角川歴彦

日本の実業家 (1943-)

角川 歴彦(かどかわ つぐひこ、1943年昭和18年)9月1日 - )は、日本実業家映画プロデューサーアニメプロデューサー公益財団法人角川文化振興財団名誉会長一般社団法人日本映画製作者連盟顧問、一般社団法人映画産業団体連合会顧問。

かどかわ つぐひこ
角川 歴彦
角川 歴彦
本名 角川歴彦(かどかわ つぐひこ)
生年月日 (1943-09-01) 1943年9月1日(80歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
国籍 日本の旗 日本
職業 実業家
ジャンル 映画
活動内容 実写映画
アニメーション映画
テレビアニメ
OVA
配偶者 あり[1]
著名な家族 角川源義(父)
辺見じゅん(姉)
角川春樹(兄)
角川慶子(姪)
主な作品
実写映画

アニメーション

 
受賞
日本アカデミー賞
その他の賞
ゴールデングロス賞全興連会長特別賞1997年
藤本賞特別賞(1998年、2010年
エランドール賞特別賞2000年
新藤兼人賞プロデューサー賞(2023年
テンプレートを表示

株式会社メディアワークス代表取締役社長、株式会社角川書店代表取締役社長、株式会社角川グループホールディングス代表取締役会長兼CEO、株式会社KADOKAWA(現・株式会社KADOKAWA Future Publishing)取締役会長、カドカワ株式会社(現・株式会社KADOKAWA)取締役会長、東京メトロポリタンテレビジョン株式会社取締役、公益財団法人角川文化振興財団理事長、学校法人角川ドワンゴ学園理事、一般社団法人アニメツーリズム協会理事長、日本雑誌協会理事長、日本映像ソフト協会会長、コンテンツ海外流通促進機構代表幹事、東京国際映画祭チェアマン、内閣官房知的財産戦略本部本部員[2]、公益財団法人大宅壮一文庫評議員などを歴任した。

来歴

編集

生い立ち

編集

東京都出身[3]。父は角川書店創業者の角川源義[3]。のちに角川書店社長となる角川春樹は兄、歌人辺見じゅんは姉で、三人の母は冨美子(旧姓鈴木)。両親が離婚した際、歴彦は冨美子が育てるはずだったが、離別の際に源義に抱かれて奪われ、結局源義が育てることになった[4]早稲田大学高等学院を経て、早稲田大学第一政治経済学部政治学科を卒業した。

実業家として

編集
 
2011年6月21日東京都にて

角川書店には1966年の大学卒業と同時に入社[3]。1971年から、NHKで放送されていた『日本史探訪』の書籍化を企画担当して成功させ、角川書店の救世主的出版となる[5]

1973年取締役となり、1975年専務1992年に副社長に昇格し[3]、その堅実な経営手腕は社長である兄・春樹と会社経営の両輪をなした[6]。かつてアメリカに留学したときにテレビのブラウン管や雑誌などのメディアへの理解が深まり[7]、子会社の株式会社ザテレビジョンの社長として1982年にテレビ情報誌の『ザテレビジョン』、1990年に都市生活情報誌の『東京ウォーカー』など雑誌部門を育てて、春樹の映画の業績不振の中で大きな収益を上げ、経営に貢献したと言われる[8]。ゲーム分野の子会社の角川メディアオフィスの社長も兼務し、佐藤辰男と出会って会社に迎え入れ、力を合わせてゲーム雑誌『コンプティーク』を立ち上げ[9]、その後『マル勝スーパーファミコン』『コミックコンプ』などゲーム雑誌・漫画雑誌も出版してマニア層をターゲットにしたメディアミックスを進めていた[10]。しかし、1992年9月に経営路線の対立で、春樹により角川書店副社長を辞任させられる[3]。佐藤辰男ら角川メディアオフィスの従業員のほとんどが、歴彦について退社した。歴彦は主婦の友社紀伊國屋書店などの協力を得てメディアワークス(現在は角川グループ系列)を創業し、翌年2月付でメディアワークス社長に正式に就任した[3][11]。『月刊電撃コミックGAO!』『電撃PCエンジン』など5誌や電撃文庫が創刊[12][13][14]。しかし、春樹がコカイン密輸事件により逮捕され、角川書店社長を解任されたことから、1993年9月に顧問として角川書店復帰、同年10月に社長に就任した[3]

