メインメニューを開く
将棋 > 将棋の戦法一覧 > 角換わり

角換わり(かくがわり)(地域・書籍によっては「角換(かくが)り」と呼ぶこともある)は将棋の代表的な戦法の一つである。序盤でを交換する。初級者から中級者にとっては、持駒の角を打ち込めるため、自由度が高い戦法である。しかし上級者以上になると、双方ともに角の打ち込みを避けようと自陣に気を配るため、指し手が限定される。プロであればなおのことである。対局者のレベルが上がるほど変化の幅が狭く、横歩取りと並んで精緻な研究が進んでいる。英語名称はBishop Exchange。

目次

戦法の概要編集

一般的に、先手が攻め込んで後手がカウンターを狙う。そのため、先手が攻め込むタイミングを外せば戦線膠着に陥り、千日手に至る。アマチュアにとってはつまらない展開だが、プロにとっては先手であること自体が僅かながら有利であるため、後手は千日手に持ち込めば作戦成功とみなされる。したがって「カウンター狙いの後手に対して、先手が攻めきれるのか」が数十年間研究され続けている角換わりのテーマである。先手の勝率が比較的高い戦法の一つであり、この戦法を得意とする代表的なプロ棋士として、谷川浩司丸山忠久などが挙げられる。

だが近年では後手の研究も進み、先手も攻めきるのは簡単ではなくなってきている。

角換わりにおいては、5筋の歩をつくと△3九角(後手なら▲7一角)から馬を作られるなど、自陣に隙が生じやすい。そのため「角換わりには5筋を突くな」という格言がある。

最初の共通手順(初手から12手まで)編集

▲7六歩△8四歩▲2六歩△3二金▲7八金△8五歩▲7七角△3四歩▲8八銀△7七角成▲同銀△4二銀と進む(昭和60年代までは5手目が▲2五歩だった)。途中、後手が角交換をして手損をしたように見えるが、先手が角を7七に動かした一手を無駄にしているので、双方手損はない。

先手の8八銀に対する後手の10手目で、△4二銀と変化することはできる。その場合、先手から▲2二角成と角交換をする。△同金の一手に、▲7七銀と進み、いずれ後手は壁金を解消する△3二金を指さなければならず、上述の手順と同型になる。

ここから角換わり棒銀角換わり腰掛け銀などの戦法へと移行する。かつては角換わり早繰り銀という戦法も採用されていたが、最近のプロの実戦ではあまり見られない。

(以下の変化は棒銀腰掛け銀早繰り銀を参照)

戦法の歴史編集

角換わりの中でも、半世紀以上の研究が続けられているのが、先後同型の角換わり腰掛け銀である。この戦法の研究を軸として、他の戦法の歴史も推移していった。したがって以下、角換わり腰掛け銀の歴史を中心に述べる。

木村定跡編集

第1図 角換わり相腰掛け銀の先後同形
△持駒 角
 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
 
▲持駒 角
38手目△3三銀まで

プロの角換わりは指し手が限定されるため、両者が慎重に駒組みを進めていく。その結果、40手目に駒組みが限界にまで達して手詰まりになる。ここで先手が攻めなければ千日手(すなわち先後交替で指し直し)なので、41手目に先手が攻撃開始を余儀なくされる。この攻めが成立するかが角換わり戦法の焦点となった。昭和30年代、この形に結論を出したのが木村義雄であった。現在では、41手目からの先手の攻めは、後手の投了近くまで研究がなされている。この41手目からの一連の指し手は木村定跡と称される。

木村定跡で先手優勢(先手勝勢に近い)であるため、絶対に後手はこの形にできない。そのため40手目に後手から攻め込まざるをえない。こうすると、木村定跡の応用で後手が指せることが分かった。つまりこの定跡は先手の悪手に後手が大悪手で返す形が前提だった。よって双方が矢倉囲いの中に玉を動かす前である39手目(現在の角換わり腰掛け銀同型、第図1)に先手が攻め込んだらどうなるかが課題となった。まだ昭和30年代には精緻な研究が成されていないものの、若干先手が指せるという見解が強かった(後述の富岡流によって一連の変化では先手勝勢、その他の変化でも先手が有利とされている)。そのため、後手はひたすら千日手を狙う専守防衛の構えをとった。この後手陣の撃破が困難なため、角換わり戦法は採用されなくなった。

