謝花喜一郎

沖縄県副知事
2018年5月20日、那覇市にて。

謝花 喜一郎(じゃはな きいちろう[1]1957年昭和32年) - )は、沖縄県職員。現在、沖縄県副知事。沖縄県企画部長、県知事公室長を歴任し、2018年8月には翁長雄志県知事の体調悪化に伴い、一時的に県知事職務代理者を務めた。

経歴編集

1957年生まれ、沖縄県今帰仁村出身。琉球大学卒業[2]

2012年より沖縄県企画部長[3]。企画部長時代は沖縄21世紀ビジョン基本計画の策定や沖縄振興一括交付金の創設など沖縄振興施策に携わり、国との交渉を担当した[3]。2016年より事務方トップの県知事公室長に就任し、同年6月には今後、沖縄県にて在日アメリカ軍絡みの事件や事故が発生した際には沖縄県からは抗議に出向かない方針を国に伝え、政府やアメリカ側が沖縄県に説明に来るよう要求した[4]

2018年3月末には定年を迎えるため、同年4月より特別職の企業局長に起用されることが2月上旬に報じられた[5]。ところが3月9日、浦崎唯昭副知事が辞職願を提出し、3月末で副知事を退任することが決定したため、翁長は後任に謝花を充てる人事を決定[6]。翁長は謝花の基地問題に対する取り組みを評価しており、また沖縄全般の政策に精通していることも起用の理由に挙げた[7]

県議会に提出された謝花を副知事とする人事案の審議では、県議会野党の沖縄・自民党より唐突な人事であると指摘されたほか、謝花がアメリカ軍基地問題を担当すると一部で報道されたため、基地問題を担当する副知事が1年で代わるのは県民や県議会への裏切り行為だとする批判も出た[8]。結局、3月28日の本会議では謝花の副知事就任議案は沖縄・自民党の議員が退席した上で採決が行われ、全会一致で可決された[9]

沖縄県副知事編集

2018年4月2日に副知事就任の辞令交付を受け、同日就任[2][10]辺野古への新基地建設に伴う公有水面埋め立て承認の撤回のために環境を整備すると務めるとした[10]一方で、国との対立点は辺野古の問題のみであるとして、それ以外の多くの面で政府と協力する意向を表明した[10]。5月には秋の県知事選挙にて翁長の再選を目指す新組織結成に向けた会合の出席者に名を連ねた[11]

ところが翁長は4月に膵臓がん手術を受け、以降治療を行ったが7月末に容態が悪化し、7月30日に浦添市の浦添総合病院に緊急入院する。謝花は8月4日に池田竹州知事公室長とともに翁長が入院する病院を訪れ、翁長より緊急時には副知事を職務代理者とする方針を受けた[12]。これが翁長との最後の面会となった[13]。翁長はその後、意識混濁となり意思決定が困難となったため、8月8日午後5時に謝花が緊急会見し、翁長の病気療養と、8月8日から12日までは謝花が、8月13日から当分の間は富川盛武副知事が知事職務を代理することを発表した[14]。それから約1時間半後の午後6時43分、翁長は現職知事のまま67歳で死去した[12][15]

沖縄県知事選挙編集

翁長が死去した8月8日の夜、謝花は浦添総合病院で記者会見を開き、翁長が生前に後継を指名していたかという記者からの質問に対し、これを否定した[12]。知事選挙は9月30日投開票と決まり、8月17日に行われた県政与党の調整会議では、謝花も候補者の一人として名が挙がった[16]。しかし18日になって翁長が生前、金秀グループ呉屋守将会長、玉城デニー衆議院議員の二人の名前を事実上の後継者として挙げる音声データが存在していたことが明らかとなる[16]。与党で唯一、音声の確認を行った県議会の新里米吉議長は遺族の意向を汲み音声の公開を拒んだため、音声に疑義があるとして県議会与党の会派おきなわ内部からも批判が起こった[17]が、25日になって謝花が親族関係者とともに音声の録音に立ち会っていたことが判明したほか、明確に後継という言葉は出ず、あくまで二人に期待しているという印象を受けたと証言した[18][19]

翁長が実施意向を示していた辺野古の水面埋め立て承認撤回の権限は8月17日付で謝花に委任された[20]。翁長は生前、承認撤回について、自分にもしものことがあれば頼むと謝花に委託していたことが後に本人より明かされている[20]。8月31日に沖縄県は埋め立て承認の撤回を行い、謝花は富川と共に記者会見し経緯などを説明した[21]

2018年9月30日の知事選挙では玉城デニーが当選し、10月1日に玉城は謝花を副知事として続投させると発表した[22]

