諸蕃志』 (しょばんし、ピン音:Zhufan Zhi、ウェード式:Chu-fan-chi)は、中国南宋時代に成立した地誌1225年ごろ成立。

諸蕃志

泉州市舶司をつとめた趙汝适(ちょうじょかつ、ピン音:Zhao Rugua、1170–1231)によって編纂された[1][2]周去非が著述した『嶺外代答』(1178年)から資料をとっている。

上巻は東南アジア西アジアを中心にした中国から海路で行くことのできる各国(流求国倭国もある)の場所、習俗、特産物について、下巻は物産品の目録・カタログである。西はシチリア島の記述もある。

乳香が、ミルバト(オマーン)、Shihr、ドファールの山を産地とし[3]アラビアザバグ王国英語版(Sanfoqi)での交易にちなみ、Sanfoqiとして知られる、と書かれている[4]

文献編集

  • 趙汝适 『諸蕃志』藤善真澄ほか訳注 <関西大学東西学術研究所訳注シリーズ> 関西大学出版部、1991年

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Friedrich Hirth and W.W. Rockhill (translators), CHAU-JU-KUA: His work on the Chinese and Arab Trade in the twelfth and thirteenth Centuries, entitled chu-fan-chi (Cheng-Wen Publishing Company, 1967).
  2. ^ CHAU-JU-KUA: His work on the Chinese and Arab Trade in the twelfth and thirteenth Centuries, entitled chu-fan-chi (scanned version in PDF format)
  3. ^ Ralph Kauz (2010). Ralph Kauz. ed. Aspects of the Maritime Silk Road: From the Persian Gulf to the East China Sea. Volume 10 of East Asian Economic and Socio-cultural Studies - East Asian Maritime History. Otto Harrassowitz Verlag. p. 130. https://books.google.co.jp/books?id=YJibpHfnw94C&pg=PA130&redir_esc=y&hl=ja 2011年12月26日閲覧。 
  4. ^ Ralph Kauz (2010). Ralph Kauz. ed. Aspects of the Maritime Silk Road: From the Persian Gulf to the East China Sea. Volume 10 of East Asian Economic and Socio-cultural Studies - East Asian Maritime History. Otto Harrassowitz Verlag. p. 131. https://books.google.co.jp/books?id=YJibpHfnw94C&pg=PA131&redir_esc=y&hl=ja 

関連項目編集

外部リンク編集