メインメニューを開く

諏訪 忠恒(すわ ただつね)は、江戸時代前期の大名信濃国諏訪藩の第2代藩主で、初代藩主諏訪頼水長男

 
諏訪 忠恒
時代 江戸時代前期
生誕 文禄4年4月4日1595年5月13日
死没 明暦3年9月28日1657年11月4日
改名 竹千代麿(幼名)→忠頼(初名)→忠澄→忠恒
戒名 天久院殿一実要關大居士
墓所 長野県諏訪市湯の脇の温泉寺
官位 従五位下、出雲
幕府 江戸幕府
主君 徳川家光家綱
信濃諏訪藩
氏族 諏訪氏
父母 父:諏訪頼水、母:本多康重の娘
兄弟 忠恒頼郷頼長頼孚
正室稲葉典通の娘
娘(山口弘隆正室)、娘(諏訪頼音正室)、忠晴頼蔭頼久盛條、娘(岡田善次正室)
テンプレートを表示

生涯編集

この節の出典:[1][2]

慶長12年(1607年)、第2代将軍・徳川秀忠に謁見して刀などを賜り、元服して忠頼(ただより、初名)と名乗った(「忠」の字は秀忠の偏諱と思われる)。

慶長19年(1614年)、大坂冬の陣では信濃国高島城を守備し、翌年の大坂夏の陣では、甲府城守備を任じられた父に代わって大坂へ出陣し、榊原康勝軍に属して、若江の戦い天王寺の戦いで奮戦し、戦後、筑摩郡に5000石を加増されている。

寛永17年(1640年)、父から家督を譲られた。そして藩政に力を注ぎ、新田開発に努めた。

慶安4年(1651年甲州街道、信濃国金沢宿宿場町の建設に尽力した[3]

明暦2年(1656年)に信濃国金沢村(現在の茅野市金沢区)と隣の千野村との間に山論が起きた。その時、忠恒の裁定により、高道下境塚[注釈 1]を起点とし、松倉峠(金沢峠)[注釈 2]に至る一線を画し、境界が確定たことにより、争いは解決したかに見えたが息子忠晴の代になってから再び争いが再炎することとなる[4][5] 。   明暦3年(1657年)9月28日に63歳で死去。家督は長男の忠晴が継いだ。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 現在の茅野市宮川区
  2. ^ 松倉峠は高遠町の松倉から茅野市金沢の大池、またはJR青柳駅に通ずる峠である。高遠側からは金沢峠と呼ばれている。

出典編集

  1. ^ デジタル版 日本人名大辞典+Plus(講談社)『諏訪忠恒』 - コトバンク
  2. ^ 朝日日本歴史人物事典(朝日新聞社)『諏訪忠恒』 - コトバンク
  3. ^ 小林勝郎『義民小松三郎左衛門とその子孫 甲州街道金沢宿本陣問屋ー長野県諏訪市』中央企画出版、1986年、小松家年譜参照)
  4. ^ 小松三郎左衛門参照
  5. ^ 参考文献・小松三郎左衛門 頌徳碑