角田 柳作(つのだ りゅうさく、1877年明治10年)9月8日 - 1964年昭和39年)11月29日)は、群馬県出身の日本文化の研究者・教育者。コロンビア大学に日本文化研究所を設立し、日本研究コレクションのキュレーターを務めた。

経歴編集

群馬県勢多郡津久田村(現・群馬県渋川市赤城町)の農家に生まれる。群馬県尋常中学校(現・前橋高校)を経て、1896年東京専門学校(現・早稲田大学)文学科卒業。真言宗京都高校中学林(現・種智院大学)や文中園(現・京都女子大学)の教授を経て、仏教布教のため1909年に渡米し、本派本願寺ハワイ中学校長に就任。1917年ニューヨークへ移り、コロンビア大学クラーク大学[要曖昧さ回避]の講義を聴講。コロラド日本人会書記長やニューヨーク日本人会幹事を経て、1928年、コロンビア大に日本文化研究所を設立。1931年、コロンビア大学日本歴史講座講師に就任。当時の教え子にドナルド・キーンがいる。1948年、コロンビア大学キュレーターを退任。1962年、コロンビア大学名誉博士となる。ホノルルで死去。

著書編集

単著編集

  • 『井原西鶴』民友社、1897年5月。NDLJP:872056
  • 『来世之有無』新仏教徒同志会編、井冽堂、1905年8月。NDLJP:815052
  • 『書斎、学校、社会』布哇便利社出版部〈布哇叢書 第1編〉、1917年1月。

翻訳編集

関連項目編集

参考資料編集

外部リンク編集