就任後、歴彦は同族経営から脱却するため経営幹部を交代し、1998年11月に東証2部に上場し、後に角川グループを成長させ、一ツ橋グループ小学館集英社)や音羽グループ(講談社)に対抗して総合メディア企業を目指した[8]。角川書店の方向性は一般大衆からおたく中心のプラットフォームに変わり、現在に至っている。テーブルトークRPGをモデルにして、春樹とは異なる世界観を中心としたメディアミックスを立ち上げた[15]。一時撤退していた映画事業にヘラルド・エースを買収することで復帰し、『失楽園』『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生』など「新角川映画」も大ヒット[16]

2003年4月、角川書店を角川ホールディングス商号変更するとともに持ち株会社化し、同社の代表取締役社長と最高経営責任者に就任した。また、角川ホールディングスから出版事業を譲渡された角川書店(角川ホールディングスの子会社として会社分割により新設)では、代表取締役会長と最高経営責任者に就任した。2005年4月、角川ホールディングスの代表取締役会長に就任するとともに、最高経営責任者も引き続き兼務。角川書店を始めとする角川グループを率いた。2006年7月、角川ホールディングスを角川グループホールディングスに商号変更したが、引き続き代表取締役会長と最高経営責任者を兼務。2002年より社団法人日本映像ソフト協会会長を務めるなど、出版・映像関連の業界団体の多くで役員を務めている。また、 東京国際映画祭ではチェアマンを務めた。

その後、角川グループホールディングスの代表取締役と最高経営責任者を退任、代表権のない取締役会長となり、経営の第一線から退いた。2012年には、角川書店の会長職からも退いた。その後は角川マガジンズブックウォーカーの取締役会長や、角川書店の取締役を務める。2013年6月22日、角川グループホールディングスがKADOKAWAに商号変更し、それにともない同社の取締役会長に就任した。

2014年10月にKADOKAWAとIT企業のドワンゴが経営統合し、持株会社KADOKAWA・DWANGO(現・KADOKAWA)の取締役相談役、2017年6月に取締役会長へ就任した。同社及びドワンゴ代表取締役の川上量生を後継者としていたが、2019年の業績低迷により解任された[17]

KADOKAWAグループの不祥事をめぐって

編集

2022年9月6日東京オリンピック・パラリンピックの大会スポンサーの選定を巡り、大会組織委員会の元理事・高橋治之の知人が経営する会社にコンサルタント料名目の金約7600万円を支払ったとして、KADOKAWAの元専務ら2人が贈賄容疑で逮捕され、KADOKAWA本社や会長である角川歴彦の自宅も家宅捜索を受けた[18][19]

角川歴彦は9月5日、報道各社の代表取材に応じ「賄賂を渡したという認識はない」として関与を否定したが[20]9月14日贈賄容疑で逮捕された[21]。角川歴彦は同社元専務、元担当室長の両容疑者と共謀し、大会スポンサーに選定されるよう高橋容疑者に依頼、便宜を図ってもらった謝礼などとして2019年9月〜2021年1月、計約6900万円の賄賂を提供した疑いである[20]

10月4日、東京地検特捜部に贈賄罪で起訴され[22]、同日、会長職を辞任する意向を弁護団を通じて明らかにした[23]。5日、KADOKAWAの取締役会は辞任の申し出を承認した[24]。11月4日、KADOKAWA会長の辞任後も留任していた取締役を辞任し、兄・角川春樹のコカイン密輸事件以降率いてきたKADOKAWAの経営から完全に退くことになった[25]

2023年4月27日、東京地裁は角川の保釈を認める決定をした[26]。保釈保証金は2億円[26]。検察側は決定を不服として準抗告したが[26]、東京地裁はこれを退け、同日夜、角川は約7か月ぶりに勾留を解かれ保釈された[27]

