証 (東洋医学)

(しょう、あかし)は中医学漢方医学の治療指針となるべくもので、西洋医学で言うところの病名(診断名)に相当するものである。一般的に、証は弁証といわれる、脈診、問診、触診などから導き出され、病の状態を現す。中医学漢方医学では、この方法によって導き出された証に基づき、鍼灸漢方の治療方針を決定する。様々な流派があり、それぞれにおいて弁証方法は若干異なる。

現在、日本漢方界においては「病名(診断名)=処方」「1症状=処方」が一般的な病院において普及しているが、弁証を重視する流派からは、これは中医学漢方医学の本来の治療指針からは大きな誤りであり、誤治の起こる危険性を懸念する声も高く、また誤治を起こすと副作用として処理することに対し、遺憾であるとの声も根強い。

目次

八綱辨証編集

八綱辨証(八綱弁証)とは、病人の証を決定するにあたって、陰―陽、表―裏、寒―熱、虚―実の4対8項目に基づいて、病状を分析する辨証方法。表裏は病気のある場所、寒熱は病気の性質、虚実は病邪の盛衰と身体の正気の強弱を表し、陰陽はこれらをの総括を表す概念である。

陰―陽、表―裏、寒―熱、虚―実が8項目あるから、八網と呼ぶのではない。表裏、寒熱、虚実の組み合わせが8種類あるからである。

陰陽表裏寒熱虚実

表裏編集

寒熱編集

寒熱
寒証 熱証

虚実編集

虚実
実証 虚証

六淫(外邪ないし外因)編集

六淫(外邪ないし外因)とは、外(外気)から侵襲した邪気の総称のこと。通常は六気と言って、邪気になりえない外環境であっても、生体の正気の過不足から邪気と受け止める場合は六淫といい、また季節の気候の過不足(寒すぎ、暑すぎなど)でも六淫となりえる。

病原体、あるいは厳しい自然環境や気候の急激な変化などが原因で発病した際、これらの条件を六淫(外因ないし外邪)と呼ぶ。逆に厳しい環境でも生体の正気の強さによっては六淫とならない場合もあり、外環境と生体の中環境のバランスも関係すると思われる。

風邪(ふうじゃ)/暑(熱)邪/火邪/燥邪/湿邪/寒邪

これに疫癘(えきれい)を加えることもある。

七情(内傷ないし内因)編集

七情(内傷ないし内因)とは、内(内気)から発症した精神の変動の総称のこと。通常は七気と言って、精神的に症があれば起こりうる。

ストレス等による疲れでも発症することが多い。これらの条件を七情(内因ないし内傷)と呼ぶ。

喜(喜び)/怒(怒り)/憂(憂い)/思(思い悩み)/悲(悲しみ)/恐(恐れ)/驚(驚き)

六経辨証編集

経絡辨証編集

気血水辨証(気血津液辨証)編集

衛気栄血辨証編集

三焦辨証編集

臓腑病証編集

日本漢方の「証」編集

日本鍼灸の「証」編集

臓腑経絡弁証のみが発達して、六部定位脈診による経絡治療が主流である。

  • 肝虚熱証/肝虚寒証
  • 脾虚熱証(脾虚陽明経実熱証/脾虚胃実熱証/脾虚胃虚熱証)/脾虚寒証
  • 脾虚肝実熱証/脾虚肝実証
  • 肺虚陽経実熱証/肺虚寒証
  • 肺虚肝実証=腎虚肝実証
  • 腎虚熱証/腎虚寒証

なお、1995年に行われた日本経絡学会(現在の日本伝統鍼灸学会)において、以下のように用語の定義が提唱された。

『証』:治療法を指示できる病能名 

(日本経絡学会誌、第26号より)