講道館杯全日本柔道体重別選手権大会

講道館杯全日本柔道体重別選手権大会(こうどうかんはいぜんにほんじゅうどうたいじゅうべつせんしゅけんたいかい)は、毎年11月頃に開催される体重別柔道日本一を決定する大会である。一般に、略して講道館杯と呼ばれる事が多い。

同じく体重別で行われる全日本選抜柔道体重別選手権大会や体重無差別のみで行われる全日本柔道選手権大会と共に日本国内におけるビッグタイトルの1つであり、本大会の結果から冬季ヨーロッパ国際大会の出場メンバーが選出・決定される。

小松製作所が特別協賛を務める。

歴史編集

1976年より実施されてきた「国際試合強化選手選考会」が1985年に「講道館杯全国柔道体重別選手権大会」に改められ、1996年に当項目名となった。

女子は1979年に「全日本女子柔道強化選手選考会」として開始されて、1995年には「全国女子柔道体重別選手権大会」と名称が変更され、2003年からは別途開催されていた女子の体重別選手権が男子の講道館杯と統合されることになり、同時開催となった(但し女子は初日、男子は2日目と男女別々の日に開催されていたが、2010年より初日、2日目ともに男女同時に開催されることになった)[1]

2020年10月開催の今大会は、新型コロナウイルスの影響により、4月から延期になっていた選抜体重別を兼ねる大会とになった[2]。なお、大会前日に選手全員に対してスマートアンプ法でコロナ検査を行ったところ、全員陰性の結果を得られた[3]。なお、当大会の60 kg級決勝での誤審騒動がきっかけとなり、2021年の大会よりカラー柔道衣が導入されることになった[4]

2021年11月に開催予定だった今大会は新型コロナウイルスの影響で、2022年1月に甲府での平日開催に延期された[5]

