論蔵(ろんぞう、: Abhidhamma piṭaka(アビダンマ・ピタカ): Abhidharma piṭaka(アビダルマ・ピタカ))とは、律蔵経蔵とともに、仏教の聖典(仏典三蔵)の一部であり、仏陀の教えに対する解釈・注釈書である: Abhidhamma(アビダンマ): Abhidharma(アビダルマ)阿毘達磨)をまとめたもの。

種類編集

上座部仏教(南伝仏教)編集

上座部仏教(南伝仏教)の聖典である『パーリ仏典』(パーリ三蔵)における論蔵には、

の7書が伝えられている。

(更に後代になると、蔵外に「アッタカター」という注釈書も作成されるようになった。)

中国仏教(北伝仏教)編集

説一切有部編集

中国仏教(北伝仏教)には、部派仏教の古典的な論書(阿毘達磨)としては、説一切有部

や、その再注釈である『婆沙論』『倶舎論』等が伝わり、倶舎宗毘曇宗)が形成された。

大乗仏教編集

出典編集

関連項目編集