メインメニューを開く

詫間電波工業高等専門学校

詫間電波工業高等専門学校(たくまでんぱこうぎょうこうとうせんもんがっこう, 英称:Takuma National College of Technology)は、香川県三豊市詫間町2009年平成21年)9月末まで存在した日本の高等専門学校。2009年10月高松工業高等専門学校と統合し香川高等専門学校となる。略称は「詫間電波」で、地元での通称は「電波高」または単に「電波」。

詫間電波工業高等専門学校
正門
正門
略称 詫間電波高専
英称 Takuma National College of Technology (TNCT)
設置者 国立高等専門学校機構
種別 国立高等専門学校
設立年 1943年
閉校年 2009年9月30日
学科 情報通信工学科
電子工学科
電子制御工学科
情報工学科
専攻科 情報通信システム工学専攻
電子制御システム工学専攻
所在地 769-1192

北緯34度14分4.27秒 東経133度38分11.29秒 / 北緯34.2345194度 東経133.6364694度 / 34.2345194; 133.6364694座標: 北緯34度14分4.27秒 東経133度38分11.29秒 / 北緯34.2345194度 東経133.6364694度 / 34.2345194; 133.6364694
ウェブサイト http://www.takuma-ct.ac.jp/
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
詫間電波工業高等専門学校の位置(香川県内)
詫間電波工業高等専門学校
詫間電波高専の位置(香川県)

概要編集

1学年160名、5学年で約800名の学生が在籍していた。卒業後、大学編入する学生の割合が高い。

旧国立電波高等学校を母体に創設された電波高専は、本校を含め、全国に3校(宮城県仙台市及び熊本県合志市)存在する。電子・情報系の専門技術者を育成する高等専門学校という位置付けになっている。

組織編集

沿革編集

設置学科編集

学科編集

  • 情報通信工学科
  • 電子工学科
  • 電子制御工学科
  • 情報工学科

専攻科編集

  • 電子通信システム工学専攻
  • 情報制御システム工学専攻

交通アクセス編集

学生生活編集

全国高専ロボットコンテスト(ロボコン)の出場常連校である。特に、高専ロボコン2006 ふるさと自慢特急便では「ARK/あーく」で大会史上初めてトーナメントの優勝と優れたロボット技術に対して贈呈される名誉賞「ロボコン大賞」の二冠を達成した。

第19回全国高専プログラミングコンテストにおいて、自由部門で「写動-シャドウ-」というテーマで詫間高専初の、文部科学大臣賞・最優秀賞・情報処理学会若手奨励賞というW受賞をした。また、課題部門では「さんぽでまんぽ-88っとうぉーく-」で特別賞を受賞した。2008年現在、7年連続受賞している。

学園祭編集

「電波祭」と呼ばれ毎年秋に行われる。

編集

  • 男子寮:七宝寮
  • 女子寮:紫雲寮

同窓会編集

「七宝会」と呼ばれる。

著名な卒業生編集

関連事項編集

外部リンク編集