歴代優勝者編集

男子編集

歴代優勝者
60 kg以下級 65 kg以下級 71 kg以下級 78 kg以下級 86 kg以下級 95 kg以下級 95 kg超級
1976年 森脇保彦 佐原恭輔 吉村和郎 阪口和秋 重松義成 石川裕章 喜納政美
1978年 鈴木克美 佐原恭輔 斎藤俊郎 藤猪省三 諏訪剛 岩田久和 松井勲
1979年 濱田初幸 佐原恭輔 香月清人 糀沢博之 高橋政男 安河内春彦 永福栄治
1980年 鈴木克美 柏崎克彦 西田孝宏 糀沢博之 恵谷正雄 白瀬英春 百田秀明
1981年 浅見三喜夫 柏崎克彦 西田孝宏 加瀬次郎 星君男 河原月夫 青山光一
1982年 浅見三喜夫 松岡義之 西田孝宏 高野裕光 田村信一 渡辺孝司 滝吉直樹
1983年 濱田初幸 佐原恭輔 西田孝宏 高野裕光 小林弘二 三原正人 滝吉直樹
1984年 細川伸二 斎藤俊郎 中西英敏 加瀬次郎 田村信一 諏訪剛 田代光恭
1985年 小野幸司 松岡義之 西田孝宏 阿部高弘 諏訪剛 須貝等 村上修司
1986年 木田守 山本洋祐 吉鷹幸春 高野裕光 三好明広 須貝等 岡田正行
1987年 出口達也 山本洋祐 飛崎哲治 高野裕光 三戸範之 羽賀善夫 樋川純
1988年 細川伸二 山本洋祐 古賀稔彦 赤星陽治 三好明広 須貝等 渡辺浩稔
1989年 越野忠則 松雪博 古賀稔彦 持田達人 村田正夫 甲斐康浩 岡泉淳
1990年 越野忠則 大熊政彦 古賀稔彦 持田達人 岡田弘隆 甲斐康浩 下出善紀
1991年 越野忠則 丸山顕志 古賀稔彦 吉田秀彦 佐藤博信 賀持道明 岡泉淳
1992年 越野忠則 丸山顕志 古賀稔彦 高波善行 岡田弘隆 甲斐康浩 下出善紀
1993年 原田堅一 大熊政彦 中村兼三 高波善行 中村佳央 岡泉茂 関根英之
1994年
4月
園田隆二 中村行成 藤山茂 堀越英範 中村佳央 岡泉茂 篠原信一
1994年
12月
板楠忠士 南條充寿 岩川武久 瀧本誠 吉田秀彦 賀持道明 篠原信一
1995年 徳野和彦 中村行成 中村兼三 窪田和則 田辺勝 中村佳央 小川直也
1996年 徳野和彦 中村行成 矢野智彦 窪田和則 藤田博臣 坂本大記 真喜志慶治
60 kg以下級 66 kg以下級 73 kg以下級 81 kg以下級 90 kg以下級 100 kg以下級 100 kg超級
1997年 徳野和彦 中村行成 矢野智彦 瀧本誠 中村佳央 井上康生 篠原信一
1998年 堤時貞 鳥居智男 矢野智彦 瀧本誠 吉田秀彦 鈴木桂治 金野潤
1999年 野村忠宏 鳥居智男 高松正裕 村田龍一 竹下忠良 鈴木桂治 猿渡琢海
2000年 徳野和彦 中村行成 金丸雄介 中村兼三 飛塚雅俊 鈴木桂治 高橋宏明
2001年 内柴正人 北川勝広 斎藤順道 秋山成勲 斎藤制剛 鈴木桂治 棟田康幸
2002年 江種辰明 鳥居智男 田中秀昌 瀧本誠 筒井宏樹 庄司武男 高橋宏明
2003年 徳野和彦 内柴正人 石川美久 谷口徹 泉浩 穴井隆将 森大助
2004年 江種辰明 鳥居智男 金丸雄介 塘内将彦 斎藤制剛 石井慧 高井洋平
2005年 佐々木伸次朗 秋本啓之 稲澤真人 吉永慎也 斎藤制剛 石井慧 高橋宏明
2006年 和泉強志 鳥居智男 成田泰崇 塘内将彦 斎藤制剛 穴井隆将 井上康生
2007年 小川武志 鳥居智男 粟野靖浩 高松正裕 斎藤制剛 竹谷知記 生田秀和
2008年 秋元希星 鳥居智男 稲澤真人 塘内将彦 西山将士 穴井隆将 加藤光将
2009年 福岡政章 海老沼匡 秋本啓之 河原正太 西山将士 小林大輔 高橋和彦
2010年 山本浩史 小寺将史 中矢力 河原正太 西山将士 羽賀龍之介 百瀬優
2011年 川端龍 高上智史 大束匡彦 長島啓太 西山将士 羽賀龍之介 石井竜太
2012年 木戸慎二 福岡政章 大野将平 長島啓太 加藤博剛 熊代佑輔 原沢久喜
2013年 木戸慎二 丸山城志郎 太田慶一 永瀬貴規 加藤博剛 増渕樹 上川大樹
2014年 山本浩史 阿部一二三 西山雄希 渡邉勇人 西山大希 高木海帆 岩尾敬太
2015年 山本浩史 竪山将 橋本壮市 海老泰博 大辻康太 ウルフ・アロン 上川大樹
2016年 永山竜樹 磯田範仁 立川新 渡邉勇人 長澤憲大 ウルフ・アロン 王子谷剛志
2017年 宮之原誠也 丸山城志郎 立川新 佐々木健志 向翔一郎 飯田健太郎 小川雄勢
2018年 大島優磨 藤阪太郎 立川新 小原拳哉 ベイカー茉秋 熊代佑輔 影浦心
2019年 青木大 相田勇司 原田健士 友清光 村尾三四郎 羽賀龍之介 熊代佑輔
2020年 小西誠志郎 米村克麻 藤阪泰恒 原田健士 小原拳哉 村尾三四郎 飯田健太郎 影浦心

女子編集

歴代優勝者
48 kg以下級 52 kg以下級 57 kg以下級 63 kg以下級 70 kg以下級 78 kg以下級 78 kg超級
2003年 北田佳世 横澤由貴 茂木仙子 谷本歩実 七條芳美 中澤さえ 薪谷翠
2004年 北田佳世 吉村依子 宮本樹理 上野順恵 岡明日香 中澤さえ 薪谷翠
2005年 中村美里 岡崎綾子 佐藤愛子 上野順恵 岡明日香 堀江久美子 杉本美香
2006年 山岸絵美 君島奈津子 宇高菜絵 上野順恵 渡邉美奈 長瀬めぐみ 立山真衣
2007年 浅見八瑠奈 中村美里 松本薫 小澤理奈 渡邉美奈 穴井さやか 立山真衣
2008年 山岸絵美 中村美里 徳久瞳 上野順恵 國原頼子 穴井さやか 杉本美香
2009年 山岸絵美 西田優香 宇高菜絵 平井希 渡邉美奈 緒方亜香里 塚田真希
2010年 浅見八瑠奈 山本杏 牧志津香 谷本育実 國原頼子 平岡麻美 山部佳苗
2011年 浅香夕海 加賀谷千保 石川慈 田中美衣 今井優子 佐藤瑠香 田知本愛
2012年 浅見八瑠奈 黒木美晴 山本杏 阿部香菜 大野陽子 佐藤瑠香 白石のどか
2013年 森崎由理江 中村美里 松本薫 片桐夏海 ヌンイラ華蓮 岡村智美 朝比奈沙羅
2014年 浅見八瑠奈 西田優香 芳田司 嶺井美穂 田知本遥 梅木真美 朝比奈沙羅
2015年 渡名喜風南 西田優香 石川慈 能智亜衣美 大野陽子 濵田尚里 朝比奈沙羅
2016年 渡名喜風南 角田夏実 石川慈 能智亜衣美 新添左季 佐藤瑠香 朝比奈沙羅
2017年 遠藤宏美 阿部詩 山本杏 土井雅子 新添左季 濱田尚里 井上あかり
2018年 芳田真 前田千島 富沢佳奈 土井雅子 田中志歩 梅木真美 秋場麻優
2019年 角田夏実 内尾真子 玉置桃 鍋倉那美 田中志歩 梅木真美 冨田若春
2020年 立川莉奈 武田亮子 柴田理帆 堀川恵 寺田宇多菜 高山莉加 冨田若春

