メインメニューを開く

読売テレビ制作土曜夕方5時30分枠のアニメ

本項では、読売テレビ制作で、日本テレビ系列(NNS加盟局全29局中28局)2013年4月6日より毎週土曜日17:30 - 18:00(JST)に放送されているテレビアニメの放送枠について取り上げる。

概要編集

  • この枠の前身は日曜7時台前半枠であったが、2013年4月改編で現在の時間帯に移動した[1]
    • 日本テレビの夕方17時台にアニメが放送されるのは2000年9月まで金曜17時台で放送されていた『それいけ!アンパンマン』以来12年半ぶり、土曜17時台に箱アニメが放送されるのは開局以来初めてで、さらに日本テレビの土曜17時台後半枠が読売テレビといった在阪局制作のレギュラー番組になるのも開局以来初めてとなる[2]
    • 名探偵コナン』以外の土曜日の午後放送は19時台前半枠の『ルパン三世 PartIII』以来27年半(28年)ぶり。
  • 直後の土曜18時台前半枠には、2009年4月より月曜19時台前半枠から移動した『名探偵コナン』が放送されており、4年ぶりに読売テレビ制作のアニメ枠が2本連続で放送されることになった。
  • 日曜7時台前半枠時代は他の系列局と同じく、同時ネットとなっていたテレビ大分では、移動後の時間帯がクロスネットを組んでいるフジテレビ系列全国ネットニュース番組[3]枠のため、従来通りの日曜7時台前半枠に13時間30分遅れで遅れネットを実施している。
  • 2014年度上半期以降の作品においては、好評を博した作品があっても放送期間はいずれも2クール(半年)のみとなっている。
    • 作品の中には同枠にて続編が始まる事もあるなど、分割クール制に近い。
  • 2017年度下半期の作品までは、前身枠の流れで、主人公による提供読み(作品によっては提供読み後に一言台詞が入る。)があったが、『僕のヒーローアカデミア』(第3期)では廃止された[4]。後番組の『逆転裁判〜その「真実」、異議あり!〜 Season2』で主人公による提供読みが半年ぶりに復活した。『MIX』では、投馬・走一郎・音美のいずれかが週替わりで提供読みを担当している。『僕のヒーローアカデミア』(第4期)で1年ぶりに提供読みが廃止された。

作品リスト編集

作品名 放送期間 話数 製作会社 備考
宇宙兄弟
(2nd year)
2013年4月6日 -
2014年3月22日
後半48話
(全99話)
A-1 Pictures 1st year(第1話から第51話まで)は2012年4月1日から2013年3月31日まで日曜7時台前半枠にて放送されていた。
金田一少年の事件簿R
(第1期)
2014年4月5日 -
9月27日
全25話 東映アニメーション 1997年4月から2000年9月まで月曜19時台前半枠にて放送されていた「金田一少年の事件簿」の続編。土曜18時台前半枠に放送中の『名探偵コナン』と共に「黄金のミステリーアワー」枠として編入された。
7月 - 9月にはドラマ化され、番組の最後にドラマ版の番宣が挿入された。
まじっく快斗1412 2014年10月4日 -
2015年3月28日
全24話 A-1 Pictures 土曜18時台前半枠に放送中の『名探偵コナン』と合わせて青山剛昌原作作品が2本連続での放送となった。
電波教師 2015年4月4日 -
9月26日
全24話 同じ週刊少年サンデーで連載されているNHK Eテレで放送のアニメ『境界のRINNE』第1シリーズの裏番組となった。
金田一少年の事件簿R
(第2期)
2015年10月3日 -
2016年3月26日
全22話
(通算47話)
+SP1話
東映アニメーション
逆転裁判
〜その「真実」、異議あり!〜

