解慕漱(かいぼそう、ヘモス)は、夫余の神話上の建国者。

解慕漱
夫余
初代国王
王朝 夫余
在位期間 不詳
后妃 柳花夫人
解慕漱
各種表記
ハングル 해모수
漢字 解慕漱
発音 ヘモス
日本語読み: かいぼそう
ローマ字転写 Hae Mosu
テンプレートを表示

概要編集

三国史記』や『三国遺事[1]によれば、解慕漱は天帝の子であり、五龍車に乗って紀元前59年に訖升骨城[2]に降り立ち、北扶余を建国した。解慕漱は弓の名手で優れた戦士であり、 自らの王国である北扶余の多くの敵を征服したという。解慕漱と河伯の娘の柳花夫人の間の息子に解夫婁朱蒙がいた。この朱蒙は高句麗の伝説上の建国者である。西鴨緑人の高豆莫汗中国語版を東明(朱蒙)とみなす意見もある。

王権起源神話であって実在した人間ではないと考えられている。解慕漱は高句麗の建国を述べた中国の古記録や好太王碑にも現れないが、それは高句麗が扶余を征服したのちにその伝説を取り込んだからと考えられている。

解慕漱が登場する作品編集

脚注編集

  1. ^ 三國遺事 卷一 北扶餘 古記云。前漢書宣帝神爵三年壬戌四月八日。天帝降于訖升骨城〈在大遼醫州界〉乘五龍車。立都稱王。國號北扶餘。自稱名解慕漱。生子名扶婁。以解為氏焉。
  2. ^ 『三国遺事』によればの医州界にあったとされ、医巫閭山とする意見もある。