全日本女子柔道強化選手選考会編集

歴代優勝者
50 kg以下級 55 kg以下級 60 kg以下級 66 kg以下級 72 kg以下級 72 kg超級
1 1979年 山口香 西條美智子 星野佐代子 福田洋美 佐藤広世 川村順子
48 kg以下級 52 kg以下級 56 kg以下級 61 kg以下級 66 kg以下級 72 kg超級
2 1981年 林浪子 山口香 永井多惠子 笹原美智子 福田洋美 川村順子
48 kg以下級 52 kg以下級 56 kg以下級 61 kg以下級 66 kg以下級 66 kg超級
3 1983年 中原ひとみ 山口香 西條美智子 八戸かおり 神取しのぶ 鈴木洋子
48 kg以下級 52 kg以下級 56 kg以下級 61 kg以下級 66 kg以下級 72 kg以下級 72 kg超級
4 1984年 橋本真由美 上野真由美 稲垣富美子 奥村由香 宮崎和子 大村嘉奈 松村智美
5 1985年5月 斉田己幸 山口香 渡部五月 八戸かおり 神取しのぶ 田辺陽子 松本宣子
6 1985年10月 泉香澄 稲垣富美子 奥村由香 城島直美 小泉圭子 黒川琴美 松尾徳子
7 1986年 青木広恵 泉香澄 稲垣富美子 持田典子 小林貴子 佐藤昭子 鈴木香
8 1987年 小笠原輝美 天野安喜子 小泉圭子 小竹尚子 阿部由記子 矢崎利加 松本宣子
9 1988年 鈴木若葉 溝口紀子 泉香澄 北爪弘子 阿部由記子 佐藤昭子 坂上洋子
10 1989年 永井和恵 植田睦 土川美和子 北爪弘子 阿部由記子 佐藤昭子 松本宣子
11 1990年 田村亮子 常松ゆか 松永真理子 北爪弘子 大石愛子 福場由里子 松本宣子
12 1991年 江崎史子 菅原教子 藪下めぐみ 宮家江美 大石愛子 佐藤昭子 坂上洋子
13 1992年 衛藤裕美子 植田睦 川村さおり 宮家江美 佐々木光 福場由里子 阿武教子
14 1993年 長井淳子 渋谷美枝子 溝口紀子 恵本裕子 大石愛子 福場由里子 浅田ゆかり
15 1994年 田村亮子 藪下めぐみ 立野千代里 恵本裕子 木本奈美 田辺陽子 阿武教子

全国女子柔道体重別選手権大会編集

歴代優勝者
48 kg以下級 52 kg以下級 56 kg以下級 61 kg以下級 66 kg以下級 72 kg以下級 72 kg超級
1 1995年 長井淳子 菅原教子 溝口紀子 北爪弘子 一見理沙 福場由里子 鈴木香
2 1996年 長井淳子 永井和恵 大塚雅子 北爪弘子 木本奈美 阿武教子 二宮美穂
48 kg以下級 52 kg以下級 57 kg以下級 63 kg以下級 70 kg以下級 78 kg以下級 78 kg超級
3 1997年 倉持亜佐美 大森千賀子 中橋治美 一見理沙 天尾美貴 阿武教子 鈴木香苗
4 1998年 田村亮子 楢崎教子 武田淳子 新改七星 上野雅恵 松崎みずほ 薪谷翠
5 1999年 中島英里子 磯崎祐子 日下部基栄 一見理沙 上野雅恵 松崎みずほ 薪谷翠
6 2000年 濱野千穂 磯崎祐子 山田真由美 木本奈美 風戸晴子 手島知佳 薪谷翠
7 2001年 中島英里子 佐藤愛子 山田真由美 上野順恵 天尾美貴 鳥谷部真弓 二宮美穂
8 2002年 北田佳世 横澤由貴 茂木仙子 早田英美 風戸晴子 阿武教子 徳田美由樹

