メインメニューを開く

諏訪 忠晴(すわ ただはる)は、信濃高島藩の第3代藩主。第2代藩主・諏訪忠恒長男

 
諏訪 忠晴
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 寛永16年8月21日1639年9月18日
死没 元禄8年3月2日1695年4月14日
改名 右京(幼名)→忠晴
戒名 乾隆院殿雄巌文頴大居士
墓所 長野県諏訪市湯の脇の温泉寺
官位 従五位下、因幡
幕府 江戸幕府
主君 徳川家綱綱吉
信濃高島藩
氏族 諏訪氏
父母 諏訪忠恒:永高院(小喜多氏)
兄弟 忠晴頼蔭頼久盛條
正室内藤忠興養女
忠虎(三男)、頼基(四男、諏訪大社大祝諏訪頼隆養子)
テンプレートを表示

生涯編集

この節の出典:[1]

明暦3年(1657年)、父の死去により跡を継ぐ。このとき、筑摩郡5000石のうち、頼蔭(埴原知行所)と頼久(百瀬知行所)にそれぞれ1000石ずつ分知し旗本に列させたため、諏訪藩は3万2000石から3万石となった。百瀬知行所には陣屋を置いた。同年12月27日に叙任する。

延宝4年(1676年)武家伝記である『本朝武林小伝』7巻とその続編である35巻を編纂する。また、狩野派の絵もよく描いていたなど、文化人としても優れていたことが伝えられている。


延宝の飢饉[2]で諏訪藩内でも死者が1200人も出るなど被害者が大きかった。忠晴は宗門改め検地など、知行制度の整備など藩の支配機構を整え、藩体制の確立に努めた。その頃の藩主としての厳しい一面を伝える逸話がある。延宝6年(1678年)父忠恒の時代に解決したかに見えた金沢山の入会権をめぐる金沢村と隣の千野村との争いの再炎で、代表として紛争の解決にあたった金沢宿(現茅野市金沢)の問屋小松三郎左衛門が村のため裁許状をくつがえそうと、江戸へ直訴しようとし、忠晴の怒りにふれ処刑された。その後、財産没取、妻子は追放された。 小松三郎左衛門磔殺事件といわれる苛酷な出来事である。[3][4]

天和元年(1682年)には高田城在番と高田領内の検地を務めた功績[5]により、天和3年(1683年)7月28日に幕府より恩賞を授かっている。その後も大坂城山里御門番、江戸火消役などを務めた。(忠晴晩年頃から諏訪藩内での家老政治[6]が始まり、後の二の丸騒動へと続いていく[7]。)


元禄8年(1695年)3月2日に57歳で死去し、跡を三男忠虎が継いだ。

脚注編集

  1. ^ デジタル版 日本人名大辞典+Plus(講談社)『諏訪忠晴』 - コトバンク
  2. ^ 江戸四大飢饉参照
  3. ^ 小松三郎左衛門参照
  4. ^ 参考文献・小松三郎左衛門 頌徳碑
  5. ^ 注釈:天和元年(1681年)の高田藩松平光長改易後の4年間は1年交代で、近隣の大名2家ずつが選ばれ、高田城に在城で城番を務めた。忠晴の時の相方は同じ信濃国の上田藩主の仙石政明と思われる。
  6. ^ 注釈:藩主が政治を家老に任せにする
  7. ^ 諏訪忠厚二の丸騒動の節参照