メインメニューを開く

誘拐 (映画)

1997年制作の日本の映画作品

誘拐』(ゆうかい)は1997年6月7日東宝が製作・公開した映画。映画脚本コンクール「城戸賞」95年度受賞作品の映画化。カラービスタ。上映時間は109分。配給収入は3.5億円[1]

ストーリー編集

とある日曜日の早朝、東昭物産常務の跡宮が何者かに誘拐されるという事件が発生した。目撃者の証言によれば、犯人グループは運転手の狭間も一緒に連れ去ったらしい。

翌日、犯人は東昭物産に対し3億円の身代金と、その受け渡しのテレビ生中継を要求してきた。身代金の運び役には同じ東昭グループの東昭開発監査役・神崎が指名され、何十台ものテレビ・カメラと何百人もの報道陣が取り囲むなか、犯人はまるでゲームを楽しむかのように次々と場所を指定して、神崎を走らせる。3億円の入った30キロものバッグを運ばされた神崎は、やがて心筋梗塞の発作で倒れてしまった。

後日、犯人は次の運び役に東昭銀行専務の山根を指名するが、彼もまた力尽きて途中で倒れる。犯人のやり口に激昂した警視庁のベテラン刑事・津波が、山根の身代わりとなって現金を運び、後輩の若手刑事・藤も彼の後を追った。だが、犯人が指定した新橋の喫茶店を出た後で、津波もまた力尽きてしまう。後を受け継いだ藤は、犯人の指示通り首都高速の非常駐車帯へバッグを置くが、犯人が姿を現さなかったにもかかわらず、バッグの中身はいつの間にかすり替えられていた。

その後、26年前に地下水汚染で多数の死者が出た下加佐村のアキワ公害訴訟を担当した弁護士・折田が、誘拐の前日に跡宮と会っていたことが判明する。この裁判は住民側が敗訴し、産業廃棄物を不法投棄した企業は何の責任も問われていなかった。さらに、跡宮と神崎、山根の3人が当時、それぞれ産業廃棄物処理の関連会社の責任者だったこともわかる。

吐血して入院した津波から捜査のアドバイスを受けた藤は、3億円をすりかえる唯一の機会が津波が寄った喫茶店だけであったことに気づく。アキワ公害訴訟を起こした住民名簿の中に当時入り婿して苗字の変わっていた津波の名前を発見した藤は、下加佐村の駐在だった津波がアキワの事件で妻と幼い息子を亡くしていたことをつきとめた。

今回の誘拐事件は津波を中心とする下加佐村の元住民たちと折田が、下加佐村の悲劇を世に訴えるために起こしたものだったのである。運転手の狭間も、目撃者も、喫茶店のマスター夫婦も、みんな津波の計画に荷担した下加佐の人々だった。やがて彼らは全員自首し、跡宮も無事保護される。藤はダムの底に沈んだ下加佐村を望む湖畔で津波に手錠をかけた。

時が流れ、藤は胃がんでこの世を去った津波の思いをかみしめる。

ロケ撮影編集

  • この映画は「3億円の身代金と身代金受け渡しのテレビ中継」のモブシーンが話題になった。東京都内の繁華街で俳優・スタッフが大挙走り回りながら撮影するという、大規模ロケとなった。
  • 新宿の大ガード周辺の撮影は祝日だったとの事もあり、約500人の役者、スタッフ、エキストラに加え、事情を知らない一般の通行人もロケに参加する形になったので約1000人超える人の流れができた。
  • 通常エキストラで済ませる予定だった報道陣は、毎回違う人では格好にならないとの理由でエキストラ中から専任され、さらに約2週間に渡りスタジオで機材を持って走る訓練をしてロケに参加している。
  • 日本映画撮影監督協会が全面協力し、多数のカメラマンが参加した。ビルの屋上・地上やヘリコプターなどの、あらゆる角度から複数のキャメラで一発撮りを行った。
  • 参加したカメラマンは、ムービーカメラの撮影だけではなく、走り回る俳優のすぐ周りを取り囲んでベータカムでの撮影も行っており、その映像は身代金受け渡しのテレビ中継映像として使用されている。
  • 渡哲也が背負っているバッグの中身は現金3億と同じ量の紙幣のダミーが入っており、実際30kg相当の重さがあった。当時手術後の渡に配慮して軽いバッグも用意されたが、リアルな重さに拘った渡の一言で全編重さを統一された。永瀬も同じ重さのバッグを持って走っている。
  • 当初、身代金の受け渡しは橋の上から貨物列車に投げ入れる設定だった。貨物列車が停車したおりに残っているバッグを回収するも中身が変わっているという内容であったが、貨物を通常のダイヤに組み入れるのに莫大な予算が掛かるのと、一度ダイヤに組み入れると、例え天候で撮影が中止になっても列車は走らせないといけないとの理由で変更を余儀なくされた。

身代金受け渡しマラソンコース編集

キャスト編集

スタッフ編集

映像ソフト化編集

  • VHS - 1998年6月21日発売
  • DVD - 東宝DVD名作セレクションにて、2016年7月13日発売

映画賞編集

脚注編集

  1. ^ 「1997年邦画作品配給収入」『キネマ旬報1998年平成10年)2月下旬号、キネマ旬報社、1998年、 168頁。