人物

編集

映画

編集
 
2018年10月24日佐藤浩市(右端)、ウィリアム・F・ハガティ(右から2人目)らと(佐藤とハガティの間にいるのが角川)

角川大映映画の会長、日本ヘラルド映画の取締役、角川ヘラルド映画の会長兼最高経営責任者などを歴任するとともに、映画のプロデュースなどにも携わったことから、兄の春樹と同じく多数の映画を企画、製作し、「出版社が映画を作った」から「映画を事業としてやる会社」への変化は佐藤辰男に評価された[28]

1998年3月6日第21回日本アカデミー賞授賞式にて、「観客動員に於て多大な成績をあげ、日本映画復興の大いなる原動力となりました。これらの作品を企画、製作された着眼点と、素晴らしい実行力に敬意を表して栄誉を称えたい」[29] との理由により、日本アカデミー賞協会特別賞を授与された。

そのほかにも、1997年12月にはゴールデングロス賞全興連会長特別賞を授与され、1998年6月、2010年6月には藤本賞特別賞を授与され[30][31]2000年1月には日本映画テレビプロデューサー協会からエランドール賞特別賞を授与されるなど[32]、製作者に与えられる各賞を受賞している。

著作権

編集

DVDのコピーガードの解除や特定のリージョンコード以外のDVDを再生する行為に反対している一人である。一方で同人文化に許容を示し、積極的に同人作家からの新人発掘を薦めたり、MADムービーなどにも一定の理解を示してYouTubeでの公認MADムービー制度を作り上げるなど、柔軟な姿勢を取っている。著書『クラウド時代と〈クール革命〉』を出した際には[33]、期間限定で全文無料公開した。

将棋界との縁

編集

少年時代、日本将棋連盟奨励会初等科(現在の研修会に近いもの)に入っていた。高柳敏夫名誉九段門下で、中原誠十六世名人と兄弟弟子であった。当時の級位は10級。元々、将棋に熱中していた父・源義の意向で入会したが、退会も父が勝手に決めてしまったという[34]。その縁もあって、KADOKAWA・DWANGO相談役に就任後、「将棋電王戦FINAL」において将棋電王戦エグゼクティブ・プロデューサーとなった。歴彦は1995年日本将棋連盟よりアマチュア四段を贈られていたが[35][注 1]、電王戦FINAL記者発表会に際してアマチュア五段に昇段している[36]。なお、兄の角川春樹も、井伏鱒二宅で文士たちと将棋対局して、「手合い違いというのか、私たちのメンバーが散々な目にあったことがある」と、アマチュアとしては相当な腕として言及されている[37]

エピソード

編集

家族・親族

編集

妻はKADOKAWA社員で不動産会社も所有している[1][17]

略歴

編集
 
2009年6月19日カルチュア・コンビニエンス・クラブ社長増田宗昭(左)、ザ・アール社長奥谷禮子(右)と

賞歴

編集

作品

編集

実写映画

編集

テレビドラマ

編集

アニメーション映画

編集

テレビアニメ

編集

ゲーム

編集

書籍

編集

出演

編集

実写映画

編集

脚注

編集

注釈

編集
  1. ^ 大学時代、奨励会初等科同期で棋士となっていた米長邦雄に二枚落ちで勝ったためにアマチュア四段取得の推薦を持ちかけられたが、父が三段だったためにこの時は辞退したという。

