メインメニューを開く
譚玉齢

譚玉齢(たん ぎょくれい、1920年 - 1942年8月14日)は、清朝最後の皇帝愛新覚羅溥儀の側室。満洲名は「他他拉」玉齢。位は貴人他他拉貴人(たたらきじん)と呼ばれることが多い。

略歴編集

1920年北京満洲旗人の家に生まれる。当時、満洲族漢族の習俗になじみ、漢名を名乗ることもあった。玉齢が生まれたときには、実家の他他拉氏は「譚」という漢姓を使用していた。

1937年満州国皇帝となった溥儀に選ばれて新京(長春)に迎えられ、「貴人」に冊立される。しかし1942年に早世、「明賢貴妃」とされた。遺骸は長春の般若寺に埋葬されたが、後に荼毘に付され、遺骨は北京に遷された。

1995年河北省易県にある、清朝の歴代皇帝の陵墓清西陵の近くの民間墓地「華龍皇園」の経営者が墓地の知名度を上げるために、溥儀の最後の夫人李淑賢に溥儀の墓を作ることを提案し、これに同意した李淑賢によって溥儀の遺骨は同墓地に移された。また、後に溥儀の墓のそばに、皇后婉容と譚玉齢の墓も造られた。

関連項目編集