メインメニューを開く

許されざる者』(ゆるされざるもの、原題: The Unforgiven )は、1960年公開のアメリカ映画アラン・ルメイの原作をジョン・ヒューストンが監督した西部劇映画である。

許されざる者
The Unforgiven
Burt Lancaster - Audrey Hepburn - 1960.JPG
監督 ジョン・ヒューストン
脚本 ベン・マドー
製作 ジェームズ・ヒル
出演者 バート・ランカスター
オードリー・ヘプバーン
音楽 ディミトリ・ティオムキン
撮影 フランツ・プラナー
編集 Huga Russell Llord
配給 ユナイテッド・アーティスツ
公開 アメリカ合衆国の旗 1960年4月6日
日本の旗 1960年10月6日
上映時間 125分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $5,000,000
配給収入 1億3330万円[1] 日本の旗
テンプレートを表示

目次

ストーリー編集

テキサスの平原に牧場を営むザカリー家は長男のベンを筆頭に、母親のマティルダ、次男のキャッシュ、三男のアンディ、養女レイチェルの5人暮らし。インディアンに殺された亡き父の跡を継いだベンは、思慮深く、周囲からの信望厚く、牧場経営も順調に軌道に乗っていた。

そんなベンを近隣の牧場主ゼブ・ローリンズは信頼し、一家を厚遇。ゼブは、美しく成長したレイチェルを長男チャーリーの嫁に、キャッシュの嫁に長女を、と考える。しかしその一方で、レイチェルは秘かにベンを愛していた。

順風満帆に思えた矢先、エイブ・ケルシーという怪しい老人が近辺をうろつき、「レイチェルにはインディアンの血が流れている」との噂を吹聴する。一家は人々の疑惑の中でひっそりと日々を送る。

やがて、カイオワ族インディアンの首領ロスト・バードがザカリー家を訪ね、幼き日に別れた妹を返せと迫る。妹は白人だ、と要求を拒絶するベン。だがある夜、レイチェルとの婚約のため一家を訪ねたチャーリーが、帰途待伏せたカイオワ族に惨殺されてしまう。ゼフの妻はレイチェルを罵り、一家は窮地に立たされる。

ベンは仲間とともに、災厄の源であるケルシーを捕らえる。処刑場に引きずり出すと、ケルシーは恐ろしい過去を明かす。

かつて、ケルシーはベン達の父ウィルのパートナーだった。十数年前、ウィルはインディアンに襲われた移民の赤ん坊を助けたと偽り、カイオワ族の赤ん坊を盗んだのだ。後にカイオワ族がケルシーの息子を捕らえた時、ケルシーはレイチェルを返して息子をとり戻すようウィルに頼んだ。しかし、ウィルはそれを拒み、ケルシーの息子は殺害される。ケルシーはザカリー家を呪い、一家を追って復讐を願い続けて来たのだ。

ケルシーは絞首刑に処され、ゼブはザカリー家と絶縁。一家は孤立無援となる。

事の真相を知った兄弟達はレイチェルの処遇を巡り分裂。キャッシュは家を出ていく。一方レイチェルは、家族のためにその身をカイオワ族に投じようとする。そこへベンが温くレイチェルを抱きしめる。ベンの愛の深さを知ったレイチェルは一家と共に戦うことを決意。

その夜、カイオワ族の襲撃を受ける一家。味方もなく、夜が明ける頃には銃弾は底をつき、マティルダも負傷し息を引き取った。絶体絶命の中、ベンは捨て身の作戦に打って出る。そこへキャッシュも戻り合流。カイオワ族を退けることに成功する。だが、レイチェルの元にロスト・バードが迫るーー。その時、レイチェルは夢中で銃の引き金を引いた。妹、と叫んで彼は倒れる。

厭まわしい過去と縁を切ったザカリー家は再び団結を得るのだった。

スタッフ編集

キャスト編集

エピソード編集

監督のジョン・ヒューストンがこの仕事を引き受けたのは、キャストが気に入ったのと、休暇を過ごしていた家族の場所に近かったことであった[2]。ヒューストンによると、「私は人種的不寛容の物語に、共同社会のモラリティの実態に対する批評にしたかった。しかし彼ら(ユナイテッド・アーティスツとバート・ランカスター)が望んでいたのは大活劇映画だった」ということで[3]、脚本に満足していたわけではなかった[2]。後年自伝では「自分の作品で嫌いなのは『許されざる者』だけだ。全体のトーンが大袈裟で肥大しすぎている。登場人物がみな実物大以上だ」と述べている[3][4]

オードリー・ヘプバーンは撮影中の1959年1月28日に落馬して[3]脊椎を骨折し、緊急輸送機で運ばれて入院した[2]。映画の撮影にコルセットを着けながら復帰できたのは3月10日だった[3]。さらに当時妊娠していたヘプバーンは撮影中は大丈夫だと医者に言われていたものの、撮影終了後の5月末に[5]二度目の流産をしてしまう[2][3]

しかし日本では評価が高く、大ヒットして1960年度の配給収入第5位に入っている[6]。雑誌「スクリーン」で “ぼくの採点表”というコーナーを持っていた映画評論家双葉十三郎氏の採点では☆☆☆★★(70点)と点数自体はすば抜けて高くはないが[7]、双葉氏は1960年度の第10位にこの作品を推している。

脚注編集

  1. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)171頁
  2. ^ a b c d チャールズ・ハイアム (1986年3月15日初版発行). 『オードリー・ヘプバーン 映画に燃えた華麗な人生』. 近代映画社. 
  3. ^ a b c d e バリー・パリス (1998年5月4日初版発行). 『オードリー・ヘプバーン』上巻. 集英社. 
  4. ^ イアン・ウッドワード (1993年12月25日). 『オードリーの愛と真実』. 日本文芸社. 
  5. ^ アレグザンダー・ウォーカー (2003年1月20日). 『オードリー リアル・ストーリー』. アルファベータ. 
  6. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』p171. キネマ旬報社. (2012). 
  7. ^ 双葉十三郎 (1988年6月30日初版発行). 『ぼくの採点表II 1960年代』p649. 株式会社トパーズプレス. 

関連項目編集

外部リンク編集