メインメニューを開く

誘導馬(ゆうどうば)とは、競馬場において競馬の競走が行われる際に、パドックや馬場において競走馬を先導する馬のことをいう。

目次

誘導馬の役割編集

日本における誘導馬編集

日本においては、パドックから本馬場まで出走馬を先導する役割が与えられ、誘導馬は多くの場合、隊列の先頭と最後尾を歩く。通常先導役は1頭であるが、中央競馬のGI競走においては3頭の誘導馬が先導を担う。また、国際競走で外国馬が出走する場合には、先導役とは別に、出走する競走馬の調教国の国旗を携えた誘導馬も合わせて入場する。競走馬以外にもイベントとして馬場で行われるパレード楽隊などの先導や、レース開始前に観客を入場ゲートで出迎えるグリーディング役を務めることもある。

また、日常的に馬場管理のために巡回する職員が乗用し、放馬などのアクシデントが発生した場合は当該の馬をなだめて落ち着かせる役も担う場合があるなど、その任務は単なる先導役にとどまらず、非常に幅広いものがある。

担当馬にはかつて競走馬だった馬のうち、性格的に温和で毛色が芦毛黒鹿毛尾花栗毛など見栄えのするものが選ばれることが多い。また、重賞競走の優勝馬・入着馬など優秀な成績を残しながらも種牡馬にならなかった馬を、その知名度も勘案して選ぶこともある。他方、地方競馬の競馬場では競走馬経験のない馬が誘導馬を務めるケースや、元競走馬ではなく当初から誘導馬として導入されたクォーターホース種などが用いられている場合もある。

誘導馬に騎乗するのは競馬場の職員や乗馬クラブの所属者[1]で、また、川崎や浦和の様にトレーニングセンターが別にあり普段馬がいない競馬場では開催日の必要に応じて周辺地域の乗馬クラブから人馬をまとめて用立てるケースもある。川崎競馬場では誘導馬に着物を着せるなどの装飾を施している[2]。近年の中央競馬ではGIレース時にゲストとして招かれた芸能人が騎乗することもある。

2007年以降、地方競馬では経営状況の悪化に伴い、誘導馬の起用をやめたり[3]出番を減らしたり[4]する競馬場も出てきている。

その他の国における誘導馬編集

隊列の先導よりも、出走馬の精神を落ち着かせたり、アクシデントに備える目的で存在する。ことにアメリカでは本馬場入場時に「リードポニー」と呼ばれる馬たち(慣例的にポニーと呼ばれているが、ポニー以外の馬も務める)が、出走馬の所有者が希望した馬すべてに同行し、個別にその脇に付くことによって馬の興奮を和らげる役目を担っている。また、放馬などの際にその捕獲に当たったり、大レースのあとに勝利騎手に行われる馬上インタビューに駆り出されたりと、「飾り」の印象が強い日本の誘導馬に比べてその任務は非常に多岐に渡っている。競馬評論家の須田鷹雄は、大学時代にJRAの馬場保守員のアルバイトをしていた経験を踏まえ、日本競馬へのリードポニーの導入を主張し続けている。

中央競馬の著名な誘導馬(現役)編集

過去に誘導馬を務めた著名馬編集


脚注編集

  1. ^ 川崎競馬誘導馬ジョッキーが一日川崎警察署長に!” (日本語). 神奈川県川崎競馬組合 (2010年9月16日). 2010年9月22日閲覧。
  2. ^ 雑ネタ帳(2009年7月〜9月)” (日本語). カワサキケイバマニアックス. 神奈川県川崎競馬組合. 2011年10月5日閲覧。
  3. ^ 佐藤到 (2007年6月27日). “誘導馬廃止” (日本語). テシオブログ. オッズパーク. 2011年10月5日閲覧。
  4. ^ 竹之上次男 (2011年4月2日). “新年度の変更点(2011年度)” (日本語). 地方競馬日替わりライターブログ. 楽天競馬. 2011年10月5日閲覧。

外部リンク編集