出典編集

  1. ^ “翁長知事が意識混濁、副知事が代理へ 辞職は否定”. 朝日新聞. (2018年8月8日). https://www.asahi.com/articles/ASL885D5KL88TPOB001.html 2018年8月29日閲覧。 
  2. ^ a b “謝花氏が副知事就任 翁長知事から辞令 「辺野古撤回へ環境つくる」”. 沖縄タイムス. (2018年4月2日). http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/231189 2018年8月29日閲覧。 
  3. ^ a b “謝花喜一郎氏、知事公室長に内定”. 琉球新報. (2016年1月30日). https://ryukyushimpo.jp/news/entry-213058.html 2018年8月29日閲覧。 
  4. ^ “事件説明「国が来て」 基地絡み、県が方針 抗議出向くのをやめる”. 琉球新報. (2016年6月7日). https://ryukyushimpo.jp/news/entry-293503.html 2018年8月29日閲覧。 
  5. ^ “沖縄県、9年ぶり女性部長起用へ 知事方針、総務部長には金城弘昌氏”. 琉球新報. (2018年2月8日). https://ryukyushimpo.jp/news/entry-661238.html 2018年8月29日閲覧。 
  6. ^ “浦崎副知事退任へ 後任は謝花知事公室長に”. 琉球新報. (2018年3月9日). https://ryukyushimpo.jp/news/entry-679442.html 2018年8月29日閲覧。 
  7. ^ “沖縄県・新副知事に謝花喜一郎公室長 浦崎唯昭氏は退任 基地・振興に対応”. 沖縄タイムス. (2018年3月10日). http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/220719 2018年8月29日閲覧。 
  8. ^ “副知事人事「唐突だ」 自民、基地担当交代も批判 県議会本会議”. 琉球新報. (2018年3月20日). https://ryukyushimpo.jp/news/entry-685470.html 2018年8月29日閲覧。 
  9. ^ “一般会計予算7310億円を可決 県議会定例会本会議 副知事議案も可決”. 琉球新報. (2018年3月28日). https://ryukyushimpo.jp/news/entry-690509.html 2018年8月29日閲覧。 
  10. ^ a b c “「承認撤回環境づくりに努める」 謝花氏に副知事辞令を交付 知事任期中の承認撤回へ意欲”. 琉球新報. (2018年4月2日). https://ryukyushimpo.jp/news/entry-693188.html 2018年8月29日閲覧。 
  11. ^ “「承認撤回環境づくりに努める」 謝花氏に副知事辞令を交付 知事任期中の承認撤回へ意欲”. 琉球新報. (2018年5月15日). https://ryukyushimpo.jp/news/entry-718801.html 2018年8月29日閲覧。 
  12. ^ a b c “知事選へ急加速 与党、枠組み維持焦点 野党、「弔い合戦」警戒”. 琉球新報. (2018年8月10日). https://ryukyushimpo.jp/news/entry-779328.html 2018年8月29日閲覧。 
  13. ^ “翁長知事 「撤回は自分で」最後の面会 副知事に強い意思”. 毎日新聞. (2018年8月9日). https://mainichi.jp/articles/20180809/k00/00m/040/154000c 2018年8月29日閲覧。 
  14. ^ “翁長知事、意思決定に支障 職務管理者に両副知事 謝花副知事が会見”. 琉球新報. (2018年8月8日). https://ryukyushimpo.jp/news/entry-778331.html 2018年8月29日閲覧。 
  15. ^ “沖縄・翁長雄志知事が死去、67歳 9月にも知事選”. 朝日新聞. (2018年8月8日). https://www.asahi.com/articles/ASL886HNML88TIPE02Y.html 2018年8月29日閲覧。 
  16. ^ a b “翁長知事、音声で「遺言」残す 後継に呉屋守将氏と玉城デニー氏を指名”. 琉球新報. (2018年8月15日). https://ryukyushimpo.jp/news/entry-785096.html 2018年8月29日閲覧。 
  17. ^ “翁長知事 「音声」議論収束へ 謝花副知事も内容確認”. 琉球新報. (2018年8月23日). https://ryukyushimpo.jp/news/entry-788323.html 2018年8月29日閲覧。 
  18. ^ “翁長知事 肉声録音 謝花氏も同席”. 琉球新報. (2018年8月25日). https://ryukyushimpo.jp/news/entry-790286.html 2018年8月29日閲覧。 
  19. ^ “翁長知事の「遺言」録音時、謝花副知事も同席 玉城デニー氏と呉屋守將氏に「期待しているんだなと感じた」”. 沖縄タイムス. (2018年8月24日). http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/303557 2018年8月29日閲覧。 
  20. ^ a b “「撤回は君で頼む」 翁長知事、生前に謝花氏に明言 謝花氏「覚悟している」”. 沖縄タイムス. (2018年8月20日). http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/300900 2018年8月29日閲覧。 
  21. ^ “沖縄県が辺野古埋め立て承認撤回”. 沖縄タイムス. (2018年8月31日). http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/307195 2018年8月31日閲覧。 
  22. ^ “政権、県政との距離探る 新基地巡り思惑 玉城氏 初当選”. 琉球新報. (2018年10月2日). https://ryukyushimpo.jp/news/entry-812281.html 2018年10月2日閲覧。 

外部リンク編集

  •   ウィキメディア・コモンズには、謝花喜一郎に関するカテゴリがあります。