飛車先保留編集

角換わりの歴史に大きな影響を与えた新手が、昭和60年代に発見された5手目の▲7八金であった。歩を突かないことで、▲2五桂と跳ねる余地を作ったのである。この飛車先の歩突き保留は、後の角換わり一手損戦法にも通じる発想であった。この手の発見によって、専守防衛を狙った陣形でも先手から打開することが可能になったため、よりカウンターの攻撃力が高い図の戦型に回帰することになった。

その後、昭和末期より約20年ほどの研究が積まれたが、第1図の形もやや先手が指せるという研究結果になっていた。そのため、一方的に攻められた上に主導権も握れない後手は、角換わりを採用する魅力を感じなくなった(佐藤康光のように、極力後手番でも角換わりを受けて立ち、なおかつカウンター狙いでなく攻撃姿勢をとっていた棋士もいるが、プロのなかでは少数派である)。後述する丸山新手が一時期先手必勝だと思われていたこと、さらに、1990年代末に出現した横歩取り8五飛戦法が高い後手勝率を誇ったため、後手がわざわざ角換わりを受けて立つ必要もなく、角換わりの採用率は低下していた。

丸山新手編集

第2図 角換わり相腰掛け銀の先手の仕掛け
△持駒 角歩四
 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
 
▲持駒 角

1992年度第34期王位戦予選▲丸山忠久 対 △米長邦雄で初めて指された。第1図から▲4五歩△同歩▲3五歩△4四銀▲1五歩△同歩▲2四歩△同歩▲7五歩△同歩と歩を突き捨てる。▲3五歩に△同歩と取ってしまうと後手にとって思わしくない展開になるため△4四銀とかわすのが定跡。この結果第2図となる。以降、▲2四飛△2三歩▲2九飛と進む。歩の突く順番は違えど、後述するヨニイナサン定跡と同じ局面となる。後手は桂頭を受けるために△6三金は必然。ここで▲1二歩△同香▲1一角と打ち込むのが丸山新手である。△2二角には▲同角成△同玉で戦場に近付いてしまう。米長は△3五銀とかわしたが、丸山が快勝し、一気に研究が進んだ。その結果、▲1一角には△2二角しかない、それでも先手必勝だと考えられ、角換わりの先後同形は姿を消した。

それに待ったをかけたのが佐藤康光で、2001年度第27期棋王戦第4局▲羽生善治 対 佐藤康光で▲1一角に△3五銀▲4五銀の交換を入れてから△2二角と打つ新手を披露した。対局は敗れたものの、結果は充分で羽生は2002年度第43回王位戦で後手を持って佐藤新手を用い勝利したことで、研究がさらに進み、丸山新手に対する決定打になったため、再び先後同形が復活した。

堀口新手編集

丸山新手が佐藤新手に駆逐され、先後同形は新たな時代に突入した。2003年第44回王位戦予選▲堀口弘治 対 △森下卓において指された。第2図以降、▲2四飛△2三歩と受けた局面で▲2六飛と浮き飛車に構えるのが堀口新手である。従来の▲2九飛に対する△3八角を嫌った手であるが、矢倉型と浮き飛車は相性が悪いとされているが、この対局で堀口が快勝。▲2六飛に△3五銀には▲2八飛と引いておいて、▲7四歩や▲4五桂を見せて先手が指せるとされ、▲2六飛車型が大流行した。

しかし、2009年度B級1組順位戦▲松尾歩渡辺明において、松尾の▲2六飛に対し、渡辺は△3五銀▲2八飛△3六銀▲2五桂△6三銀と銀で桂頭を受ける新手を指した。この対局で渡辺が快勝、研究が深まり▲2六飛型が駆逐された。

後手番一手損角換わり戦法編集

2000年代に入ると、後手番一手損角換わり戦法の出現した。既出の図において、もしも△8五歩が△8四歩であれば結論が変わりうる。先手飛車先保留と同様で、後手に△8五桂と跳ねる手が生じ、カウンターの破壊力がさらに増すからである。しかし将棋には一手パスというルールが存在しないため、30手ほど先の手詰まりを見越して、序盤に後手が無理矢理角交換を行う。単に「一手損」とも呼ばれる。

