角替 和枝(つのがえ かずえ、1954年10月21日[1] - )は、日本女優静岡県富士市出身(庵原郡富士川町生まれ)。ノックアウト及び東京乾電池所属。

つのがえ かずえ
角替 和枝
本名 柄本 和枝(旧姓:角替)
生年月日 (1954-10-21) 1954年10月21日(63歳)
出生地 日本の旗 日本 静岡県富士市
身長 160 cm
血液型 O型
職業 女優
ジャンル テレビ・映画
活動期間 1979年 -
配偶者 柄本明
著名な家族 柄本佑(長男)
柄本時生(次男)
所属劇団 東京乾電池
事務所 ノックアウト
主な作品
バラエティ
コメディー道中でござる
備考
体重45kg

目次

来歴・人物編集

静岡県立吉原高等学校卒業。内田栄一金子正次劇団東京ザットマンの立ち上げに参加し、芝居を始めた後[1]つかこうへい事務所に所属し、その後に東京乾電池に所属。『コメディー道中でござる』等に出演して名脇役としての認知度を上げていく。

夫は柄本明。息子は俳優の柄本佑柄本時生。佑の上に長女(かのこ・舞台の裏方の仕事をしている)がいる。家族からは「和枝ちゃん」と呼ばれている[2]。夫のことは「えもっちゃん」と呼んでいる[3]

自他共に認めるゲーマー。佑によれば、怒ると「マリオゼルダから何を学んだんだ!」とゲームを引き合いにしたり、『クラッシュバンディグー』にハマり過ぎて手を疲労骨折したが手を固定しながらもやり続けた[4]

かつてはキャラクターショーにも出演しており、『アルプスの少女ハイジ』ショーのペーター役が神業と評され、様々なショーにペーター役で呼ばれていた[1]

出演編集

テレビドラマ編集

NHK総合編集

日本テレビ編集

TBS編集

フジテレビ編集

テレビ朝日編集

テレビ東京編集

BSフジ編集

WOWOW編集

UHF編集

映画編集

舞台編集

バラエティ編集

CM編集

脚注編集

  1. ^ a b c 「ライダーを取り巻く人々」、『東映ヒーローMAX』Vol.2、辰巳出版2002年、 51 - 52頁、 ISBN 978-4886417602
  2. ^ 笑っていいとも!』2011年7月15日放送分より
  3. ^ [http://www.chuko.co.jp/fujinkoron/number/101450.html “トップページ>バックナンバー> 柄本明×角替和枝 注目記事 柄本明×角替和枝”]. 婦人公論. http://www.chuko.co.jp/fujinkoron/number/101450.html 2018年6月2日閲覧。 
  4. ^ “柄本佑 母・角替和枝「マリオやゼルダの諦めない心」を伝授?”. 高田文夫のラジオビバリー昼ズ (ニッポン放送). (2018年3月21日). http://www.1242.com/lf/articles/95487/?cat=entertainment&pg=%E9%AB%98%E7%94%B0%E6%96%87%E5%A4%AB%E3%81%AE%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%82%AA%E3%83%93%E3%83%90%E3%83%AA%E3%83%BC%E6%98%BC%E3%82%BA 2018年6月2日閲覧。 
  5. ^ 息子の柄本時生と作中でも親子役で共演している。
  6. ^ 宮部みゆき原作『荒神』スペシャルドラマ化 内田有紀が出演”. ORICON NEWS (2017年5月16日). 2018年4月12日閲覧。

外部リンク編集