出典

編集
  1. ^ a b 篠田博之 (2023年4月28日). “KADOKAWA前会長・角川歴彦氏保釈に至る過程で、実は「人質司法」による深刻な事態が起きていた”. Yahooニュース. 創出版. 2023年4月28日閲覧。
  2. ^ 坂村健×角川歴彦 対談イベント開催のお知らせ』(プレスリリース)株式会社KADOKAWA / 株式会社角川アスキー総合研究所、2017年8月17日https://www.enterbrain.co.jp/media/transfer/doc/pdf/news170821.pdf2023年4月27日閲覧 
  3. ^ a b c d e f g 降旗淳平「【時代のリーダー】角川歴彦・角川書店社長--メガソフトウエア・パブリッシャーを目指す--『最初が妙手』将棋で鍛えた勝負勘--復帰前1年の苦労を糧に会社を救う」『【時代のリーダー】角川 歴彦・角川書店社長:日経ビジネスオンライン[リンク切れ]日経BP2009年5月27日
  4. ^ 大塚英志 (2015年1月30日). “角川歴彦とメディアミックスの時代 【第4回】セヴンティーン”. 最前線. 星海社. 2023年4月27日閲覧。
  5. ^ 鎗田清太郎『角川源義の時代―角川書店をいかにして興したか』P248-249
  6. ^ 岩上安身. “誰も書かなかった「角川家の一族」”. 『宝島30』1993年11月号、宝島社. 2011年3月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年4月27日閲覧。
  7. ^ 大塚英志 (2014年6月4日). “「角川歴彦とメディアミックスの時代・序」モニターとしてのブラウン管”. 最前線. 星海社. 2023年4月27日閲覧。
  8. ^ a b c 春樹と歴彦 「角川家」の祟り”. 文藝春秋 (2022年10月7日). 2023年6月15日閲覧。
  9. ^ “ゲームの周りに凄い才能が集まっていた――日本のコンテンツ業界を振り返る「ゲーマーはもっと経営者を目指すべき!」第12回は,KADOKAWA代表取締役社長・佐藤辰男氏がゲスト”. 4Gamer.net (Aetas株式会社). (2013年7月4日). https://www.4gamer.net/games/999/G999905/20130704001/ 2023年4月27日閲覧。 
  10. ^ 「怪文書も飛びかった角川書店グループお家騒動の激震」『』1992年11月号、p.12
  11. ^ a b “【連載】中山淳雄の「推しもオタクもグローバル」第72回 日本最大の出版社KADOKAWA勃興秘話、編集人たちが創り上げたメディアミックス経営”. gamebiz. (2023年9月12日). https://gamebiz.jp/news/374524 2023年9月28日閲覧。 
  12. ^ 大森望、三村美衣『ライトノベル☆めった斬り!』太田出版、2004年、p.148
  13. ^ 榎本秋『ライトノベル文学論』NTT出版、2008年、pp.33-35
  14. ^ あかほりさとる、天野由貴『オタク成金』集英社アフタヌーン新書、2009年、pp.60-61
  15. ^ 大塚英志緊急寄稿「企業に管理される快適なポストモダンのためのエッセイ」”. 最前線. 星海社 (2014年5月17日). 2023年4月27日閲覧。
  16. ^ 大高宏雄『日本映画逆転のシナリオ』WAVE出版、2000年、pp.94-97,113
  17. ^ a b 「週刊文春」編集部 (2022年9月21日). “角川歴彦「乗っ取り人生」”. 週刊文春電子版. 文藝春秋. 2023年5月11日閲覧。
  18. ^ “角川歴彦会長らの自宅も捜索 7600万円収賄容疑で元理事を再逮捕”. 朝日新聞 (朝日新聞). (2022年9月6日). https://www.asahi.com/articles/ASQ963D3FQ94UTIL012.html 2022年9月8日閲覧。 
  19. ^ “KADOKAWA元専務ら逮捕 公式ガイドブック手がけ…五輪汚職か”. テレビ朝日 (テレビ朝日). (2022年9月6日). https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000267500.html 2022年9月8日閲覧。 
  20. ^ a b “逮捕の角川歴彦容疑者、創業家出身で30年近くトップの座”. 読売新聞オンライン. (2022年9月14日). https://www.yomiuri.co.jp/national/20220914-OYT1T50252/ 2022年9月15日閲覧。 
  21. ^ KADOKAWAの角川歴彦会長を逮捕 五輪汚職事件で贈賄容疑”. 朝日新聞デジタル (2022年9月14日). 2022年9月14日閲覧。
