メインメニューを開く

諏訪 佐市(すわ さいち、1908年9月10日 - 1989年5月24日)は、日本競馬騎手調教師

諏訪佐市
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県香取郡
生年月日 1908年9月10日
死没 (1989-05-24) 1989年5月24日(80歳没)
騎手情報
所属団体 阪神競馬倶楽部
日本競馬会
日本中央競馬会
所属厩舎 新堂捨蔵鳴尾 (1924年-?)
初免許年 1926年
免許区分 平地速歩
調教師情報
初免許年 1937年(1944年-1954年休業)
調教師引退日 1989年3月1日(定年)
重賞勝利 32勝
G1級勝利 2勝(八大競走)
通算勝利 6752戦815勝
経歴
所属 阪神競馬場(1937年-1944年)
中京競馬場(1954年-1971年)
栗東T.C. (1971年-1989年)
テンプレートを表示

1926年に阪神競馬倶楽部で騎手デビューし、最高格競走・帝室御賞典で2勝を挙げるなど活躍。1937年より調教師騎手兼業となったが、太平洋戦争中に一時廃業。1954年より再び調教師として復帰し、それぞれ桜花賞に優勝したミスリラスギヒメなどを手掛けた。1989年に定年引退。

目次

経歴編集

千葉県香取郡出身[1]。1924年に阪神競馬倶楽部(鳴尾競馬場)の新堂捨蔵厩舎に入門し、1926年に騎手免許を取得した[1]。騎手としての成績詳細は不明だが[2]、スモールジャック、ダイナモといった騎乗馬で帝室御賞典を制したほか、14勝を挙げた抽籤馬スモールドウターなどで活躍し[3]、男ぶりの良さもあり関西では武田文吾大久保亀治と並ぶ花形騎手であったという[2]

1937年に調教師・騎手兼業となったが、太平洋戦争の勃発とその激化に伴い1944年から競馬開催が大幅に縮小(翌年休止)されると郷里の千葉に戻り、しばしラッカセイ作りで生計をたてた[2]

日本中央競馬会が発足した1954年、調教師として復帰[2]中京競馬場に所属し、後に「ダテ」の冠名でも知られた浅野国次郎が顧客としてついた[2]。1956年には浅野の所有馬ミスリラで桜花賞に優勝し、クラシック競走初制覇を果たす。1961年にはスギヒメで再び桜花賞を制した。管理下からの八大競走優勝馬はこの2頭のみであったが、他にも1964年から66年にかけて重賞8勝を挙げたバリモスニセイや、1967年の中山大障害(秋)を制したヤマニンダイヤなど、数々の重賞勝利馬を手掛けた。1966年には優秀調教師賞を、1971年には調教技術賞を受賞した[1]

相馬眼や血統についての造詣は高く評価され、数々の有力馬主からの後援を受けた[2]。調教師として関西きっての存在となった武田文吾とは友人かつよき競争相手であり、「喋りでは文ちゃんに負ける。しかし、馬の仕上げでは負けん」が口癖であったという[4]。他方、人の好き嫌いは激しく、また「瞬間湯沸かし器[5]」というほどの短気な性格が災いし、前述の浅野を含め馬主との衝突の末に馬を引き上げられたり[2]、騎手となった平目孝志とも確執が生まれ、代替わりを機に関係を絶たれることも多かった[5]。このため、晩年は良馬に恵まれなかったともいう[5]

1989年、先だって決まっていた調教師の定年制が実施されると、諏訪は関西所属の適用者第1号となり、同年2月28日をもって引退した。通算6752戦815勝[4]。同年5月24日、肺炎のため80歳で死去した[1]

成績編集

騎手成績編集

主な騎乗馬編集

  • スモールジャック(1935年阪神帝室御賞典・秋、阪神農林省賞典・秋 1936年阪神記念
  • ダイナモ(1936年阪神帝室御賞典・秋)
  • スモールドウター(1936年阪神記念アラブ系抽籤馬)

調教師成績編集

主な管理馬編集

八大競走優勝馬

その他重賞競走優勝馬

弟子編集

主な弟子には調教師として天皇賞馬タイテエムを管理した橋田俊三橋田満の父)、ランドプリンスに騎乗し皐月賞を制した川端義雄がいる。須貝彦三須貝四郎、橋田満は孫弟子、須貝尚介は曾孫弟子にあたる[6]

親族編集

妻は中山競馬場所属の調教師であった東原玉造の長女[3]。晩年に自宅の火災により死別している[7]東原実は義弟。また、弟子の大沢真マーベラスクラウンマーベラスサンデーなどの調教師)は一時諏訪の養子となり[3]「諏訪真」を名乗っていたが、のちに大沢に復姓している。

出典編集

  1. ^ a b c d 『調教師の本』p.376
  2. ^ a b c d e f g 『調教師の本』pp.347-349
  3. ^ a b c 井上(1964)p.227
  4. ^ a b 『調教師の本』pp.351-352
  5. ^ a b c 『調教師の本』pp.357-359
  6. ^ 『日本調教師会50年史』p.195
  7. ^ 『調教師の本』p.350

参考文献編集

  • 井上康文『新版 調教師・騎手名鑑1964年版』(大日本競馬図書刊行会、1964年)
  • 中央競馬ピーアール・センター編『調教師の本』(日本中央競馬会、1990年)