黒い画集 > 証言 (松本清張)

証言」(しょうげん)は、松本清張短編小説。『週刊朝日1958年12月21日号から12月28日号まで、「黒い画集」第2話として掲載、1959年12月に短編集『黒い画集2』収録の一編として、光文社より刊行された。

証言
作者 松本清張
日本の旗 日本
言語 日本語
ジャンル 短編小説
推理小説
シリーズ 黒い画集
発表形態 雑誌連載
初出週刊朝日
1958年12月21日号 - 12月28日号
収録 『黒い画集2』 1959年12月、光文社
前作 遭難
次作 坂道の家
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

黒い画集 あるサラリーマンの証言』のタイトルで1960年東宝で映画化、また6度テレビドラマ化されている。

あらすじ編集

大森に家族を持つ石野貞一郎は丸の内勤務の課長、会社で使っていた女・梅谷千恵子を愛人として囲い、西大久保に住まわせていた。12月14日夜、石野は見送りたいと申し出る千恵子と一緒に彼女のアパートを出る、人目もあることから千恵子より少し間を置き共に大通りへ出ようとしたところ、大森の自宅近所に住む保険の外交員・杉山孝三に突然頭を下げられ、石野は反射的に頭を下げ返礼してしまう。帰宅後、妻には渋谷で映画を観て遅くなったと取り繕うが、その夜から杉山が自分の不審な所在(千恵子の件)を吹聴しないかと不安になる。2週間後、突然会社に刑事が訪れ、向島で起こった殺人事件に関する杉山のアリバイについて、石野は証言を求められる。

登場人物編集

書誌情報編集

映画編集

黒い画集 あるサラリーマンの証言
Knock Down
監督 堀川弘通
脚本 橋本忍
製作 三輪礼二
出演者 小林桂樹
原知佐子
音楽 池野成
撮影 中井朝一
編集 黒岩義民
配給 東宝
公開   1960年3月13日
上映時間 95分
製作国   日本
言語 日本語
テンプレートを表示

映画タイトル『黒い画集 あるサラリーマンの証言』。1960年3月13日に東宝系にて公開された。1960年『キネマ旬報』ベストテン第2位。原作の松本清張が賞賛した作品の一つ。現在はDVD化されている。

ストーリー編集

大森に妻子を持つ石野貞一郎は丸の内にある大手繊維会社管財課の課長、部下である梅谷千恵子を愛人として囲い、西大久保のアパートに住まわせていた。12月14日夜、石野は見送りたいと申し出る千恵子と一緒にアパートを出る、人目もあることから千恵子より少し間を置き共に大通りへ出ようとしたところ、自宅近所の住民で、保険の外交員である杉山孝三に突然頭を下げられ、石野は反射的に頭を下げ返礼してしまう。帰宅後、妻子には渋谷で洋画の2本立てを観て遅くなったと巧く取り繕うが、その夜から杉山が自分の不審な所在(千恵子の件)を吹聴しないかと不安になる。2週間後、突然会社に刑事が訪れ、向島で起こった殺人事件に関する杉山のアリバイについて、石野は証言を求められる。しかし事実を証言すれば千恵子との関係が露となる恐れがあり、そうなれば家庭はもちろん会社においても醜態を晒し、部長職への出世すら危うくなる、こうして刑事、さらには検事、そして自宅に訪ねて来た弁護士と証言を哀願する杉山の家内に対しても「その時間には渋谷で映画を観ており、だいいち大久保などへ出向く用事はない」と頑なな姿勢を貫く。もはや杉山の死刑は免れられない状況となり、日に日に石野は苦悩が募る、千恵子を品川のアパートへ引っ越しさせるものの、やがて事態は収拾がつかない局面を迎える事となる。

キャスト編集

スタッフ編集

逸話編集

ラストシーンの撮影は本物の警視庁前玄関を使って撮影されたものに加えて追加撮影されたものである。当初のシナリオでは主人公が独房の中にいる場面で終わっていたが、ラッシュを見たプロデューサーの藤本真澄黒澤明、そして橋本忍が揃って追加撮影を主張したため取り直すことになった。しかし最初の追加撮影を撮ったものの監督の堀川はこれが気に入らず、結局再度撮り直したものを劇中で使用している。

テレビドラマ編集

1962年版編集

1962年10月11日10月12日(22:15-22:45)、NHKの「松本清張シリーズ・黒の組曲」の1作として2回にわたり放映。

キャスト
スタッフ

1965年版編集

1965年11月23日関西テレビ制作・フジテレビ系列(FNS)の「松本清張シリーズ」枠(火曜21:00-21:30。早川電機工業一社提供)にて放映。

キャスト
スタッフ
関西テレビ制作・フジテレビ系列 松本清張シリーズ
前番組 番組名 次番組
怖妻の棺
(1965.11.16)
証言
(1965.11.23)