審判規定編集

かつては講道館柔道試合審判規定で実施されていたが、のちに国際柔道連盟試合審判規定で実施されている。

会場編集

放送編集

フジテレビONEで当日の模様が録画中継され、フジテレビ地上波では大会最終日の深夜にダイジェスト放送される。

2020年大会の誤審騒動編集

新型コロナウイルス感染症流行下でおこなわれた、2020年大会の60 kg級決勝では誤審騒動が起きた。この試合は解説が木村昌彦NHK-BSでテレビ生放送されていた[6][7]国士舘大学小西誠志郎センコー米村克麻が対戦すると、米村が隅返で先に技ありを先取。その後、袈裟固で小西が抑え込むも、電光表示板の担当者が抑え込んでいる選手を米村と勘違いしたために10秒経過した時点でブザーが鳴ってしまい、主審が小西による一本を宣告した。しかし、小西による抑え込みは8秒で脚が上から絡まって解けていたとビデオ判定で判断されて技ありは認められなかった。主審は一本は取り消し、抑え込みの「解けた」も宣告した[8]。これに対して国士館大学監督の吉永慎也が猛抗議して試合が5分ほど中断されると、小西が上で抑え込みが解けた状態から「よし」で再開され[8]、すぐに脚を抜いてまた抑え込むがここでも8秒で解けたため[6]、結果として小西は技ありを取れず、先に取った技ありを守り切った米村が優勝することとなった[9]。講道館ルールでは上から脚を掛けても抑込技は解けたとならないが、この大会の国際柔道連盟ルールでは解けたとなる[10]。また、書籍『柔道のルールと審判法』や資料『国際柔道連盟試合審判規定変更点について2020年1月13日より有効』ではこのルールについて説明している箇所では下から挟んでる場合と上から挟んでいる場合の図を載せているが、この大会当時、全日本柔道連盟(全柔連)のサイトからダウンロードできた資料『2018年~2020年 国際柔道連盟試合審判規定』(日本語版)では下から挟んでいる図を2枚載せていた[10][11][12][13]。両選手にビデオ判定の裁定について説明はなく、再開から一時、掲示板に小西に技あり1とも表記されたため混乱は続いた[14]。この混乱に対して審判委員長の大迫明伸は、柔道は相撲などと違って、審判団の裁定に対して選手に説明するルールになっていない。そのため、当事者にとって不明瞭な進行になるなど、「色んな残念なことが一度に重なってこのようなことになってしまった」と釈明した。なお、小西はこの件について次のようにコメントした。「(審判から)何も説明がなくて、試合中ずっと不安だった」「(先に)ポイントを取られたことは事実。悔しいけど、審判に(ポイントが)ないと言われたら、ない。(負けを)受け止めて、また一からやり直したい」[9][15]

その後に審判委員会、強化委員会、大会事業委員会、アスリート委員会の4委員会が試合を改めて検証した結果、中断後に小西が抑え込みを再開した際にカウントするのが3秒遅く始められていたため実際は11秒抑え込んでおり、この時点で小西に技ありが付与されるべきで、ポイントで並んだ両者はその後延長戦に入るべきだったが、すでに時間が経過しており、再試合は難しいとした。そのため全柔連は、「大会運営上の誤謬を認め、決勝戦の勝敗がついていなかったものとし、特例的かつ限定的に遡って両者優勝とすることで4委員会の意見が一致した」との報告を受け入れて、両者を優勝とすることに決めた。専務理事の中里壮也は「日本最高峰の柔道大会の運営に不備があり、選手や関係者にご迷惑をおかけし、多くの柔道ファンの方々に混乱を招く事態となり、心よりお詫び申し上げます」と陳謝した。また、4委員会はカラー柔道衣の導入、審議後の場内アナウンス制度の導入も提言した[16][17]。また、11月20日、全柔連はYouTubeの全柔連TVチャンネルで、小西の最初の抑込は時計係からは選手の腰の色紐が見えづらかった、カウントの開始が4秒遅れた、副審と審判委員はタイマー表示9秒の段階で「解けた」に気付いたがインカムで指示する前にブザーが鳴ってしまった、抑込開始からブザーまで14秒経っていたため主審と選手には20秒で一本の印象を与えた可能性がある、8秒ではなく7秒で解けていたと判断したことを明らかにした。さらには主審・副審と審判委員の合議では解けた後「待て」相当の時間が経過したと判断し「はじめ」とした、審判委員長を加えた合議で選手が立ち上がったあと寝技から再開できる規定はないが「はじめ」からでは小西に不利益が生じるとし第21条「規定に定められていない事態」を適用し解けた体勢から再開するとした、主審にビデオを見せて正しく再開できるようにしたが小西の首の抱え方が不十分であった、との見解を明らかにした。4委員会は、開始線の設置、国際柔道連盟ルール理解の徹底、タイマー操作の精度向上とリカバリープランの策定も提言したことを明らかにした[8]。11月29日現在、全柔連のサイトからダウンロードできる国際柔道連盟試合審判規定は下から脚を挟む図が2枚掲載されたままである[18]

