メインメニューを開く

角田 英之(つのだ ひでゆき、1967年1月16日 - ) [2]は、日本ミュージシャンで、キーボーディスト作曲家編曲家栃木県小山市出身。

角田英之
別名 シウ(choux)[1]
生誕 (1967-01-16) 1967年1月16日(52歳)
出身地 日本の旗 日本 栃木県小山市
ジャンル POP
職業 プロデューサー、音楽講師
担当楽器 Synthesizer
活動期間 1988年 - 1991年 有頂天 (バンド)
1992年 - 2005年 編曲家
2010年 - 2011年 音大講師
事務所 AMA-TERRACE MEDIALAB LLC
著名使用楽器
Pro Tools
Cubase
Trevor Horn

目次

来歴・人物編集

10代の頃、矢吹薫のバックバンドのオーディションを受け、合格するとともに、矢吹の友人である太田美知彦に師事する。

1988年、友人で学校の先輩でもあった友森昭一の紹介で有頂天のサポートメンバーになった。

そこで事務所社長と意気投合し有頂天の正式メンバーとなるも、まもなく有頂天は所属レコード会社ポニーキャニオンを辞めてしまう。インディーズに戻った事で自主制作となり、低予算での楽曲制作が始まる。

リリースしたアルバム『GAN』の後、作曲にシーケンサーを導入。キャニオン時代の『BOIL』に次いで3部作中の2作目となる『Search for 1/3 STOP ! HAND IN HAND』[3]の楽曲制作では連日事務所で寝泊りしたという。この作品は殆どケラと角田英之のアイデアによる実験的要素が強く[4]また生産数も少なかった。

有頂天は1年程の浪人生活を経て東芝EMI(現・EMIミュージック・ジャパン)と契約。再びメジャーアーティストとなる。

東芝EMIでは『カラフルメリィが降った街』『でっかち』という2枚のオリジナルアルバムをリリース。『カラフルメリィ…』では長編ビデオも制作され、周防正行監督の意向で主役をやらされる。

1991年、解散を発表。

有頂天在籍中には、中村由真仲村知夏GO-BANG'S白井良明などのバックバンドも務めた。

解散後、THE FUSE[5]カブキロックスT-BOLANなど様々なアーティストのサポートメンバーを務め、後に編曲家としての活動が中心となる。

1992年テレビ東京系で放映された「冒険!ゴジランド[6]の主題曲の編曲を担当し、さらに1993年から1994年に放映された剣勇伝説YAIBAの主題歌も担当した。


主な作品(有頂天を除く)編集

ディスコグラフィ(有頂天を除く)編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 最初のリハーサルでシュークリームを持参して来た事に由来している。
  2. ^ シャイコナHPプロフィール
  3. ^ CDとVHSに壺キーホルダを付けたBOXセット
  4. ^ 『Search for 1/3 STOP ! HAND IN HAND』に付属のケラ本人によるライナーノーツより引用
  5. ^ ホコ天出身のロックバンド。同名の浜田省吾バックバンドとは異なる。
  6. ^ 映画『ゴジラvsモスラ』のプロモーションのために放送されたミニ番組

参考文献編集

来歴・人物については以下のインタビュー記事を一部引用

関連項目編集

外部リンク編集