1984年版編集

松本清張の証言
ジャンル テレビドラマ
原作 松本清張『証言』
脚本 柴英三郎
監督 野村孝
出演者 柳生博
市毛良枝
製作
プロデューサー 柳田博美
稲垣健司
制作 テレビ朝日
放送
放送国・地域   日本
放送期間 1984年7月7日
放送時間 21:02 - 22:51
放送枠 土曜ワイド劇場
テンプレートを表示

松本清張の証言」。1984年7月7日テレビ朝日系列の「土曜ワイド劇場」枠(21:02-22:51)にて放映。視聴率16.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。DVD化されている。

キャスト
スタッフ
テレビ朝日系列 土曜ワイド劇場
前番組 番組名 次番組
結婚
(1984.6.30)
松本清張の証言
(1984.7.7)

1992年版編集

松本清張サスペンス
黒い画集・証言
ジャンル テレビドラマ
原作 松本清張『証言』
企画 飯島敏宏
脚本 大藪郁子
監督 松原信吾
出演者 渡瀬恒彦
製作
プロデューサー 斎藤守恒(木下プロ)
浜井誠(TBS)
林悦子(霧企画)
制作 TBS
放送
放送国・地域   日本
放送期間 1992年10月19日
放送時間 21:00 - 22:54
放送枠 月曜ドラマスペシャル

特記事項:
第30回ギャラクシー賞奨励賞受賞作品
テンプレートを表示

松本清張サスペンス 黒い画集・証言」。1992年10月19日TBS系列の「月曜ドラマスペシャル」枠(21:00-22:54)にて放映。視聴率19.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。第30回ギャラクシー賞奨励賞受賞作品。

キャスト
スタッフ
TBS系列 月曜ドラマスペシャル
前番組 番組名 次番組
松本清張サスペンス
黒い画集・証言
(1992.10.19)

2004年版編集

松本清張の証言
ジャンル テレビドラマ
原作 松本清張『証言』
脚本 矢島正雄
監督 上川伸廣
出演者 東山紀之
エンディング Kiroroもう少し
製作
プロデューサー 下山潤(イースト)
松本基弘(テレビ朝日)
内山聖子(テレビ朝日)
制作 テレビ朝日
放送
放送国・地域   日本
放送期間 2004年3月27日
放送時間 21:00 - 22:51
放送枠 土曜ワイド劇場

特記事項:
テレビ朝日開局45周年記念企画
テンプレートを表示

松本清張の証言」。2004年3月27日テレビ朝日系列の「土曜ワイド劇場」枠(21:00-22:51)にて放映。テレビ朝日開局45周年記念企画。

キャスト
スタッフ
テレビ朝日系列 土曜ワイド劇場
前番組 番組名 次番組
松本清張の証言
(2004.3.27)

2020年版編集

松本清張ドラマ
黒い画集〜証言〜
ジャンル テレビドラマ
原作 松本清張
脚本 朝原雄三
石川勝巳
演出 朝原雄三
出演者 谷原章介
西田尚美
浅香航大
宮崎美子
堀部圭亮
吉村界人
山田佳奈実
高月彩良
音楽 沢田完
国・地域   日本
言語 日本語
製作
制作統括 原克子(松竹
後藤高久(NHKエンタープライズ
髙橋練NHK
撮影地 石川県金沢市
撮影監督 沖村志宏
編集 石島一秀
制作 NHKエンタープライズ
製作 NHK
松竹
放送
放送チャンネル NHK BSプレミアム
放送国・地域   日本
放送期間 2020年5月9日
放送時間 土曜 21:00 - 22:29
放送分 89分
回数 1
公式ウェブサイト
テンプレートを表示

黒い画集〜証言〜』(くろいがしゅう しょうげん)と題し、「松本清張ドラマ」としてNHK BSプレミアムにて2020年5月9日の21時から22時29分に放映された[1]

物語の舞台を現代に移し、原作中の男の悲哀や滑稽さはそのままに、主人公の不倫相手を男性に変更しバイセクシャル偽装結婚などの現代的も要素を取り入れて大胆かつ斬新な解釈により翻案し、金沢を舞台に、装い新たな令和版『証言』として制作された[1][2]

キャスト
スタッフ


脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b “松本清張原作 黒い画集~証言~ 制作開始!”. 日本放送協会. (2020年1月10日). http://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/20000/418271.html 2020年1月11日閲覧。 
  2. ^ 後藤高久 (2020年4月17日). “松本清張ドラマ「黒い画集〜証言〜」その1 それはもう、ホラーです”. NHKドラマ. スタッフブログ. 日本放送協会. 2020年5月9日閲覧。

外部リンク編集