通商産業省工業技術院計量研究所(けいりょうけんきゅうしょ、英語表記:National Research Laboratory of Metrology[1][2])は、計量計測を取り扱う日本の国立研究所[1][3]2001年4月に産業技術総合研究所に統合された[2][4]

沿革編集

1903年農商務省の中央度量衡器検定所として発足。中央度量衡検定所、中央計量検定所(Central Inspection Institute of Weights and Measure[1])への改名を経て、1961年から計量研究所となる[1][3]。この間、所管は農商務省から商工省(工業技術庁)、通商産業省(工業技術庁、後 工業技術院)へと変わっており[4]1979年には東京都板橋区[5]から茨城県新治郡桜村[6](現在のつくば市[7])へ移転した[8]筑波研究学園都市も参照)。2001年4月、通産省工業技術院の再編に伴い、産業技術総合研究所計測標準研究部門に改組[4][2]。この部門には計量研究所だけでなく、計量教習所や電子技術総合研究所標準部、物質工学工業技術研究所標準部も一緒に統合された[2]。2019年現在は産業技術総合研究所計量標準総合センターとなり、工学計測標準研究部門、物理計測標準研究部門、物質計測標準研究部門、分析計測標準研究部門の4部門と計量標準普及センターを擁する組織になっている[9]

刊行物編集

図書編集

  • 中央度量衡検定所 編『大日本帝国度量衡原器及度量衡器概覧』農商務省中央度量衡検定所、1915年(大正4年)、doi:10.11501/966507
  • 中央度量衡検定所 編『度量衡原器及副原器の説明』日本度量衡協会、1919年(大正8年)、doi:10.11501/958107
  • 中央度量衡検定所 編『世界ノ度量衡』商工省中央度量衡検定所、1931年(昭和6年)、doi:10.11501/1175034
  • 『工業技術院中央計量検定所創立50周年記念論文集』工業技術院中央計量検定所創立50周年記念刊行事業委員会、1958年、doi:10.11501/2492343
  • 『工業技術院中央計量検定所五十年史』工業技術院中央計量検定所創立50周年記念刊行事業委員会、1961年、doi:10.11501/2494235
  • 小泉袈裟勝『度量衡の歴史』工業技術院中央計量検定所創立50周年記念刊行事業委員会、1961年、doi:10.11501/2494247

報告・年報編集

  • 『中央度量衡検定所報告』1912年(明治45年/大正元年度)[10] - 1925年(大正14年度)[11][注 1]
  • 『度量衡年報』1926年(大正14年/昭和元年度)[12] - 1937年(昭和12年度)[13][注 2]
  • 『中央計量検定所報告』1951-1961年、NDLJP:2384645ISSN 0529-682X
  • 『計量研究所年報』1952[15] - 1963年(昭和38年度)[16]
  • 『中央計量検定所調査報告』1956-1961年、NDLJP:1866752
  • 『計量研究所報告』1961-2000年、NDLJP:3381079ISSN 0368-6051

後進として

がある。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 1925年には、『中央度量衡検定所報告追録』、1925年(大正14年)、doi:10.11501/987442。も刊行されている。
  2. ^ 当初は中央度量衡検定所による編集・発行であったが[12]、昭和9年度からは商工省公務局の編集・出版になっている[14][13]

出典編集

  1. ^ a b c d 青木保「日本の精密工学の発達」『精密機械』第25巻第288号、1959年、18-21頁。
  2. ^ a b c d 田中充「計量標準の変遷」『計測と制御』第40巻第1号、2001年、50-55頁。
  3. ^ a b 田幸敏治「研究所紹介」『光学ニュース』第76号、1964年、25-26頁。
  4. ^ a b c 沿革”. 産業技術総合研究所. 2019年5月19日閲覧。
  5. ^ 後藤充夫、飯塚幸三「円筒形状誤差の一解析法」、『精密機械』第41巻第5号、1973年、477-482頁。
  6. ^ 今井秀孝、飯塚幸三「レーザ干渉法を利用し角縦弾性係数の測定」『精密工学会誌』第52巻第4号、1986年、643-648頁。
  7. ^ 今井秀孝「計測における不確かさ表現の歴史的経緯と展望」『計測と制御』第37巻第5号、1998年、300-305頁。
  8. ^ 飯塚幸三「私の歩んできた道第2回 国際活動と新分野への挑戦(形状精度と物性標準の研究へ)」『精密工学会誌』第73巻第11号、2007年、1208頁。
  9. ^ NMIJ(計量標準総合センター)National Metrology Institute of Japan”. 国立研究開発法人産業技術総合研究所計量標準総合センター. 2019年5月27日閲覧。
  10. ^ doi:10.11501/929014NDLJP:929014
  11. ^ doi:10.11501/1152204NDLJP:1152204
  12. ^ a b doi:10.11501/1050395NDLJP:1050395
  13. ^ a b doi:10.11501/1048131NDLJP:1048131
  14. ^ NDLJP:1048125doi:10.11501/1048125
  15. ^ NDLJP:2471489doi:10.11501/2471489
  16. ^ NDLJP:2520132doi:10.11501/2520132

関連文献編集

関連項目編集

外部リンク編集