メインメニューを開く

詰将棋パラダイス

日本の詰将棋雑誌

詰将棋パラダイス』(つめしょうぎパラダイス)は、詰将棋専門の月刊誌。『詰パラ』と略されることも多い。

1946年に鶴田諸兄が刊行した『紳棋会報』が前身となり、1950年に創刊[1]。以後何度かの休刊を経て、通算650号を超える詰将棋の老舗雑誌となっている。定期購読が主体であるが、東西の将棋会館と大都市の一部の書店で購入できる。

主に読者から公募された詰将棋の問題と解答・解説から構成されている。問題は初級者向けのキッズルームから上級者向けの詰将棋学校や詰将棋デパート、変則ルールのフェアリーランドなど初心者からマニアまで楽しめる内容となっている。

その年に発表された詰将棋で最も評価の高い作品に贈られる、看寿賞の発表も同誌で行われる。看寿賞の対象作品は同誌掲載作品に限らず、他の新聞、雑誌、書籍やイベント等で発表された作品も含む。

関連書籍編集

  • 『大道棋双玉集 : 全日本詰将棋連盟・蔵版』(1971年) 詰将棋パラダイス編集部
  • 井島寛『象戯大矢数の研究』(1972年) 詰将棋パラダイス編集部
  • 詰将棋研究会『古今趣向詰将棋名作選』(1980年) 詰将棋パラダイス編集部
  • 三上毅『木葉』(1980年) 詰将棋パラダイス編集部
  • 柴田昭彦『詰将棋三十年』(1980年) 詰将棋パラダイス編集部
  • 岩井則幸『三桂の詩』』(1980年) 詰将棋パラダイス編集部
  • 若島正『盤上のパラダイス 詰将棋マニアのおかしな世界』(1988年)三一書房 - 詰パラの歴史についての本。
  • 詰将棋パラダイス+週刊将棋『詰パラ傑作選』(1993年) 毎日コミュニケーションズ
  • 詰将棋パラダイス+週刊将棋『5手詰めパラダイス』(1997年) 毎日コミュニケーションズ
  • 詰将棋パラダイス+週刊将棋『7手詰めパラダイス』(1997年) 毎日コミュニケーションズ
  • 詰将棋パラダイス+週刊将棋『9手詰めパラダイス』(1997年) 毎日コミュニケーションズ
  • 詰将棋パラダイス+週刊将棋『3手詰めパラダイス』(1999年) 毎日コミュニケーションズ
  • 詰将棋パラダイス+週刊将棋看寿賞作品集』(1999年) 毎日コミュニケーションズ
  • 詰将棋パラダイス+週刊将棋『新5手詰めパラダイス』(2001年) 毎日コミュニケーションズ
  • 詰将棋パラダイス+週刊将棋『新7手詰めパラダイス』(2001年) 毎日コミュニケーションズ
  • 詰将棋パラダイス+週刊将棋『新9手詰めパラダイス』(2001年) 毎日コミュニケーションズ
  • 詰将棋パラダイス+週刊将棋『詰将棋実戦形パラダイス』(2002年) 毎日コミュニケーションズ   
  • 詰将棋パラダイス+週刊将棋『詰将棋実戦形パラダイス2』(2006年) 毎日コミュニケーションズ
  • 詰将棋パラダイス+週刊将棋『5手7手詰めパラダイス』(2007年) 毎日コミュニケーションズ(マイコミ将棋文庫SP)
  • 詰将棋パラダイス+週刊将棋『新5手7手詰めパラダイス』(2009年)毎日コミュニケーションズ(マイコミ将棋文庫SP)
  • 詰将棋パラダイス『3手5手詰パラダイス : 詰みの力を倍増させる200題』マイナビ出版 2016(マイナビ将棋文庫)
  • 詰将棋パラダイス『サクサク解ける詰将棋練習帳 風の巻』マイナビ出版 2017(マイナビ将棋文庫)
  • 詰将棋パラダイス『看寿賞作品集』マイナビ出版 2017
  • 詰将棋パラダイス『完全版詰将棋実戦形パラダイス』マイナビ出版 2018(マイナビ将棋文庫)
  • 羽生善治監修,詰将棋パラダイス 執筆『羽生善治監修子ども詰将棋チャレンジ!!220問』新星出版社 2018
  • 詰将棋パラダイス『サクサク解ける詰将棋練習帳 林の巻』マイナビ出版 2018(マイナビ将棋文庫)
  • 詰将棋パラダイス『7手9手詰パラダイス : 詰みと読みの力をつける210題』マイナビ出版 2019(マイナビ将棋文庫)
  • 詰将棋パラダイス『詰将棋パラダイス3手詰傑作選』マイナビ出版 2019(マイナビ将棋文庫)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 原田泰夫監修森内俊之他編『日本将棋用語事典』東京堂出版、2004年、135頁。

関連項目編集

  • 虫食い算 - かつて「虫食算研究室」を連載していた。

外部サイト編集