メインメニューを開く

概要編集

長崎県の大村湾内に浮かぶ、さだまさしによる個人所有の島。周囲約0.5 km、総面積約0.006 km2[1]。さだによれば、ソロになって最初のヒット曲「雨やどり」の印税を使って1979年に2,000万円で[2]購入したという。元々は寺島(てらしま)と呼ばれていたが、1995年、所有者であるさだまさしにより詩島と改められた。

島にはさだの楽曲「飛梅」(1977年のアルバム『風見鶏』収録)の舞台ともなった太宰府天満宮から勧請した「詩島天満宮」がある。また、住人の経営する宿泊施設などがあり、過去には一般開放されていた。詩島のマスコットとして、さだ自身のデザインによる「詩之介」なるラブラドールのキャラクターが存在している。

この島はもともと無人島であったため、さだが電話加入を申請したがNTT西日本から莫大な経費がかかるため断られた。当時は船舶電話を使用、現在は携帯電話で通話している。また、海洋を汚染しないよう廃水処理設備にこだわっていて、投資金額は島の購入費用を上回ったという。最終処理した水は飲んでも害がないほどになっている。

しかし、宿泊施設も老朽化が進んだため一般受け入れは中止されている。2017年にはABC大改造‼劇的ビフォーアフター」にて島全体のリフォームを行った[3][4]

所在地編集

  • 住所:長崎県長崎市琴海戸根町

外部リンク編集

脚注編集