つまり「『一手損』戦法」と称するが、主旨としては「『一手パス』戦法」である。この状態で駒組みの飽和状態(38手目)に達すれば、39手目からの先手の攻撃に対して△8五桂からのカウンターが決まる可能性が高い。従って、先手は攻撃をせかされる形になる。不十分な形で攻め込むため、「一手パス」をした後手のカウンターが決まる場合もあるが、単に駒組みで「一手損」したことで、そのまま潰される可能性もある。

角換わり一手損戦法の流行には、他の戦法との関連も考慮に入れなければならない。まず横歩取りブームの沈静化である。8五飛戦法による後手勝率も下がり、横歩取りの魅力が低下している中、未だ定跡の開拓されていないこの戦法に注目が集まった。実はこの戦法も後手勝率は低いのだが、研究を外して力戦に持ち込めるというメリットも、力将棋に自信のあるプロが採用する要因であろう。

一手損角換わりは後手の勝率が盛り返し、2008年度の後手勝率5割超えに貢献した。 タイトル戦にも頻繁に現れ、いまや相居飛車の主要戦法のひとつになりつつある。

2013年時点では一手損角換わりの勝率は4割前半程度と言われており、一部のスペシャリストが採用する戦法とされている[1]

角換わり富岡流編集

富岡英作によって考案され、2009年第3回朝日杯将棋オープン戦1次予選▲富岡 対 △金井で初めて指された。第1図の先後同形では先手が指せるとは言われていたものの、結論は出ていなかった。富岡流は第1図以降、4筋から歩を突き捨て、2、1、7筋と突き捨て、3筋に歩を突くヨニイナサンが多く指されている。3筋の歩突きに対して△同歩と取ってしまうと▲4五桂から崩壊してしまうため、△4四銀と指すのが定跡(第2図)。その後、▲2四飛△2三歩▲2九飛と飛車先の歩を交換する。後手は桂頭を受けなければいけないため△6三金と受ける。以下▲1二歩△同香▲3四歩△3八角▲3九飛△2七角成▲1一角(丸山新手の応用)△2八馬と進む。ここで、飛車の逃げ先は4九と6九があり、どちらも先手が指せるとされていた。しかし富岡流では▲4四角成△3九馬と飛車を見捨てて飛車銀交換する。ここまでは数局実践譜があり、▲3三銀から攻めかかる手順があるものの、後手勝ちだと結論が出ていた。そこで▲3三銀に替えて▲2二歩と打つのが富岡流である(第3図)。

1号局では、金井は第3図の▲2二歩に危機を察知し、△4二玉と早逃げしたものの、▲2一歩成△4三金▲3三歩成△同金▲3四桂5二玉▲3三馬△6二玉▲4二桂成と進んだ。やや縺れはしたものの、富岡が勝ち、この対局を境に一気に研究が進んだ。

▲2二歩に△同金と取ると▲3三銀△同桂▲同歩成△4九馬▲2二と△4一玉▲7四桂△同金▲5三馬△5八馬▲7二歩△同飛▲6二歩△4二金▲4五桂△5三金▲同桂成△6二飛▲同成桂で後手玉に必至がかかり(第4図)、先手玉に詰みはないため先手が勝勢であろうと考えられ、先後同形が出ることは減った。しばらくは後手で抗った者もいたが、結局、先手必勝で間違いないと結論付けられ、先後同型は姿を消した。そのため、後手は桂をはねる手を保留したまま、△3三銀として矢倉に入城する手や△5二金に替えて△6二金から下段飛車にする手などが指されている。

2011年のA級順位戦1回戦、千日手指し直しの▲渡辺明 対 △郷田真隆戦では郷田が上記の定跡手順をそのままなぞって投了するという珍事が起きた。郷田は局後に「定跡とは知らなかった」と語った。

第3図 角換わり富岡流
△持駒 飛歩四
 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
 
▲持駒 銀歩
63手目▲2二歩まで
第4図 富岡流指了図
△持駒 飛角金銀桂歩六
 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
 
▲持駒 飛金歩
83手目▲6二同成桂まで

脚注編集

  1. ^ 糸谷哲郎『現代将棋の思想 ~一手損角換わり編~』マイナビ、2013年1月、ISBN 978-4839945732、p28

関連項目編集

外部リンク編集