訓点語学会(くんてんごがっかい)は、国語学、特に国語史の一環として、主に訓点資料(漢文の訓点本及びそれに準ずる文献等)に見られる言語と諸事象の研究推進及び発展の目的で、1953年昭和28年)に設立された日本学会[1]

事務局京都府京都市左京区吉田本町京都大学文学部国語学国文学研究室内に置いている。

事業編集

  • 研究発表会・講演会の開催、機関誌の発行など[1]

機関誌編集

  • 『訓点語と訓点資料』」[2]

脚注編集

[ヘルプ]

関連項目編集

外部リンク編集