メインメニューを開く

読売放送(よみうりほうそう)とは1950年読売新聞社東京都に開設を計画したAMラジオ放送局。略称YBC。

概説編集

戦後民間放送の発足に道が開かれ、1950年に全国紙地方紙といった新聞社資本を中心に大量の申請が提出された。当時の読売新聞社は読売争議の直後で疲弊しており、経営再建が急務でとても民間放送に手が回る状態ではなかった。

それでも会社設立に向け準備をしたのは、毎日新聞社が東京にラジオ日本(現在のRFラジオ日本とは別)を、大阪に新日本放送(NJB。現在の毎日放送(MBS))を、福岡にラジオ九州(RKB。現在のRKB毎日放送)をそれぞれ開局すべく準備し、また朝日新聞社朝日放送(略称ABC。東京と大阪でそれぞれ開局するつもりだった)を準備していたため対抗上動いていた事もあったが、実際は当時読売新聞社が編集提携していた名古屋中部日本新聞社中部日本放送(CBC)を立ち上げる事となり、そのキー局としてどうしても東京の放送局が必要だったからである。

結局読売放送は机上プランにとどまったものの、当時の郵政当局の強引な後押しもあって、1951年ラジオ日本、朝日放送(東京のみ)、東京放送(電通系)と共にラジオ東京(JOKR。後の東京放送、現在のTBSラジオ)に統合され、同年12月25日に開局。先行して開局した上記名古屋CBCや大阪NJB、ABC、福岡RKBとネットを組むことになる。読売新聞社は1974年3月まで同局の大株主として経営に関与していた。1974年まで読売新聞社の関連企業としてTBSが名を連ねていたのはこのためである。

備考編集

脚注編集

  1. ^ 東京中日スポーツの前身、東京中日新聞を創刊したのが最初。1963年東京新聞の発行元・東京新聞社の経営に参加、1967年に東京新聞の編集及び発行を東京新聞社から承継。
  2. ^ 読売本体とは別組織・別法人の会社によって中部読売新聞として創刊。1988年に読売本体に合流して読売新聞中部本社(現・支社)となる。