諏訪 忠尋(すわ ただひろ)は、江戸時代中期の信濃国高島藩の世嗣。官位従五位下出雲守

 
諏訪忠尋
時代 江戸時代中期
生誕 元禄8年10月16日1695年11月22日
死没 享保2年4月23日1717年6月2日
改名 菊之丞、小太郎(幼名)、忠尋
戒名 景耀院霊淵空恵
官位 従五位下出雲守
信濃高島藩世嗣
氏族 諏訪氏
父母 諏訪忠虎松平昌勝
兄弟 忠尋忠休、於栄、本多助有正室、雲台院ら
永井直敬の娘
テンプレートを表示

略歴編集

信濃国高島藩4代藩主・諏訪忠虎の三男(嫡男)として誕生した。母は越前国松岡藩主松平昌勝の娘。幼名は菊之丞、小太郎。正室は永井直敬の娘。

宝永元年(1704年)9月15日、5代将軍・徳川綱吉に初御目見した。宝永6年(1709年)6月27日に従五位下出雲守に叙任された。

享保2年(1717年)に家督相続前に23歳で早世した。戒名は景耀院霊淵空恵。のち正室は、常陸国麻生藩主の新庄直祐に再嫁した。

諏訪家は嫡子を失ったため、分家旗本から忠林が婿養子として迎えられた。

参考文献編集

  • 『諏訪家譜』(『諏訪史料叢書』第27巻)