧。
  2. ^ 会社分割に関するお知らせ (PDF)”. KADOKAWA. 2018年7月7日閲覧。
  3. ^ a b 連結子会社 角川ザテレビジョンと角川クロスメディアの合併に関して (PDF)”. KADOKAWA. 2018年7月7日閲覧。
  4. ^ 有価証券報告書 (PDF)”. カドカワ. 2018年7月4日閲覧。
  5. ^ グループ企業再編に関するお知らせ (PDF)”. KADOKAWA. 2018年7月7日閲覧。
  6. ^ 連結子会社の吸収合併並びに商号及び定款の一部変更に関するお知らせ (PDF)”. KADOKAWA. 2018年7月7日閲覧。
  7. ^ 角川書店、地域ポータルサイトの新会社「ウォーカープラス・ドット・コム」設立”. インプレス. 2018年7月4日閲覧。
  8. ^ ウォーカープラス・ドット・コム事業拡大に伴い社名変更”. ソーシャルワイヤー. 2018年7月4日閲覧。
  9. ^ 株式会社エンターブレイン 臨時報告書 平成23年3月1日提出
  10. ^ 合併のお知らせ (PDF)”. エンターブレイン. 2018年7月7日閲覧。
  11. ^ 有価証券報告書 (PDF)”. カドカワ. 2018年7月7日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集