メインメニューを開く

詩は絵のようにラテン語: ut pictura poesis)は詩学上の規則のひとつ。初出は古代ローマの詩人ホラティウスの『詩論』(Ars poetica)の一行。

バロック詩学において「詩は絵のように、絵は詩のように」と拡張された。レッシングはこれに反対する論文を書き、いわゆるラオコオン論争を行った。

文献編集