誤差分布(ごさぶんぷ)は、連続型確率分布であり、指数べき分布、一般誤差分布とも呼ばれる。

定義と性質編集

独立変数が確率変数   の誤差分布の確率密度関数は、3つのパラメータ   で以下のように記述される。

 

この分布の期待値μ分散

 

である。

  のとき標準正規分布   に、  のときラプラス分布になる。

参考文献編集

  • 蓑谷千凰彦、統計分布ハンドブック、朝倉書店 (2003).

関連項目編集

外部リンク編集