Season 1
2016年4月2日 -
9月24日
全24話
A-1 Pictures 読売テレビ制作の全国ネット放送では、『ストリートファイターII V』以来およそ20年半ぶりのゲーム原作アニメであった(原作の発売元がカプコンという点も共通)。
タイムボカン24 2016年10月1日 -
2017年3月18日
全24話 タツノコプロ 本枠初の『タイムボカンシリーズ』作品。
僕のヒーローアカデミア
(第2期)
2017年3月25日 -
9月30日
全25話
(通算38話)
ボンズ 第1期は毎日放送制作・TBS系列日曜17時台前半枠にて放送。全国ネット放送のテレビアニメシリーズとしては珍しい、在阪局同士での放送局移動となる。
全国ネット放送ではあるが、製作局のクレジット表示はない[5]
タイムボカン 逆襲の三悪人 2017年10月7日 -
2018年3月24日
全24話
(通算48話)
タツノコプロ 『タイムボカン24』の続編。
僕のヒーローアカデミア
(第3期)
2018年4月7日 -
9月29日
全25話
(通算63話)
ボンズ 本作では主人公による提供読みが廃止された。
逆転裁判
〜その「真実」、異議あり!〜
Season 2
2018年10月6日 -
2019年3月30日
全23話
(通算47話)
CloverWorks アニメーション制作がA-1Picturesより会社分割したCloverWorksに変更となっている。第17話から第22話までは後提供に限り、
主人公以外のキャラクターが週替わりで提供読みを行っており、本枠で主人公以外のキャラクターが提供読みを行うのは本作が初。
MIX 2019年4月6日 -
9月28日
全24話 オー・エル・エム 平成最後の読売テレビ制作の新作アニメとなった。
僕のヒーローアカデミア
(第4期)
2019年10月12日 -
(製作局)
ボンズ 元号が令和に改元された後としては最初の読売テレビ製作の新作アニメとなる。
第3期と同様、主人公による提供読みが再び廃止された。

休止について編集

  • 『宇宙兄弟』枠移動と同時に開始した、毎年7月に放送される大型音楽特別番組『THE MUSIC DAY』の際は休止となる。
  • また毎年8月に放送される大型特別番組『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』(現在は土曜18:30から開始)の際は、18時台後半の『満天☆青空レストラン』と18時台前半の『コナン』がそれぞれ30分繰り上がる場合は休止。ただし、『青空レストラン』だけ繰り上がり、『コナン』が休止になる場合、本枠は通常通り放送される。
  • このほか、年末年始・改編期特別体制、スポーツ中継などで『コナン』が繰り上がった時と『コナン』のテレビスペシャル放送時も休止される[6]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 連合通信ドットコム - 開局55周年で記念番組・イベント展開=3年間で30億円投資し新しいものにチャレンジ-読売テ望月社長、今年の経営方針など語る。archive.orgによるウェブアーカイブ
  2. ^ これに伴い、日本テレビで17時台にアニメの放送をしたことがないのは日曜日だけとなった。
  3. ^ FNNスーパーニュースWEEKEND』(2014年度まで)→『FNNみんなのニュースWeekend』(2015年度から2017年度まで)→『プライムニュース イブニング』(2018年度)→『Live News it!』(2019年度から)
  4. ^ これは、同作の劇場版のPRムービーが次回予告後に挿入されたためであり、提供クレジットは、前提供は画面右下の表記に、後提供は予告中に画面下の表記(読売テレビ制作のアニメ枠で後提供にこの表記がされたのは『ヤッターマン(リメイク版)』以来約8年半ぶり)にそれぞれ変更された。なお、『名探偵コナン』については、提供読みを引き続き継続。この処置は2019年10月からの同作第4期でも行われている。
  5. ^ 実質的に、この作品では読売テレビは製作局の扱いではなく幹事局の扱いといえる。
  6. ^ 2019年秋の改編時は、10月5日に『ラグビーワールドカップ2019』の中継が入っていたため、10月12日から開始(製作局の場合)したが、日本テレビをはじめとする一部系列局では、日本テレビ制作の台風19号関連の報道特別番組(「news every. サタデー」がベース)を、本番組第4期初回の放送時間帯ならびに『コナン』の放送時間帯にて放送したため休止という異例の事態となった。休止となった地域は、翌週に振り替えて放送開始となった。この振替放送では、ノンスポンサー・データ放送無しとなっている。

関連項目編集

外部リンク編集

読売テレビをはじめとする日本テレビ系列テレビ大分を除く) 土曜17:30 - 18:00枠
前番組 番組名 次番組
news every.サタデー
(2010年4月3日 - 2013年3月30日)
【ここまで日本テレビ制作・報道番組枠】
【30分繰り上げて継続】
読売テレビ制作
土曜夕方5時30分枠のアニメ
(2013年4月6日 - )
【ここから読売テレビ制作・アニメ枠】
【2014年4月5日より黄金のミステリーアワー前半枠に改題】
-