全日本柔道連盟は12月3日、オンライン理事会を開き、12月13日の東京オリンピック66 kg級代表者決定戦である阿部一二三丸山城志郎2021年全日本選抜柔道体重別選手権大会、講道館杯でカラー柔道衣を導入することを承認した。全日本柔道選手権全日本女子柔道選手権は従来通り、白道着のみで行われる。[19][4]

脚注編集

  1. ^ 「講道館杯全日本柔道体重別選手権大会」近代柔道 ベースボール・マガジン社、2011年1月号、87頁
  2. ^ 66キロ級代表選考は12月で調整 丸山と阿部一、GS東京で―柔道男子 時事通信 2020年7月2日
  3. ^ コロナ検査は選手全員陰性 山下会長「貴重な財産、経験に」―講道館杯柔道 時事通信 2020年11月1日
  4. ^ a b 青の柔道着導入を承認 選抜体重別と講道館杯―全柔連 時事通信 2017年12月3日
  5. ^ 講道館杯、来年1月に延期 柔道 時事通信 2021年9月14日
  6. ^ a b 「テレビ生放送中の60kg級決勝で前代未聞のトラブル発生」『近代柔道』第42巻第12号、ベースボール・マガジン社、2020年11月20日、 22頁。
  7. ^ NHK 番組表”. NHK (2020年10月31日). 2020年11月5日閲覧。
  8. ^ a b c YouTube全柔連TVチャンネル (2020年11月20日). 【経緯説明】2020年度講道館杯60㎏級決勝戦における混乱について (VOD). 全日本柔道連盟.. https://www.youtube.com/watch?v=FanBsCRVUlg 2020年11月29日閲覧。 
  9. ^ a b 柔道“不可解裁定”で大混乱…審判長がミスを陳謝「残念なこと重なった」生中継で失態 デイリースポーツ 2020年10月31日
  10. ^ a b 小俣幸嗣、松井勲、尾形敬史『詳解 柔道のルールと審判法 2004年度版』大修館書店(原著2004年8月20日)、147頁。ISBN 4-469-26560-8
  11. ^ 国際柔道連盟試合審判規定変更点について2020年1月13日より有効”. 全日本柔道連盟. p. 10 (2020年1月13日). 2020年11月3日閲覧。
  12. ^ 全日本柔道連盟. “2018年〜2020年国際柔道連盟試合審判規定 (PDF)”. 全日本柔道連盟. p. 28. 2019年3月1日閲覧。
  13. ^ 全日本柔道連盟. “2018年〜2020年国際柔道連盟試合審判規定 (PDF)”. 全日本柔道連盟. p. 28. 2020年11月1日閲覧。
  14. ^ 末継智章「時計係ミス、主審間違い気づかず…混乱の初V「気まずい」米村 柔道講道館杯」『西日本スポーツ西日本新聞社、日本・福岡市、2020年11月1日。2020年11月6日閲覧。
  15. ^ 審判団の操作ミス重なり大混乱 審判委員長は陳謝も判定ミスは否定 柔道講道館杯 スポーツニッポン 2020年10月31日
  16. ^ 柔道・講道館杯の不可解裁定、ミス認め両者優勝 無効の抑え込みは「技あり」と結論 デイリースポーツ 2020年11月20日
  17. ^ 誤審混乱で全柔連謝罪「心よりおわび」再発防止策も 日刊スポーツ 2020年11月20日
  18. ^ 全日本柔道連盟. “2018年〜2020年国際柔道連盟試合審判規定 (PDF)”. 全日本柔道連盟. p. 28. 2020年11月29日閲覧。
  19. ^ 【柔道】「丸山城志郎 VS 阿部一二三」もブルー柔道着を導入 講道館杯の誤審騒動で再発防止へ”. 東スポWeb. 東京スポーツ (2020年12月3日). 2020年12月6日閲覧。

外部リンク編集