メインメニューを開く

調所広丈

調所広丈

調所 広丈(ちょうしょ ひろたけ、1840年5月2日天保11年4月1日)- 1911年明治44年)12月30日)は、幕末薩摩藩士明治期の官僚政治家。官選県知事元老院議官貴族院議員錦鶏間祗候男爵。姓の元の読み「ずしょ」を「ちょうしょ」に変更した。

目次

経歴編集

薩摩藩士・調所広郷の三男として生まれる。戊辰戦争に従軍し、1869年箱館戦争に参加した。

明治5年3月5日1872年4月12日)、開拓使に入り七等出仕となる。以後、開拓幹事、開拓少判官、兼札幌学校長、開拓権書記官、兼札幌農学校長、開拓大書記官などを歴任。1882年札幌県令に就任。

1886年1月、開拓使廃止に伴い元老院議官に就任。1889年6月、高知県知事となる。1892年2月の第2回衆議院議員総選挙において選挙干渉を行って死傷者を出し、同年7月、鳥取県知事に転じた。1893年10月の大水害の復旧に尽力。1894年9月に同県知事を退任。同年10月、貴族院勅選議員に任じられ、死去するまで在任。1899年12月5日、錦鶏間祗候[1]1900年5月9日には、男爵を叙爵した。

栄典編集

親族編集

脚注編集

  1. ^ 『官報』第4930号、明治32年12月6日。
  2. ^ 『官報』第907号「叙任及辞令」1886年7月10日。
  3. ^ 『官報』第1929号「叙任及辞令」1889年12月2日。
  4. ^ 『官報』号外「授爵叙任及辞令」1900年5月9日。
  5. ^ 『平成新修旧華族家系大成』下巻、91頁。

参考文献編集

関連項目編集

  • 坂田山心中事件 - 広丈の孫(五男・定の子)が起こした事件で、映画化もされた。


日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
調所(広丈)家初代
1900年 - 1911年
次代:
調所恒徳