  22. ^ “角川歴彦会長を贈賄罪で起訴 部下との共謀、否定のまま 五輪汚職”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2022年10月4日). https://www.asahi.com/articles/ASQB43JSRQ9YUTIL049.html 2022年10月4日閲覧。 
  23. ^ “KADOKAWA会長が辞任表明 贈賄罪で起訴 五輪汚職”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2022年10月4日). https://mainichi.jp/articles/20221004/k00/00m/040/147000c 2022年10月4日閲覧。 
  24. ^ “KADOKAWA、角川歴彦会長が辞任 松原副会長も ガバナンス検証委員会を設置し原因究明”. ORICON NEWS (oricon ME). (2022年10月5日). https://www.oricon.co.jp/news/2251876/full/ 2022年10月5日閲覧。 
  25. ^ 角川歴彦被告が取締役を辞任 「責任重い」とKADOKAWA”. 共同通信 (2022年11月4日). 2022年11月8日閲覧。
  26. ^ a b c “角川歴彦KADOKAWA前会長の保釈認める決定、保釈金2億円”. 読売新聞. (2023年4月27日). https://www.yomiuri.co.jp/national/20230427-OYT1T50136/ 2023年4月27日閲覧。 
  27. ^ “【速報】角川歴彦被告が約7か月ぶり保釈 保証金2億円 KADOKAWA前会長 五輪汚職で東京地裁”. TBS NEWS DIG. (2023年4月27日). https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/459561?display=1 2023年4月27日閲覧。 
  28. ^ “【佐藤辰男×鳥嶋和彦対談】いかにしてKADOKAWAはいまの姿になったか──ライトノベルの定義は「思春期の少年少女がみずから手に取る、彼らの言葉で書かれたいちばん面白いと思えるもの」【「ゲームの企画書」特別編】”. 電ファミニコゲーマー. (2018年12月28日). https://news.denfaminicogamer.jp/projectbook/181228/2 2023年2月1日閲覧。 
  29. ^ 「協会特別賞」『日本アカデミー賞公式サイト』日本アカデミー賞協会。
  30. ^ 「第17回(平成9年)」『藤本賞(第20回〜第11回) -映画演劇文化協会』映画演劇文化協会。
  31. ^ 「第29回(平成21年)」『藤本賞(第30回〜第21回) -映画演劇文化協会』映画演劇文化協会。
  32. ^ 「2000年」『一般社団法人 日本映画テレビプロデューサー協会日本映画テレビプロデューサー協会
  33. ^ 角川歴彦著、片方善治監修『クラウド時代と〈クール革命〉』角川グループパブリッシング2010年
  34. ^ 鎗田清太郎『角川源義の時代 角川書店をいかにして興したか』角川書店 P.226
  35. ^ 『将棋世界』1995年3月号
  36. ^ 山崎春奈 (2014年11月26日). “「人類の、けじめの闘い」――プロ棋士VS.コンピュータ「将棋電王戦FINAL」、対戦カード決定”. ITmedia NEWS (アイティメディア). https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1411/26/news153.html 2023年4月27日閲覧。 
  37. ^ 山本亨介『将棋とっておきの話』(筑摩書房)P.6
  38. ^ 2019年3月期 有価証券報告書(2019年06月21日)”. プロネクサス. 2019年7月12日閲覧。
  39. ^ デジタルアーカイブ学会 第1回学会賞受賞者
  40. ^ 新藤兼人賞”. 日本映画製作者協会. 2023年11月24日閲覧。
  41. ^ 『バッド・ムービー・アミーゴスの日本映画最終戦争 邦画バブル死闘編〈2007‐2008年版〉』(洋泉社、2009年3月、柳下毅一郎江戸木純、クマちゃんの共著)236ページ

外部リンク

編集
先代
大洞國光
角川書店社長
(現・KADOKAWA KEY-PROCESS
第4代(1993年 - 2002年
次代
福田峰夫
先代
福田峰夫
角川ホールディングス社長
(現・KADOKAWA KEY-PROCESS
第6代(2003年 - 2005年
次代
本間明生